CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

京王線 その3

f:id:chibatrain:20170405151009j:plain

 2010系デハ2015です。

2010系は、2000系の改良型として1959年に登場した17m級3扉車で、2両編成16本(32両)が製造されました。

使い勝手が良く、25年程度活躍しましたが、非冷房車といこともあり、1984年に全車引退となりました。

その後、大半の車両が伊予鉄道に譲渡されましたが、デハ2015は若葉台工場で保存され、京王資料館を経て2013年にリニューアルした京王れーるランドに移設されました。

現在、銚子電鉄で運用される2000形の元は京王2100系で、伊予鉄道時代に片側の運転台が変更されたものの、今でも京王ライトグリーンの走る姿を見ることができます。 

京王線 その2

f:id:chibatrain:20170405151007j:plain

 今回、京王れーるランドを訪問した中で、一番撮りたかったのがこのの車両、2410号です。

京王電気軌道時代の1940年に日本車輌製造で10両が製造された14m級の短い電車で、デビュー当初の形式名は400形でした。

当初は制御車でしたが、1942年に電動制御車に改造され、1963年の架線昇圧後も1500V車に改造され、1969年まで活躍していました。

廃車後は、多摩動物公園駅前に静態保存されていましたが、後に高幡不動検車区で復元整備され、平山研修センターを経て、2013年10月にリニューアルオープンした京王レールランドで一般公開されました。

屋根付きの立派な施設での保存でもあり、車両は良好な状態で保存されています。

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ1001 鉄子塗装

f:id:chibatrain:20170212120336j:plain

デハ1002号機は、2007年11月から12月にかけて実施されていた全般検査で塗装変更が行われました。
塗装変更は「鉄子の旅」のコミック版(特別版)発売記念のイベントの一環で、このコミックの原作者のデザインにより、車体上部・前照灯カバーがオレンジ・下部がダークブルーで、上下の境と乗降扉に白帯が巻かれた塗装となっています。
鉄道コレクションのデハ1002/鉄子塗装は、オープンパッケージで発売されました。

f:id:chibatrain:20170212120337j:plain

 

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ1002 丸ノ内線塗装

f:id:chibatrain:20170212120338j:plain

デハ1002は、2011年11月に、かつて使用されていた営団地下鉄丸ノ内線の塗装(赤色をベースに白のラインの入った色)に変更されました。
同車両は、営団地下鉄時代は丸の内線の方南町支線で運用されていたそうで、今回このときの塗装に戻った形となります。
塗装変更に関しては、東京地下鉄の監修を受けているそうです。
その後、約4年近く運用されましたが、デハ1002は老朽化により2015年1月に引退しました。
鉄道コレクションでは、銀座線塗装のデハ1001と合わせて、2両セットのオープンパッケージで製品化されました。

f:id:chibatrain:20170212120339j:plain

 

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ1001 銀座線塗装

f:id:chibatrain:20170212120340j:plain

デハ1001は、2012年に山吹色の銀座線カラーに塗装変更され、8月のイベントで初公開されました。
この塗装は一般向けに募ったアンケートで最も多かった意見を採用したもので、現在も引き続きこの塗装で運用されていますが、老朽化により2016年3月に引退する予定となっています。
鉄道コレクションでは、丸ノ内線塗装のデハ1002と合わせて、2両セットのオープンパッケージで製品化されました。

f:id:chibatrain:20170212120341j:plain

 

鉄道コレクション 鉄コレ 銚子電気鉄道デハ1000形 (元営団地下鉄復刻色) 2両セット

新品価格
¥2,160から
(2017/3/12 16:22時点)

 

【鉄コレ】 銚子電鉄2000形

f:id:chibatrain:20170312203702j:plain

 銚子電鉄2000形は、銚子電鉄と同じ600Vの鉄道線で運行され、京王3000系譲渡車による置き換えとなった伊予鉄道の800形電車2両4本をデハ2000形・デハ2500形として譲り受けたものです。
銚子電鉄では、この車両の導入で既存の旧型車のデハ701・デハ702・デハ801を置き換える予定で、当初は2009年度内に実施するはずでしたが、諸般の事情により遅れ、2000形は2010年7月から営業運転を開始しました。
銚子電鉄としては初の冷房車で、銚子寄りのデハ2000形は非貫通型の2枚窓の湘南形、、外川寄りのデハ2500は貫通型の3枚窓となっています。
このうち、2002編成は2014年1月に笠上黒生駅脱線事故を引き起こし、電鉄の経営難により修理費用が捻出できずしばらく運用から外れていましたが、約2千万かかったと言われる費用の一部が地元高校生のインターネット上での募金活動でまかなわれたこともあり、2015年4月に営業運転を再開しました。
その際、2002編成はかつての銚子電鉄の標準色(ローズ基調にベージュのツートンカラー)に変更され、現在も引き続き運用されています。
鉄道コレクションでは、第23弾で営業運転復帰後の新塗装された2002編成が製品化されました。

f:id:chibatrain:20170312203703j:plain

 ↑ デハ2002

 

f:id:chibatrain:20170312203704j:plain

↑ クハ2502

【鉄コレ】 銚子電鉄 3000形

f:id:chibatrain:20170224210933j:plain

 銚子電鉄3000形は、元伊予鉄道700系で2016年3月に営業運転を開始しました。

伊予鉄道700系は、1987年から1994年にかけて京王帝都電鉄から5000系が譲渡されたもので、伊予鉄道入線の際、台車の交換や軌間変更、駆動方式の変更(吊り掛け駆動からカルダン駆動に変更)、非冷房車の冷房車改造などが行われました。

伊予鉄道では、2009年以降3000系(元京王3000系)が導入され、これに置き換えられた3両編成3本が廃車されましたが、このうちクハ763-モハ713が銚子電鉄に譲渡され、3000形となりました。

3000形の塗装は、銚子の海をイメージしたかつてのトロッコ列車澪つくし号と同じ青基調のツートンに白帯の塗装となりました。

鉄道コレクションでは、オープンパッケージで製品化されました。

 

f:id:chibatrain:20170224210942j:plain

 ↑  デハ3501

f:id:chibatrain:20170224210957j:plain

 ↑ クハ3501

 

鉄道コレクション 鉄コレ 銚子電気鉄道 3000形 2両セット

新品価格
¥2,250から
(2017/3/12 16:19時点)