CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

TOP画面

f:id:chibatrain:20180218112407j:plain

先日、西武新宿線で撮ってきました。

西武の電車の中では地味な印象のある20000系ですが西武ライオンズの球団カラー「レジェンドンブルー」にデコレートされた編成が走っていました。

暗めの色ですが、特に違和感はなくこの車両には似合っていました。

 

MENU

INFORMATION

★【鉄コレ】119系、記事に写真を追加しました。

鉄道コレクション相鉄5000系4両セット復刻版パンフレットセット

価格:7,500円
(2018/2/18 11:40時点)

西武鉄道新101系 263編成 4両セット

価格:4,550円
(2018/2/18 11:46時点)

【鉄コレ】 713系900番台

f:id:chibatrain:20180214132054j:plain

713系900番台は、当時長崎本線で運用されていた客車列車の置き換え(電車化)用として、1984年の2月に導入されました。

客車列車の置き換えようとしては、同時期に581系・583系からの余剰車を改造した715系が九州地区に投入されましたが、717系は、これだけでは不足する車両数を補う形で、2両編成4本が製造され南福岡電車区(現:南福岡車両区)に配置されました。

九州では初の交流専用電車ではあり、当時の最新技術が盛り込まれたことから試作車の900番台が付与されましたが、国鉄の赤字や民営分割化などの影響もあり、713系はこの試作車8両のみしか製造されませんでした。

車体は1978年に仙台地区に投入された417系を基本に、耐寒・耐雪装備を省略した設計で、両開き2扉の2ステップ付きで、扉間はクロスシート・車端部分はロングシートとなりました。

制御方式はサイリスタ位相制御が採用され、ブレーキ方式は抑速ブレーキに加えて交流電車としては初の回生ブレーキを搭載、主電動機は後に205系や211系でも採用されたMT61が使用されました。

登場時はクリーム色をベースに緑帯のカラーでしたが、JR九州発足後は白地に青帯の配色に変更されました。

1996年7月の宮崎空港線開業の際、鹿児島総合運転所に全車転属となり、以後は空港アクセス用列車として運用を開始しました。

このとき、713系はリニューアル工事が実施され、外観は赤を基調とした専用の塗装に変更され、車内もクロスシートが485系廃車発生品の回転リクライニングシートに取り換えられるなど、バージョンアップが図られています。

鉄道コレクションでは、第24弾で新製投入された国鉄末期の仕様で製品化されています。

f:id:chibatrain:20180214132057j:plain

↑ クモハ713-903

f:id:chibatrain:20180214132100j:plain

↑ クモハ712-903

f:id:chibatrain:20180214132103j:plain

↑ クモハ713前面の様子

f:id:chibatrain:20180214132106j:plain

↑ クモハ713運転席側面の様子。

f:id:chibatrain:20180214132141j:plain

↑ クモハ713側面の様子。

f:id:chibatrain:20180214132144j:plain

↑ クモハ712側面の様子。

f:id:chibatrain:20180214132147j:plain

↑ パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20180214132150j:plain

↑ 台車は通常のコイルばね台車です。

f:id:chibatrain:20180214132152j:plain

↑ クモハ712運転台側面の様子。

701系 1000番台/1500番台(仙台地区)

f:id:chibatrain:20180104211121j:plain

↑ 仙台地区で運用される701系1000番台・1500番台。

701系1000番台は、盛岡地区の客車列車と仙台地区の715系置き換え用として1994年から1996年にかけて94両が製造されました。

輸送量の大きい仙台地区での運用を考慮して4両編成も導入され、本系列唯一の中間電動車モハ701形も製造されました。

基本仕様は100番台と同一ですが、仙山線への入線を考慮してパンタグラフが小型のPS105形を搭載したほか、救援時に備え719系との併結も可能となりました。

仙台地区には、4両編成4本・2両編成8本が仙台電車区(現:仙台車両センター)に配属されました。

1500番台は、715系の置き換え用として1998年と2001年に計2両編成18本(36両)が製造されました。

1500番台の基本的な仕様は1000番台に準じていますが、高性能化を図り主回路のシステムが見直され、701系としては初めて回生ブレーキを採用、屋根上にあった抵抗器が廃止されています。

f:id:chibatrain:20180104211124j:plain

 ↑ 仙台駅に到着するところを撮影。E721系と併結運用です。

f:id:chibatrain:20180104211130j:plain

↑ 前面の貫通扉は緑色に塗装されています。

f:id:chibatrain:20180104211133j:plain

 ↑ 運転席側面の様子。

f:id:chibatrain:20180104211328j:plain

 ↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20180104211331j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20180104211334j:plain

