CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

京王線 その3

f:id:chibatrain:20170405151009j:plain

 2010系デハ2015です。

2010系は、2000系の改良型として1959年に登場した17m級3扉車で、2両編成16本(32両)が製造されました。

使い勝手が良く、25年程度活躍しましたが、非冷房車といこともあり、1984年に全車引退となりました。

その後、大半の車両が伊予鉄道に譲渡されましたが、デハ2015は若葉台工場で保存され、京王資料館を経て2013年にリニューアルした京王れーるランドに移設されました。

現在、銚子電鉄で運用される2000形の元は京王2100系で、伊予鉄道時代に片側の運転台が変更されたものの、今でも京王ライトグリーンの走る姿を見ることができます。 

京成電鉄 3400形

f:id:chibatrain:20170305205839j:plain

 ↑ 3400形はすべて8両編成です。

 3400系は、AE100形に置き換えられら、かつてのスカイライナーAE型の更新改造により誕生した通勤型電車です。
形式は、3300系と3500系の中間で欠番となっていた3400系とされ,AE車が8両編成組み換え時に廃車となった2両を除く、40両全車が、1993年から1995年にかけて改造されました。
機器類はほとんど再利用され、140kwのモーター・回生ブレーキ付きの界磁チョッパー制御・電気指令式電磁直通ブレーキなど、基本的な性能はAE車時代の内容を踏襲していますが、有料特急車に有効な定速運転機能は外されています。
一方、車体は3700系とほぼ同じスタイルのものが新造されましたが、3700系がステンレスボディであるのに対して、3400系用の車体は普通鋼となり、京成色であるグレー基調に赤と青の帯の入った塗装となりました。
また、全面がストレートに立ち上がっていること、冷房装置を1両に3台載せていることなども特徴となっています。
台車も、AE車時代のものを一部改造の上、再利用されていますが、3444と3445の2両は、AE100形とほぼ同じ構造の台車を履いています。(タネ車の2両が、先頭車から電動車に改造された際に履き変えた台車をそのまま再利用しています。)
編成は、6M2Tの8両の強力編成で、先頭車は電動車となっています。
登場後は、スカート逆台形のスカートが設置され、パンタグラフシングルアームに変更され、現在の姿になりました。
現在は、3700系とともに、都営浅草線や京浜急行電鉄線への乗り入れを含む、本線系を中心に運用されています。

f:id:chibatrain:20170305205840j:plain

 ↑ 機器類は旧AE車の廃車発生品が再利用されています。

f:id:chibatrain:20170305205841j:plain

 ↑ 京成本線で快速運用に就く3400形。

f:id:chibatrain:20170305205842j:plain

 ↑ 押上線で普通運用に使用される3400形。

京成電鉄 3500形 未更新車  

f:id:chibatrain:20170415124145j:plain

↑ 京成電鉄初のステンレスカーとして登場した3500形。

3500形は、京成電鉄初のステンレスカー・冷房車として1972年に登場、1982年までに4両編成24本(96両)が製造されました。
車体は、冷房装置を搭載ことから従来の車両よりも軽量化を図る必要があったため、普通鋼の骨組みにステンレス鋼の外板を張ったセミステンレス構造が採用されました。
前面は切妻で、前照灯や尾灯は腰部分に配置されました。
列車種別表示は貫通扉上に配置されましたが、行先表示と一緒で小さく見えにくいため、貫通扉に手差しの種別表示が設けられました。
主回路制御方式は、界磁チョッパ制御も検討されましたが、乗入れ先である都営浅草線の当時の規制の関係から、全車とも従来の弱め界磁制御を行う抵抗制御とされました。
駆動方式はWNカルダン方式で、台車は住友金属工業製S形ミンデン方式に統一され、主電動機は編成毎にメーカーは異なるが同一設計のものが採用されました。
側面の帯は、登場時はファイアーオレンジ色でしたが、1992年以降は赤と青のツートンに変更されました。
車内は3300形に準じ、天井のエアーダクトは扇風機と併用、窓も2段式となりました
1996年以降、大規模な更新化工事が開始されましたが、セミステンレス車体の内部の腐食は著しく、工事費用も当初の計画よりも大幅に増えたことから、更新工事は途中で打ち切られ、40両が未更新のまま継続使用されました。

