読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 新潟交通 クハ47+モハ16

f:id:chibatrain:20170507171224j:plain

新潟交通クハ47は、同社区分のクハ45形に属し、同形はクハ45~50の計6両が存在しました。
これらは、1967年から1970年の間に、小田急デハ1400形・クハ1450形の車体と手持ちの台車を組み合わせて製造されたもので、モハ10などと連結して使用されていました。
このうち、製品化されたクハ47は、1993年5月の燕駅-月潟間廃止のときに廃車となり解体されています。
一方、モハ16は元伊那電気鉄道の買収国電モハ1924を1956年に譲受されたされた車両で、1両のみが存在しました。
1968年に小田急デハ1400形1409の車体を利用して更新され、クハ45形同様の車体となりました。
この車両も、上記のクハ47同様に1993年5月に廃車となっています。
これらは2車は、鉄道コレクションでは、第8弾で製品化されています。

f:id:chibatrain:20170507171225j:plain

↑ モハ16

f:id:chibatrain:20170507171226j:plain

↑ クハ47

中央快速線 その3

f:id:chibatrain:20170513213641j:plain

中野駅から新宿駅に向けて出発した189系を見送った後は、折り返し、下り「ホリデー快速富士山」号を撮る為、駅に到着する下り列車を撮りながら、しばらく中野駅のホームで待機です。

 写真は、毎度お馴染みE233系です。

E233系が中央快速線で走り始めたのは2006年なので、11年目になります。

201系が中央全体から撤退したのは2010年なので、そこから既に6年以上経ってます。

最近の若い中学生の鉄道フアンの方には、201系が中央快速線を走っていた現役時代を知らない人もいるかも知れません。

いまどきの若い方のブログなどを拝見すると、大好きな通勤車両にE233系を挙げる方も結構います。

50歳になった自分は、通勤車両と言えばいまだに103系とか201系を連想してしまいます。

時代の流れを感じます。 

中央快速線 その2

f:id:chibatrain:20170513213640j:plain

 中野駅構内で待機する、189系あずさ色編成です。

あずさ色といっても、こちらは2代目こちらは「新あずさ色(新長野色)」です。

この色は、長野オリンピックのイメージアップに合わせて1992年以降登場した塗装で、グレードアップされたいない183系・189系に施され、257系に置き換えられるまでの間、特急あずさなどの中央本線の特急で使用されていました。

中央本線特急撤退後は、この塗装の編成が幕張区にも配置され、波動用として房総各線でも運用されてたので、一時期は地元千葉でも結構見かけました。

外観を見ると、それなりに車体の腐食などはあるので、あと何年現役でいられるか分かりませんね。

 

【鉄コレ】  101系南武線

f:id:chibatrain:20170514170250j:plain

国鉄からJR東日本に継承された時点では、101系は210両で、その時点では中央・総武緩行線南武線鶴見線で運用されていましたが、その後淘汰が急速に進み、1992年以降は南武支線(浜川崎-尻手間)の2両編成3本(6両)を残すのみとなっていました。

南武支線用の101系は、JR発足後にワンマン対応化と冷房化の改造工事を受け、塗装はクリーム基調に緑帯に変更され、継続して使用されてきましたが、2003年に定期運用から撤退し、2005年8月に最後まで残っていた最後の1編成も廃車となってしまいました。

鉄道コレクションでは、2回オープンパッケージで発売されいますが、妻面の窓が埋められた晩年仕様でクモハ100-172+クモハ101-130の2両が製品化されたものを購入しました。

f:id:chibatrain:20170514170251j:plain

↑ クモハ100-172

f:id:chibatrain:20170514170252j:plain

↑ クモハ101-130

 

国鉄/特急形電車

f:id:chibatrain:20170518173615j:plain

 管理者の撮った、国鉄型特急電車を中心に掲載します。

内容を整理しながら旧サイトから記事の以降も順次行っていきます。

 

183系/189系

f:id:chibatrain:20170518181708j:plain

183系はすでに形式消滅し、189系が長野総合車両センターに6両編成1本、豊田車両センターに6両編成3本が波動用として残るのみとなっています。

今後、豊田区の189系については、中央本線のE353系の量産化が始まると、捻出されるE351系などに置き換えられ淘汰される可能性があります。

 

185系

E353系の量産化に伴い、捻出された中央本線のE253系の転用により、数年以内に185系を置き換えるという報道がありましたが、JR東日本からの正式な発表ではありません。

但し、現在も余剰となった車両の廃車も行われているので、そう遠くない時期に淘汰されるものと思われます。

 

485系

現在残る485系はジョイフルトレインなどに改造された車両ばかりで、オリジナルスタイルの485系は、仙台A1/A2編成が2016年に引退したのを最後に、姿を消しました。

  • 青森3000番台
  • かもしか編成
  • 1000番台/あかべえ
  • 仙台A1/A2編成①
  • 仙台A1/A2編成②
  • 仙台A1/A2編成③
  • 仙台A3/A4編成
  • 日光/きぬがわ用
  • 新潟3000番台
  • 新潟T18編成
  • NODOKA
  • きらきらうえつ
  • リゾートエクスプス・ゆう
  • 勝田区K60編成
  • 勝田区K40編成
  • 千葉/ニューなのはな
  • クハ481-603

 

583系

秋田に残っていた波動用の6両編成1本が2017年4月に引退してしまいました。
  • 概要
  • クハネ581-8
  • 磐越西線(2016年)

京王電鉄 8000系

f:id:chibatrain:20170507213023j:plain

↑ 6000系以来のフルモデルチェンジ車として、1992年に登場した8000系。

8000系は、6000系以来20年ぶりのフルモデルチェンジ車として登場、1992年から1999年までの間に244両が製造されました。
車体は7000系同様軽量ステンレスの片側4扉20m車体で、前面から乗務員扉部分までが普通鋼製とされアイボリーに塗装されました。
側面の下降窓は2連のユニット構造とすることで窓面積を広げ、腰部分と台枠下部分に丸みを持たせています。
制御装置では、GTOによるVVVFインバータ制御が採用され、ブレーキは回生ブレーキ併用電気指令式、台車は7000系同様のボルスタ付き軸ばねタイプとなりましたが、8両の最終編成2本では、試験的にボルスタレス式台車を履いています。
休日などの特急などで分割運転を想定した4+6両の10両編成14本と、8両固定編成13本が増備されましたが、現在は分割運転を行う列車の設定がダイヤ上にないため、10両編成は京王線の各駅停車から特急まで幅広く運用され、8両編成は他形式と連結できないことから各駅停車を中心に運用されています。

f:id:chibatrain:20170507213024j:plain

↑ 10両編成車の中間先頭車は、2011年以降、形式上サハ(付随車)扱いとなっています。

f:id:chibatrain:20170507213025j:plain

↑ 前面から乗務員扉部分までが普通鋼製とされアイボリーに塗装されました。

f:id:chibatrain:20170507213026j:plain

↑ 各駅停車で運用される8000系。

f:id:chibatrain:20170507213027j:plain

↑ 6+4の分割編成ですが、現在は分割運転は行われていません。