CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

電気機関車(JR世代)

f:id:chibatrain:20170427160239j:plain

 1987年のJR貨物発足時は、JR貨物は多くの種類の電気機関車国鉄から継承しましたが、当時は景気拡大の傾向にあり、コンテナを中心とした貨物需要は増大し、将来に向けた新しい機関車と増備が緊急課題となっていました。

そのため、従来の国鉄形であるEF66・EF81の改良型を新製し、輸送力不足をひとまず補いながら、平行して新型機関車の開発進められました。

1990年に完成したEF200形試作機では、VVVFインバータ制御などの新技が術が盛り込まれ、従来機も含めた機関車としては最強の6000kWとなり、1600トン牽引も可能となり、交直流のEF500形も同時に試作されました。

しかしながら、EF200形は量産化が開始されたものの、変電所の構造上の問題から1600トン牽引は実現せず、EF200形の増備は21両で終了となってしまいました。

これに代わって1996年に登場したEF210形試作機では、より実用的に1300トン牽引を前提とした設計が行われました。

EF210は、1998年量産化が開始され、実質的なEF65・EF66などの後継機として増備が進み、JR貨物の標準的な機関車となりました。

その後、これをベースとし、直流勾配線区用のEH200、交直流型のEH500、EF210、新幹線と共有の海峡線向けのEH800形などが開発・導入され、現在の体系が構築されました。

 

EF210形

f:id:chibatrain:20170511213020j:plain

直流平坦路線ではEF65に代わりすっかり主役となってしまった機関車で、首都圏でも一番頻繁に見ることができます。

残念ながら、300番台はまだ撮影できていません。

 

EH200形

f:id:chibatrain:20170815104343j:plain

関東でも高崎線中央本線の他、根岸線などでも見かけます。

最近は増備が行われていませんが、現在も残る中央西線のEF64重連置き換えなどで増備が行われるのか、注目されるところです。

 

EF510形

北斗星カシオペアの廃止により、JR東日本に所属していた500番台はすべてJR貨物に譲渡され、関東では全く見ることができなくなってしました。

2015年に夏に新潟に遠征し、そのとき撮影した写真を中心に掲載します。

  •  EF510/基本番台
  • EF510/500番台①
  • EF510/500番台②
  • EF510/500番台③

EH500形

東北本線常磐線などで活躍していますが、まだあまり写真が撮れていないので、今後も積極的に狙いたいと思っています。

  • EH500形①
  • EH500形②
  • EH500形③

 

※EH800はまだ見たことがありません。小遣いをためて、いつかは函館に遠征したいと思っています。

EF210/概要

f:id:chibatrain:20170224174511j:plain

↑ JR貨物の平坦路線向けの直流形電気機関車として登場した、EF210。

 EF210は、従来の標準機として運用されてきたEF65形が登場後30年以上を経過し、老朽化が進み置き換えが必要となってきたことから、後継機として開発された、JR貨物の平坦路線向けの直流形電気機関車です。
導入にあたっては、東海道山陽線系統の1,300t コンテナ貨物列車運転拡大に対応できることを前提として開発されました。
JRの機関車としては、初めて愛称が採用され、公募の結果、「岡山(機関区)に所属する省電力大出力機」であることから、「ECO-POWER桃太郎」と命名されました。
1996年の試作機を経て、量産車は1998年から増備が開始され、2000年には改良型の100番台が登場、2012年には山陽本線瀬野―八本松間の補機用として300番台も登場しました。
導入以降、毎年増備が続けられ、現在は100両近くが新鶴見機関区・吹田機関区・岡山機関区に配属されています。
運用は、東海道山陽本線系統を中心に、東北本線黒磯駅高崎線倉賀野駅中央本線八王子駅京葉線線の蘇我駅鹿島線鹿島サッカースタジアム駅など関東・首都圏の広域で使用される他、2002年3月以降は瀬戸大橋線を経由して高松貨物ターミナル駅新居浜駅などに乗り入れるなど、かなり広範囲となっています。

