CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

TOP画面

f:id:chibatrain:20170618083253j:plain

2年前の2015年夏に新潟方面に遠征した際に撮った写真で、キハ110系と115系の並びです。

115系はまだ残っているようですが、新型車への置き換えはどのくらい進んでいるのでしょうか?

次回、新潟をいつ訪問できるか分かりませんが、その頃にはもう115系の姿を見ることはできなくなっているものと思われます。

 メニュー

 車両図鑑

 鉄道模型(鉄道コレクション

 鉄道活動記録他

205系 武蔵野線/オリジナル

f:id:chibatrain:20170608141746j:plain

 武蔵野線用の205系としては、1991年に輸送力増強用として8両編成が5本新製投入されました。
これらの車両は205系0番台車新製のの最終グループとなりましたが、前面は京葉線同様のデザインが踏襲されFRP成形品で覆われましたが、この部分の塗装は京葉線用の白とは異なり武蔵野線用は銀色となりました。
当初は豊田電車区の所属でしたが、現在は京葉電車区(現・京葉車両センター)に変更されています。
武蔵野線では走行区間に踏み切りがないため、スカートの取り付けがされず、内房外房線への直通運転も行われないことから、110km/h対応も行われていません。
MT比率については、京葉線地下区間の勾配での起動条件や武蔵野線内での高速走行(95km/h)の関係から6M2Tと高い電動比率となっています。
2002年以降、E231系500番台車の投入により置き換えられ、VVVFインバータ仕様に改造された205系(5000番台)が武蔵野線に転入していますが、オリジナル編成5本のうちの一部でも、編成中の電動車1ユニットを付随車に交換され、同様の改造が実施されたものが出ています。

 

f:id:chibatrain:20170608141747j:plain

 ↑ 武蔵野線に新製配置された205系は、基本番台としては最終増備車。

f:id:chibatrain:20170608141748j:plain

 ↑ 京葉線の地下区間内の急勾配を考慮し、6M2Tの高い電動比率となりました。

f:id:chibatrain:20170608141749j:plain

 ↑ 前面は京葉線同様のメルヘン顔です。

岳南鉄道 ED403

f:id:chibatrain:20170518151157j:plain

↑ 2011年5月に茶色とクリームのツートンカラーに変更されたED403。

ED403号機は、ED402とともに長らくぶどう色1号の塗装一色でしたが、その後に日本大昭和製紙のコーポレートカラーで運用されていました。
このの塗装は、クリームと赤のツートンカラーで、日本大昭和製紙の社賞をあしらい、異色を放っていましたが、2011年5月に茶色とクリームの2トンカラーに変更されました。
同鉄道で貨物輸送が廃止となる直前に電動発電機が故障してしまったため、そのまま休車となり、2015年3月末で廃車となりました。

f:id:chibatrain:20170518151158j:plain

↑ イベントで貨物を牽引するED403。

f:id:chibatrain:20170518151159j:plain

↑ 以前は大昭和製紙のコーポレートカラーに塗装されていました。

f:id:chibatrain:20170518151200j:plain

↑ 前面、運転台デッキ・部分の様子。

f:id:chibatrain:20170518151201j:plain

↑ 側面の様子。

f:id:chibatrain:20170518151202j:plain

 ↑ 比奈駅に停車中のED403。

 

東武伊勢崎線他 その14

f:id:chibatrain:20170611161550j:plain

東武伊勢崎線に乗り入れる、東急8500系です。

 現在、田園都市線用としては10両編成24本(計240両)が在籍し、 東武伊勢崎線では、久喜駅まで乗り入れています。

 2002年の5000系登場以降、田園都市線で運用される8500系は全て置き換えられるものも思われていましたが、JALの下部の問題や、投資を東横線副都心線の直通運転関連に優先させたことなどもあり、400両あった8500系の半分以上を現在まで使い続けています。

ここ数年は特に動きのなかった8500系ですが、2018年度から後継となる2020系の導入が正式に発表され、今後8500系の淘汰が再開される見通しとなりました。

2020系は、まずは2018年の春に10両編成3本が導入されますが、これに伴う既存車の処遇については発表されておらず、車両の動きに関して様々な憶測が飛び交っています。

