CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

TOP画面

蘇我駅で見かけたEF65-2139。 パンタグラフを降ろしているのが残念です。 MENU 鉄道図鑑 鉄道模型 鉄道車両講座 鉄道活動日記他 最新記事未整理分 INFORMATION アルピコ交通上高地線 3000形リバイバル塗装 2両セット 価格:2,250円(2…

【鉄コレ】  富山地方鉄道 14760形 ②

10760形は、デビュー当初白色とグレーの塗装にあずき色のラインが入ったカラーリングでしたが、その後一部の編成は、上半分が黄色で下半分が緑の新塗装に変更されています。 鉄道コレクションでは、この新塗装車のうち、モハ14769+モハ14770…

栃木・群馬遠征 その21

高崎線の普通列車が出発した後、そのホームに12系客車が入線してきました。 自分が子供の頃、12系や14系客車はよく見かけました。 当時は柏に住んでいて、よく土浦に用事があって出かけていました。 秋のシーズンになると、関東鉄道筑波線に直通する臨…

栃木・群馬遠征 その20

高崎駅で停車するE233系による高崎線上り列車です。 この列車が出発した後、数分後に12系客車がDE10に押されてこのホームに入線します。 その後、こちらとは反対側の水上寄りにSLが連結され、SLみなかみ号として、水上に向けて出発します。 S…

【鉄コレ】  富山地方鉄道 14760形 ①

14760形は、同鉄道初の冷房車として1979年に登場、日本車輌製造製で、1981年までの3年間に2両編成×7本(14両)が製造されました。 車体設計は1964年に製造した10020形のレイアウトに準じ、車体長は18m級となりました。 前面は…

栃木・群馬遠征 その19

D51498は、1940年に鷹取工場で新製され、吹田・長岡・坂下などの機関区を転々としながら各地で活躍し、約32年後の1972年に廃車となりました。 その後、上越線後閑駅で静態保存されていましたが、1988年12月にオリエント急行の日本ラス…

栃木・群馬遠征 その18

烏山線や宇都宮線を遠征した翌日、今度は高崎方面に出撃しました。 高崎駅に着くと、すぐにD51がホームに入ってきました。 今回は、これがお目当ではありませんが、やはり遭遇するとつい写真を撮ってしまいます。 自宅の最寄駅から朝一番の列車に乗り高崎…

北総鉄道 7500形

↑ 京成グループ標準車両の3000系と同一設計となった北総7500形。 北総鉄道7500形は、1970年の開業時より使用されてきた7000形の老朽取替え用として投入された形式で、北総鉄道としては15年振りの新形式車となりました。 京成電鉄30…

C12-187

↑ 常陸大子駅前のC12ー187号機。 常陸大子駅前で静態保存されるC12-187号機です。 2016年8月に水郡線を訪問した際に撮影しました。 C12-187号機は、1938年に日本車輌名古屋工場で製造され、九州地区に新製投入されました。 門…

【鉄道車両基礎講座】 その7 電圧の基礎知識

前回の基礎講座では、「電荷」や「電子」「電流」について説明しました。 「電圧」については、以前の記事の中で、「電圧とは、電気を押し出そうとする力」と記載しましたが、今回はもう少し深く掘り下げてみたいと思います。 位置エネルギーについて まずは…

ひたちなか海浜鉄道 キハ37100

↑ キハ37100形は2010年からアニマルトレイン塗装となっています。 キハ37100形は、キハ3710形と同じく茨城交通時代に自社発注された車両で、2002年に1両のみが登場しました。 基本的にはキハ3710形と同一ですが、ブレーキの二重…

栃木・群馬遠征 その17

ちょっとピンぼけですが、E233系の京浜東北線です。 209系の置き換え用として同線への導入を開始したのが2007年の12月ですので、もうすぐ10年目です。 寿命13年で設計された先代の209系は、1993年から本格導入が開始され、最終編成…

【鉄コレ】  新潟交通 クハ37

新潟交通クハ37は、1944年新潟鉄工場所で製造された元国鉄機動車キハ41080で、1952年1月に新潟交通に譲渡され、電車化(Tc化)されクハ37となりました。Tc化の際、台車は機動車用のTR26から電車用のTR11に履きかえられました…

栃木・群馬遠征 その16

大宮駅に到着した185系です。 兼ねてから噂のあった、E257系への置き換えは、JRからの正式な発表はありませんが、数年内には 置き換えということで、既に報道されているようです。 JRが正式に発表できないのは、中央本線向けE353系量産先行車…

栃木・群馬遠征 その15

大宮駅構内で見かけたスイッチャー。 宇都宮から帰りに大宮工場で一旦列車を降りたのは、この入替機を見かけたからです。 2014年導入された車両で、それまで入替で使用されていたDE11などをこれに置き換えたようです。 スイッチャーはOM-1とOM…