f:id:chibatrain:20170224174532j:plain

 ↑ タキ専用列車を牽引して京葉線蘇我駅に到着した、EF210-152

f:id:chibatrain:20170224174542j:plain

↑ コンテナ専用列車を牽引して東海道本線名古屋地区を走行するEF210。

EF210/試作機

f:id:chibatrain:20170224175523j:plain

↑ 1996年に登場したEF210の試作機。2005年に量産化改造が実施されています。

EF210の試作機(901号機)は、1996年3月に新製され、新鶴見機関区に配属、各種試験が実施されたのち、1997年8月に岡山機関区に転属しました。
量産機とは、車体側面1エンド側のルーバー形状や屋根昇降ステップの位置が異なる他、運転席窓の側面や運転台周りの塗装が若干異なります。
1987年に登場したEF200形機関車では、当時の貨物輸送需要の拡大に対応するため、国鉄・JRの機関車では最強となる1,600t 牽引を可能とし、VVVFインバータ制御の採用など当時の最新技術を盛り込まれました。
しかしながら、1994年には量産化も行われましたが、当時計画された1,600t 牽引は変電所の構造の問題やその後の景気の落ち込みによる貨物輸送の減少などのため実現せず、EF200形は本来の性能を出出し切れずに出力を落として運用される形となりました。
こうした反省から、EF210の導入にあたっては、変電所容量を考慮した上で所定の牽引性能が確保できる出力設定とされ、性能的にも従来機を置き換えることができるレベルとされました。
そのため、EF200同様GTO素子を用いたVVVFインバータ制御方式が採用されましたが、国内機関車では初となる、1台のインバータで2台のモーターを制御する1C2M方式が採用され、1時間定格出力は3,390kWとなりました。(EF200の1時間定格出力6,000kWを大きく下回った。)
一方で、1,300t 牽引で関ヶ原の連続勾配を登坂するためには、3,500kWレベルの性能が必要となるが、これに対応するため、新たに「30分定格」という概念を採用し、この30分定格で3,540kWの性能を確保する仕様となりました。(ようするに、関ヶ原を通過する30分の間だけ3,500kWの性能を出せれば良いという考え方。)
901号機は、2005年3月に量産化改造が実施され、主電動機は当初FMT3形(565kW)を搭載していましたが量産機と同じFMT4形に変更され、歯車比なども量産機と同一になりました。
パンタグラフは下枠交差形のPS22D形を登場以降ずっと搭載しています。

f:id:chibatrain:20170224175606j:plain

 ↑ 新鶴見を出発するEF210-901号機の牽引するコンテナ列車です。 

f:id:chibatrain:20170224175621j:plain

 ↑ 千葉機関区で見かけたEF210-901号機、側面の塗装の塗り分けが量産機とは異なります。

f:id:chibatrain:20170224175641j:plain

 ↑ 側面の様子 その①

f:id:chibatrain:20170224175653j:plain

 ↑ 側面の様子 その②

f:id:chibatrain:20170224175704j:plain

 ↑ 側面の様子 その③

EF210/基本番台

f:id:chibatrain:20170224182025j:plain

↑ EF210の量産機は、1998年に登場しました。

EF210の量産機は、試作機での試験・運用を踏まえ、1998年7月登場しました。
EF210形ではGTO素子を用いたVVVFインバータでかご形三相誘導電動機をシステムが採用されました。
駆動装置は吊り掛け駆動方式、ブレーキ方式は発電ブレーキ併用の電気指令式ブレーキが採用され、関ヶ原付近の10‰連続下り勾配において1,300t 貨物を抑速運転できる性能を持っています。
台車は軸梁式ボルスタレス台車の2軸ボギー台車で、ヨーダンパが取り付けられています。
試作機と異なる点としては、主電動機が同一出力ながらより小型に改良されたFTM4形(585kW)が採用されたことが挙げられますが、この主電動機は以降の新型電気機関車にも採用されています。
「ECO-POWER 桃太郎」のロゴマーク(小形)は助手席側窓下に小さく描かれています。
EF210の量産車は基本番台としては18両が製造され、その後の増備車は改良形の100番台車となりました。