 ↑ パンタグラフの様子。

f:id:chibatrain:20180104211757j:plain

 ↑ 車内の様子 その1。

f:id:chibatrain:20180104211801j:plain

 ↑ 車内の様子 その2。

f:id:chibatrain:20180104211803j:plain

 ↑ ドア付近の様子。

f:id:chibatrain:20180104211807j:plain

 ↑ トイレは非常に狭いです。

キハE120系

f:id:chibatrain:20180212104107j:plain

↑ キハE120は、2008年に新津機関区に投入されました。

JR東日本が老朽化気動車置き換え用として製造した最新鋭のディーゼルカーで、2008年に登場しました。

すでに水郡線に投入したキハE130を基本に、2扉構成とした車両で、両運転台のキハE120のみとなっています。

車体は電車用をベースとしたステンレス製の20mクラスで、床高さは1130mm、ホームとの段差を縮小しました。

腰掛はボックス主体の2+1の構成で、出入り口にロングシートを配置、運転台はワンマン対応で、マスコンは左手操作ワンハンドルです。

機関は新形のDMF15HZ形を採用、ブレーキ方式はキハ110系同様電気指令式空気ブレーキで、台車は車体支持装置を見直した新形式の気動車ボルスタレス台車を履いています。

その他、ディーゼル車情報制御装置(DICS)を搭載し、最大8両までの制御が可能な他、キハ110系との併結も対応しています。

キハE120系は新津運輸区に8両が配属され、キハ110系と共通運用で使用されています。

f:id:chibatrain:20180212104113j:plain

↑ 両運転台のキハE120のみが製造されました。

f:id:chibatrain:20180212104116j:plain

↑ キハ110系と併結して運用されるケースが多い。

f:id:chibatrain:20180212104111j:plain

↑ 前面の様子。キハE130系と同じデザインです。

f:id:chibatrain:20180212104119j:plain

↑ 2008年にわずか8両が製造されたのみで、その後の増備はありません。

上信電鉄PART2 その11

f:id:chibatrain:20180128111700j:plain

 下仁田駅では、茶色のデハ204とアイボリー地に緑ライン塗装のクハ303がペアを組んでホームに止まっていました。

通常、デハ204は同じく茶色に塗装されたクハ304とペアを組み運用されているのですが、今回訪問したときは組み合わせが変わっていました。

デハ204とクハ304は、1969年に製造されたベテラン選手ですが、非冷房の為、107系に置き換えられて廃車となる公算の高い車両です。

もしかしたら、自分にとっては今回が写真を撮れた最後の機会だったかも知れません。

茶塗装は新鮮ですね。

上信電鉄PART2 その10

 

f:id:chibatrain:20180128111657j:plain

 上州福島駅で1時間程度過ごした後、終着駅の下仁田駅に向かいました。

写真は、千平駅下仁田駅の間にある赤津信号場で停車中、下仁田駅方面からの上り列車がやってきたところを撮ったものです。

上信電鉄線には、駅とは別に3つの信号場があり、 列車本数の割には結構高い頻度で列車交換が行われています。

信号場そのものはそれほど珍しいものではありませんか、上信電鉄線は他のローカル私鉄線に比べれば設置数は多いです。

千平駅は1面1線の駅で列車交換ができず、赤津信号場がなければ、上信電鉄線末端の南蛇井駅下仁田駅間の5.5キロ区間は列車交換ができません。

この区間は多少勾配もあり、かつては急行や快速運転も行なっていたことから、ここに信号場を設けたのかも知れません。 

 

上信電鉄PART2 その9

f:id:chibatrain:20180128111654j:plain

 上州福島駅での列車交換の様子です。

左は 元西武801系の150形の第3編成。

右は自社発注車の6000形で、現在は白を基調とし赤でアクセントをつけた、群馬日野自動車塗装となっています。

こうして見ると、上信電鉄では様々な個性的な車両が様々な塗装で運用されており、バラエティに富んでいますので、訪問しても飽きることがありません。

107系導入後も、写真右の6000形は残るものと思われます。