【鉄コレ】 富士急行 5700系(2枚窓)

富士急5700系は、1954年から1959年にかけて小田急から譲渡され増備された車両ですが、うち1編成(5707F編成)のみは元2200形であったため、他の車両と異なり、前面が2枚窓の非貫通形となっていました。(他の車両は3枚窓の貫通形) …

栃木・群馬遠征 その14

大宮駅構内で見かけた、211系です。 大宮工場で更新工事を受ける為にここで留置されているものと思われます。 首都圏の211系は、ここ数年で大きく変わり、首都圏中心部からは完全に撤退し、千葉地区で評判の悪かったロングシート5両編成もいつの間に…

【鉄コレ】  キハ125

キハ125は、JR九州がローカル線向けワンマン車として1993年に導入した車両で、翌1994年までに25両が増備されました。 新潟鐵工所のNDCで18m級両運転台車、山形鉄道YRー880などをベースに設計されていますが、前面運転台下の前照灯…

DD51 800番台/高崎①

↑ 高崎車両センターにはJR東日本が所有する4両のDD51が配置されています。 現在JR東日本が所有しているDD51は、全て800番台の842号機・888号機・895号機・897号の計4両で高崎車両センターに所属しています。 このうち、3両(…

JR東日本/特急形電車

↑ 成田空港アクセス輸送として活躍するE259系 JR東日本の特急列車は、首都圏を中心に多方面に多く設定されており、JR発足後から651系・253系・351系など積極的に新型車両が投入されてきました。 現在、これらの車両も老朽化により第二世代…

115系 横須賀色 中央本線(2014年12月引退)

↑ 中央本線(東線)では1914年までスカ色の115系が運用されていました。 豊田車両センターには、2014年1月まで115系300番台車が所属し、3両編成×12本(36両)、6両編成×1本(6両)、訓練車4両編成×1本の計46両の配置で、中央…

Column:鉄道コレクション/静岡鉄道A3000形(赤)

先日、都内で東京メトロの車両などを撮ってきましたが、そのとき秋葉原の某模型店に立ち寄り、鉄道コレクションの静岡鉄道A3000形(赤)を購入しました。 実車は、8月に静岡鉄道を訪問したときは車庫で休んでいたので撮ることができなかったので、次に…

EF510 500番台 ①

↑ JR東日本からJR貨物に譲渡され、日本海縦貫線で運用されるEF510-506号機です。 EF510-500番台は、北斗星・カシオペアなどの客車列車や貨物列車を牽引する、JR東日本所有のEF81の老朽化置き換え用として2010年に登場し、2…

静岡鉄道 1000形 ①

↑ 2016年度以降、A3000形への置き換えと淘汰が開始された1000形。 静岡鉄道1000形は、それまで運用されていた旧型車の置き換え用として、1973年に登場した車両で、1985年までに2両編成12本が製造されました。東急車両製造製で、…

栃木・群馬遠征 その13

宇都宮から帰路の途中、大宮駅で一旦列車を降り、ここで少し活動です。 大宮工場搬出入の待機用として使用される駅構内の側線では、小田急4000形が留置したありました。 4000形は、既に大宮工場で見かけているので、ここに留置してあっても特に驚き…

【鉄コレ】 富士急行 5000系

富士急5000系は、1975年に3100形の事故廃車補充用として2両編成1本が日本車両で製造されました。 高運転台、両開き2扉の20m級車体で、2両固定編成、冷房装置は新造時から屋根上に分散式クーラーを4基搭載し、富士急初の冷房車となりまし…

栃木・群馬遠征 その12

静態保存されているEF57を見学した後は、そのまま宇都宮線で帰宅の途に着きました。 現在宇都宮線の宇都宮駅以南は、日光線や烏山線・両毛線関連の直通列車を除き、一般の列車は基本的に全てE231系とE233系により運用に統一されています。 基本…

栃木・群馬遠征 その11

宇都宮駅構内で、今話題の豪華列車を目撃しました。 TRAIN SUITE四季島です。 今年の5月からJR東日本が運行を開始した豪華クルージングトレイン。 乗るということに対しては、一生縁がない車両です。 個人的に興味があるのは、EDCと呼ばれる…

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ301/新塗装

デハ501と2両セットで発売された、現塗装のデハ301です。第1弾で発売された旧塗装より、さらに出来はよくなっています。銚子電鉄のデハ301は、元は鶴見臨港鉄道~国鉄鶴見線で活躍していたモハ115で、1930年に製造されたものです。 194…

栃木・群馬遠征 その10

宇都宮の公園に保存されているEF57です。 1942年に新製され、東海道本線や東北本線の優等列車を牽引、晩年は宇都宮を寝床とした活躍した名車です。 歴代の国鉄電気機関車の中では、一番かっこいい機関車。 特に前面のデッキ部分や突き出したパンタグ…