f:id:chibatrain:20170224182147j:plain

↑ 京葉線蘇我駅に到着する、EF210-11号機。

f:id:chibatrain:20170224182229j:plain

↑ 基本番台車のパンタグラフは、試作機と同じ下枠交差式のPS22D形を搭載しています。

EF210/100番台①

f:id:chibatrain:20170320202653j:plain

↑ EF210の改良型となる100番台車は、2000年3月に登場しました。

2000年3月以降、EF210の100番台車が登場しました。
従来機の改良型で、EF65形置き換えのために岡山機関区及び鶴見機関区に新製投入されましたが、2007年以降EF66形置き換え用として吹田機関区にも導入が開始されています。
量産型の基本番台車と比較して、出力は変わりありませんが、VVVFインバータの整流素子がIGBTに変更され、制御方式が従来車の1C2M方式から100番台では1C1M方式となりました。
また、補助電源用のSIV故障の際は、主回路用インバータの1台を定電圧周波数(CVCF)運転に切り替えて、これを補助電源とすることで、信頼性を向上させています。
外観上で変更された部分はあまりありませんが、側面の採光窓やルーバーの数・配置が変わり、「ECO-POWER 桃太郎」のロゴが側面に大きく描かれるようになりました。

f:id:chibatrain:20170320202654j:plain

 ↑ 蘇我駅に到着する、EF210-101号機牽引の貨物列車。

f:id:chibatrain:20170320202655j:plain

↑ 101~108号機までは、パンタグラフ従来と同じPS22D下枠交差型を搭載しています。

f:id:chibatrain:20170320202656j:plain

↑ 東海道本線で運用中のEF210-106号機

 

EF210/100番台②

f:id:chibatrain:20170320203602j:plain

↑ EF210の改良型となる100番台車は、2000年3月に登場しました。

EF210-100番台機のうち、109号以降に製造されたものは、パンタグラフが従来のPS22型からシングルアーム式のFPS-4型に変更されました。
現在も増備中でかなり台数も増えているので、こちらの方が見かける機会は多いと思われます。

f:id:chibatrain:20170320203603j:plain

↑ 川崎新町駅付近を通過する122号機。

f:id:chibatrain:20170320203604j:plain

↑ 千葉機関区で休む149号機。

f:id:chibatrain:20170320203605j:plain

↑ 100番台登場後、その運用が拡大し、東北本線でも使用されるEF210。

f:id:chibatrain:20170320203606j:plain

↑ 根岸駅構内でタキを牽引するために移動中の142号機。

f:id:chibatrain:20170320203607j:plain

↑ 単機回送中の159号機。

f:id:chibatrain:20170320203608j:plain

↑ 浜川崎駅付近を通過する163号。

EF210/100番台③

f:id:chibatrain:20170619161150j:plain

 ↑ 蘇我駅構内で見かけた、EF210-121号機です。

 蘇我駅駅構内でEF210-121号機が単機でパンタグラフを上げたまま待機いたので、ホームから撮影しました。

 

f:id:chibatrain:20170619161151j:plain

 ↑ 側面には、「JFR」と「桃太郎」の大きなロゴが入っています。

f:id:chibatrain:20170619161152j:plain

 ↑ 側面の様子①

f:id:chibatrain:20170619161153j:plain

  ↑ 側面の様子②

f:id:chibatrain:20170619161154j:plain

 ↑ パンタグラフシングルアーム式です。

f:id:chibatrain:20170619161155j:plain

 ↑ 反対側から見た様子。