個人的には、3本のみ在籍する2000系を置き換え、2000系は編成を短くして大井町線に転属させ、同線の8500系を淘汰するのいう見方が有力かと思いますが、実際にどうなるかは分かりません。

【鉄コレ】 70系 中央本線/スカ色

f:id:chibatrain:20170619144915j:plain

 国鉄70系型電車は、1951年以降製造された、中距離用(近郊型)電車で、前年に登場した80系に準じた設計でありながら、通勤・通学輸送に対応したセミクロスシート・3扉車として横須賀線や関西地区などで活躍した車両です。
鉄道コレクションでは、スカ色の中央東線バージョンが4両セットとして製品化されましたが、各車両毎にバリエーションをつけた、こだわりのモデルとなっています。
中央東線の高尾以西は、蒸気機関車時代の低断面トンネルが連続してあるため、パンタグラフの折りたたみ高さが低い車両が用意され、三鷹電車区に配属、ローカル運用に使用されていました。
以下、1両毎に解説。

f:id:chibatrain:20170619144916j:plain

 ↑ クハ76063(奇数車)

1952年12月から翌2年にかけて製造されたグループ。 低屋根のモハ70-800番台(のちのモハ71)と組んで中央東線で使用するために増備された付随制御車。 トイレの配置は一次型と同様で、この部分の側窓が1枚少ない。

f:id:chibatrain:20170619144917j:plain

  ↑ モハ71009

低屋根のモハ70-800番台は、その後モハ71と改称されましたが、この車両は新製時からモハ71として登場。屋根の高さは、初期車の100mmに対して更に40mmも低くなり、パンがグラフの折りたたみ高さは30mm減の3970mmとなりました。

f:id:chibatrain:20170619144918j:plain

 ↑ モハ72852

行楽客の増加に対応した中央東線の通勤客増加用としては、70系ではなく4扉車の72系が増備され、低屋根用のモハ72-850番台車が70系編成と組んで運用されていました。

f:id:chibatrain:20170619144919j:plain

↑ クハ76036(偶数車)

1951年中に製造された初期のグループで、戸袋窓や前面窓などが木枠となっている他、台車は板ばねを使用した旧式のもの(TR45)を履いています。

東武伊勢崎線他 その13

f:id:chibatrain:20170611161549j:plain

 東武伊勢崎線内で見ることのできる、東京メトロの路線、半蔵門線用の8000系です。

東京メトロは、6000系以降の車両は車齢40年程度までは 継続使用するという方針があり、長期使用される車両はある一定の時期に大規模な更新工事が実施されます。

常に低コストで新しい車両を導入し、古い車両を置き換えているJR東日本とは対照的な考え方です、

勿論、05系の初期車や銀座線の01系、日比谷線の03系のように、様々な事情により、上記の車齢よりも早く淘汰してしまうケースもありますが、東京メトロの車両は、結構大事に使われているものが多いですよね。

8000系については、B修工事と呼ばれる改修工事が2004年度から2015年度にかけて全車に実施されました。

制御機器はチョッパー制御からIGBT素子のVVVFインバータ制御に更新され、主電動機はかご形三相誘導電動機となり、MT比率も6M4Tから5M5Tに変更されました。

走りに関しては、以前とは全く異なる車両になったと言えます。

東武伊勢崎線他 その12

f:id:chibatrain:20170611161548j:plain

 東京メトロ日比谷線用の新型車両、13000系です。

最新の状況は分かりませんが、現在までに少なくとも7両編成6本(42両)が導入済みのようです。

13000系の導入と従来車との置き換えは、2019年度までに完了させる予定で、 乗り入れる東武鉄道側の車両も、同じ時期に全て70000系に統一されます。

 日比谷線へのホームドアの導入は、運用される車両の置き換えが完了した後、 2020年から2022年にかけて実施される予定で、車両の20m化によりホームと車両との隙間が増えてしまう箇所については、可動式ステップも埋め込まれるそうです。

有楽町線などを例を考えると、ホームドアの設置は、開始されれば導入は一気に進むものと思われます。