CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】  富山地方鉄道 14760形 ②

f:id:chibatrain:20171008175814j:plain

10760形は、デビュー当初白色とグレーの塗装にあずき色のラインが入ったカラーリングでしたが、その後一部の編成は、上半分が黄色で下半分が緑の新塗装に変更されています。

鉄道コレクションでは、この新塗装車のうち、モハ14769+モハ14770編成がオープンパッケージで製品化されています。

f:id:chibatrain:20171008175819j:plain

↑ モハ14769

f:id:chibatrain:20171008175823j:plain

↑ モハ14770

 

栃木・群馬遠征 その21

f:id:chibatrain:20171009100443j:plain

高崎線普通列車が出発した後、そのホームに12系客車が入線してきました。

自分が子供の頃、12系や14系客車はよく見かけました。

当時は柏に住んでいて、よく土浦に用事があって出かけていました。

秋のシーズンになると、関東鉄道筑波線に直通する臨時快速列車が走っていましたが、その列車で使用されていたのが12系で、何度が乗車したのを覚えています。

SLばかりが注目されがちですが、この12系客車も現在では非常に貴重な存在です。

栃木・群馬遠征 その20

f:id:chibatrain:20171009100440j:plain

 高崎駅で停車するE233系による高崎線上り列車です。

この列車が出発した後、数分後に12系客車がDE10に押されてこのホームに入線します。

 その後、こちらとは反対側の水上寄りにSLが連結され、SLみなかみ号として、水上に向けて出発します。

SLの到着を期待しで、早くからこのホームで待機する乗客や鉄道フアンなどは、この停車中の普通列車の出発をずっと待っています。

こういうときの時間の流れは、非常に長く感じるものです。

【鉄コレ】  富山地方鉄道 14760形 ①

f:id:chibatrain:20171008172713j:plain

14760形は、同鉄道初の冷房車として1979年に登場、日本車輌製造製で、1981年までの3年間に2両編成×7本(14両)が製造されました。

車体設計は1964年に製造した10020形のレイアウトに準じ、車体長は18m級となりました。

前面は2枚窓ですが、上部に後退角が付けられ、窓は大型化されセンターピラーの細い連続窓となりました。

駆動方式は、中空軸平行カルダン駆動方式となり、主電動機は定格出力110kWのものを各車に4台ずつ搭載し、主制御機は1台で2両分8基の主電動機を制御する1C8M方式です。

登場時は全車が扉間のみクロスシートとなっていましたが、後に車端部のクロスシート化が進められ、一部の車両では座席に新幹線の中古品も使用されました。

2011年に公開された映画「RAILWAYS:愛を伝えられない大人たち」のハイライトシーンでは、このうちモハ14761-モハ14762編成が使用されましたが、この映画のDVD初回限定版にはこの編成を製品化した鉄道コレクションが付属されました。

f:id:chibatrain:20171008172720j:plain

 ↑ モハ14761

f:id:chibatrain:20171008172723j:plain

 ↑ モハ14762

 

栃木・群馬遠征 その19

f:id:chibatrain:20171009100437j:plain

 D51498は、1940年に鷹取工場で新製され、吹田・長岡・坂下などの機関区を転々としながら各地で活躍し、約32年後の1972年に廃車となりました。

その後、上越線後閑駅で静態保存されていましたが、1988年12月にオリエント急行の日本ラストランの牽引機で復活を果たし、以降高崎を拠点として活躍を続けています。

最初の現役時代には及びませんが、復活してから 28年近くも動態保存が続けられているのは凄いことです。

年間の稼働率は、現役時代とは比較にはなりませんが、製造77年目の古い機関車ですので、保守メンテナンスにもかなり大変かと思います。

他の動態保存機関車も同じですが、走行するときはいつもピカピカの状態です。どれだけ大事に扱われているかを伺い知ることができます。

栃木・群馬遠征 その18

f:id:chibatrain:20171009100434j:plain

 烏山線宇都宮線を遠征した翌日、今度は高崎方面に出撃しました。

高崎駅に着くと、すぐにD51がホームに入ってきました。

今回は、これがお目当ではありませんが、やはり遭遇するとつい写真を撮ってしまいます。

自宅の最寄駅から朝一番の列車に乗り高崎に向かうと、休日だといつも高崎でSLみなかみ号などの牽引機を見かけます。

最近は、何故かD51498号機が多く、最近C6120にはほとんど会っていない気がします。

今年の運行スケジュールでは、7月から9月の間D51を走らせ、C11は10月下旬から11月の間に運行しているそうです。