その後、未更新車は4両編成にまとめられ、自社内で限定的に運用されてきましたが、2003年の新3000形登場以降、本格的な廃車が開始され、最後まで残った3588編成も2017年2月に引退となりました。

f:id:chibatrain:20170415124146j:plain

↑ 冷房装置が搭載されたのも、京成電鉄では最初の車両。

f:id:chibatrain:20170415124147j:plain

↑ 京成津田沼駅に停車中の3500形未更新車

f:id:chibatrain:20170415124148j:plain

↑ 前面は切妻のシンプルなデザインです。

f:id:chibatrain:20170415124149j:plain

↑ 1996年以降、更新工事が実施されましたが、40両が未更新のまま残りました。

f:id:chibatrain:20170415124150j:plain

↑ 最後まで残った3588編成も、2017年2月に引退となりました。

京王線 その2

f:id:chibatrain:20170405151007j:plain

 今回、京王れーるランドを訪問した中で、一番撮りたかったのがこのの車両、2410号です。

京王電気軌道時代の1940年に日本車輌製造で10両が製造された14m級の短い電車で、デビュー当初の形式名は400形でした。

当初は制御車でしたが、1942年に電動制御車に改造され、1963年の架線昇圧後も1500V車に改造され、1969年まで活躍していました。

廃車後は、多摩動物公園駅前に静態保存されていましたが、後に高幡不動検車区で復元整備され、平山研修センターを経て、2013年10月にリニューアルオープンした京王レールランドで一般公開されました。

屋根付きの立派な施設での保存でもあり、車両は良好な状態で保存されています。

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ1001 鉄子塗装

f:id:chibatrain:20170212120336j:plain

デハ1002号機は、2007年11月から12月にかけて実施されていた全般検査で塗装変更が行われました。
塗装変更は「鉄子の旅」のコミック版(特別版)発売記念のイベントの一環で、このコミックの原作者のデザインにより、車体上部・前照灯カバーがオレンジ・下部がダークブルーで、上下の境と乗降扉に白帯が巻かれた塗装となっています。
鉄道コレクションのデハ1002/鉄子塗装は、オープンパッケージで発売されました。

f:id:chibatrain:20170212120337j:plain

 

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ1002 丸ノ内線塗装

f:id:chibatrain:20170212120338j:plain

デハ1002は、2011年11月に、かつて使用されていた営団地下鉄丸ノ内線の塗装(赤色をベースに白のラインの入った色)に変更されました。
同車両は、営団地下鉄時代は丸の内線の方南町支線で運用されていたそうで、今回このときの塗装に戻った形となります。
塗装変更に関しては、東京地下鉄の監修を受けているそうです。
その後、約4年近く運用されましたが、デハ1002は老朽化により2015年1月に引退しました。
鉄道コレクションでは、銀座線塗装のデハ1001と合わせて、2両セットのオープンパッケージで製品化されました。

f:id:chibatrain:20170212120339j:plain

 

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ1001 銀座線塗装

f:id:chibatrain:20170212120340j:plain

デハ1001は、2012年に山吹色の銀座線カラーに塗装変更され、8月のイベントで初公開されました。
この塗装は一般向けに募ったアンケートで最も多かった意見を採用したもので、現在も引き続きこの塗装で運用されていますが、老朽化により2016年3月に引退する予定となっています。
鉄道コレクションでは、丸ノ内線塗装のデハ1002と合わせて、2両セットのオープンパッケージで製品化されました。

f:id:chibatrain:20170212120341j:plain

 

鉄道コレクション 鉄コレ 銚子電気鉄道デハ1000形 (元営団地下鉄復刻色) 2両セット

新品価格
¥2,160から
(2017/3/12 16:22時点)