読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

京王線 その10

f:id:chibatrain:20170415113212j:plain

京王9000系です。

2000年に登場した、京王線では一番新しい車両です。

前面は一目で分かる個性的なデザインですが、日車式ブロック工法を採用している関係で、前面以外では特にこれといった特徴はありません。

特に側面は、京成3000系とほとんど同じような作りで、マニア的な面白味が少ないです。

そういえば、名古屋鉄道でもにたような側面の車両を見かけました。

【鉄コレ】 東武鉄道 5700系

f:id:chibatrain:20170422195719j:plain

5700系は、1951年に登場した日光・鬼怒川線用の特急形車両で、1951年と1952年に2両×6編成(計12両)が製造されました。
登場後は、特急「けごん」「きぬ」用として運用されましたが、1956年から1957年にかけて1700系が登場した後は、急行列車に使用されるようになり、晩年は日光線快速や団体専用列車などでも運用され、1991年まで活躍していました。
鉄道コレクションでは、事業者限定製品として一度発売されましたが、その後通常のオープンパッケージで晩年の姿で発売されたものを購入しました。
窓枠が木枠でありながら、前面に雨樋が露出しているのが特徴です。

f:id:chibatrain:20170422195720j:plain

↑ モハ5701

f:id:chibatrain:20170422195721j:plain

↑ クハ701

京王線 その9

f:id:chibatrain:20170415113211j:plain

京王8000形は、1992年から1999年に増備された車両ですが、7000形が6000系のマイナーチェンジ車であったのに対して、8000系はフルモデルチェンジ 車です。

それだけに、京王電鉄としてもかなり設計に気合いを入れた車両らしく、前面のデザインも曲面ガラスを用いた凝ったものとなっています。

歴代の京王車両(本線系統)で見ると、5000系が初の冷房付き本格的通勤車両、6000系が初の20m級車両、7000系が初のオールステンレス車両となりますが、これに対して、8000系は初のVVVFインバーター制御を採用した車両ということになります。

この車両が、現在の京王電車のイメージリーダー。

なお、8000系は都営浅草線には乗り入れしません。

京王線 その8

f:id:chibatrain:20170415113210j:plain

 京王7000系です。

 6000系のマイナーチェンジ版で、車体寸法は6000系に準じていますが、京王本線系統の車両としては初のオールステンレス車体となったのが大きな特徴です。

 主要機器は6000系のほぼ同一のものが使用され、主電動機は直流複巻電動機、制御方式は界磁チョッパ制御となりました。

ところで、7000系登場後も6000系の増備は続けられ、まだそれほど車歴の高くない車両もありましたが、2011年までに全車引退となりました。

これに対して、オールステンレス車体である7000系は、VVVFインバーター制御化を含めた改造工事や更新工事が実施された上で、現在も他の新しい車両とともに活躍しています。

このことは、サビに強く、塗装費用も大幅にカットできるオールステンレスカーが、どれだけ普通鋼製車よりも優れているということをあらわしています。

【鉄コレ】  静岡鉄道 1000系

f:id:chibatrain:20170422190446j:plain

静岡鉄道1000系は、それまで運用されていた旧型車の置き換え用として、1973年に登場した車両で、1985年までに2両編成12本が製造されました。
東急車両製造製で、東急7200系を設計基本としています。
編成は、クモハ1000形(Mc:静岡側)-クハ1500形(Tc:清水側)となっています。
18m級3扉のステンレス車体で、前面は非対象の大型2枚ガラスを採用した非貫通形のデザインを採用しています。
抵抗制御でカルダン駆動式、同路線の架線電圧は600Vのため、東急7200系の回生ブレーキに対して、1000系は発電ブレーキを採用し、電気指令式ブレーキを装備、運転席のハンドルはワンハンドルマスコンとなっています。
非冷房車として導入された車両は、後に直接駆動式の集中式冷房装置が屋根上に搭載されましたが、新製冷房車は分散式冷房装置を搭載しています。
鉄道コレクションでは、屋根の上の冷房装置が分散式のものと集中式のものの2種類がオープンパッケージで製品化されていますが、そのうち集中式の編成を所有しています。

f:id:chibatrain:20170422190447j:plain

↑ クハ1506

f:id:chibatrain:20170422190448j:plain

↑ クモハ1506

東京メトロ 1000系

f:id:chibatrain:20170415210802j:plain

↑ 1000系は、かつての旧1000系のイメージを彷彿させるデザインで2012年に登場しました。

東京メトロ1000系は01系の置き換え用として2012年4月に登場しました。
車体は16m級3扉で、アルミダブルスキン構体を採用、かつて同線で運用されていた旧1000系を彷彿させるようなデザインとされました。
車体の色は、側面がレモンイエロー、屋根部分がチョコレートとなり、オレンジ・ホワイト・ダークブルー組み合わせた車体識別帯を配していますが、環境負荷低減のため塗装ではなく、アルミ無塗装 の車体にラッピングフィルムを全面に貼り付ける、フルラッピング手法が採用されました。
車内は白を基調とした配色で、やや開放的なデザインとされ、荷棚・脇仕切・貫通扉などでは強化ガラスを採用、荷棚も従来より100mm低くなりました。
制御方式はIGBT素子を使用したVVVFインバータ制御方式で、主電動機では16000系や02系大規模改修車両で採用されている永久磁石同期電動機(PMSM)を搭載しています。
1000系は、2016年度までにに6両編成40本が増備され、銀座線で運行される列車がすべて1000系で統一されました。
なお、最終増備車となる2本(第39編成・40編成)は、地下鉄開業90周年に合わせ、銀座線開通当時の旧1000形をモチーフとした特別仕様車となりました。

 ※写真はすべてフラッシュ禁止モードで撮影しています。

f:id:chibatrain:20170415210803j:plain

↑ 車体の外装は塗装でなくフルラッピング手法が採用されました。

f:id:chibatrain:20170415210804j:plain

↑ 側面の様子。

f:id:chibatrain:20170415210805j:plain

↑ 中間車の様子。

f:id:chibatrain:20170415210806j:plain

↑ 集電は第3軌条式ですが、今後は600Vから750Vへの昇圧が予定されています。

f:id:chibatrain:20170415210807j:plain

↑ 室内の様子、その①

f:id:chibatrain:20170415210808j:plain

↑ 室内の様子、その②。

f:id:chibatrain:20170415210809j:plain

↑ 室内の様子、その③