CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

TOP画面

先日、真岡鉄道に行ってきました。 この日SL列車を担当していたのは、真岡鉄道が手放すことをプレス発表したC11-325号機でした。 いつ真岡鉄道からいなくなるのか、譲渡先はどこかなど詳細はまだ決まっていないようですが、今回が最後の撮影の機会…

西武鉄道9000系を撮ろう その7

撮影場所を移動し、所沢寄りの某駅で下り列車を撮ることにしました。 早速やってきたのは現時点での西武鉄道のフラグシップ、10000系でした。 老朽化と40000系「S-TRAIN」の登場で、その棲み分けや存在意義が心配されましたが、通勤客の着…

【活動記録】静岡遠征(2017年8月)

★当ブログの過去の記事を再編集し、2017年8月に静岡方面に遠征したときの記事をまとめました。 8月の上旬に1泊2日で静岡方面を遠征してきました。 遠征といっても、小遣いの乏しい所帯持ちのサラリーマンですので、今回も18切符を使っての旅行です…

神奈川臨海鉄道 DD60形

↑ DD60形のうち2005年に導入されたDD601。 神奈川臨海鉄道DD60形は、2005年以降に導入された、センターキャブ形、4軸の60トン機で、定格出力は1,120psとなっています。 日本車輌製造が臨海鉄道向けに製造している標準機で、…

【鉄コレ】 関東鉄道 キハ751形

関東鉄道キハ751形は、元小田急のキハ5000形で、1955年に東急車輛で製造されました。 DMH17形の2エンジンを搭載した、日本初の優等列車専用の機動車で、小田急時代は国鉄御殿場線乗り入れ用の「特別準急」などで使用されました。 御殿場線…

西武鉄道9000系を撮ろう その6

西所沢駅から池袋方面に移動。 次に待機した駅は、何処だったか忘れました。 石神井公園駅だったと思いますが、違ったらすいません。 上りホーム先端で、所沢方面からの列車を撮影しました。 写真はスマイルトレインの30000系です。 個性的でゆるキャラ…

西武鉄道9000系を撮ろう その5

西所沢のホームでしばらく待機。 上り列車でお目当ての9000系(9105F)が到着し、無事に写真を撮ることができました。 9105Fは、10両編成化以降はずっと池袋線で運用され、VVVFインバータ制御化は2006年に実施、同時に座席クッショ…

西武鉄道9000系を撮ろう その4

西所沢駅で列車を降りて、後発の列車で運用されている9000系を待ちました。 この駅は、狭山線の起点ともなっていますが、池袋線がちょうど二股に分かれ、その片方が狭山線になるような構内のレイアウトになっています。 そのため、構内の真ん中に1面2…

西武鉄道9000系を撮ろう その3

9000系…と言いたいところですが、 狭山線のローカル運用で使用される2000系です。 9000系を追いかけて、西所沢駅で列車を降りて待機中に撮った写真です。 狭山線は、この西所沢から西武球場前駅に至る4.2Kmの路線で、全線単線です。 日中は…

C57‐180 SLばんえつ物語号 (2014年8月)

↑ 今回は会津若松駅でC57-180を撮りました。 2014年8月、久々にC57-180を撮りました。 今回は会津若松駅にホームで撮影、機関車が車庫から出てきて、客車と連結してから出発するまでを撮りました、C57‐180号機は、本来の「ばんえつ…

鉄道車両図鑑

2004年9月から約12年あまり、鉄道車両を中心としたホームページを運用していましたが、サイトが大きくなりすぎて更新作業に非常に時間がかかっていたことから、他に運用していたブログも統合した形で、2016年12月末に新たに開設したのがこのサ…

東武鉄道 20050型

↑ 20000系シリーズの5扉仕様車となった20500型 20050型は、20000型のマイナーチェンジ車として1992年に登場、8両編成8本(64両)が増備されました。 車体は20000型同様の18m級オールステンレス製軽量車体ですが、乗り…

【鉄コレ】 鹿島臨海鉄道 2000形

鹿島臨海鉄道2000形は、大洗鹿島線開業時に国鉄からキハ20を4両譲渡されたもので、前面形状の変更や車内更新工事・トイレ用の汚物処理装置設置などが国鉄大宮工場(現:大宮車両センター)で行われました。 その後、冷房装置を搭載していないことなど…

西武鉄道9000系を撮ろう その2

西武池袋線には地下鉄から入りましたが、最初に乗った下りの各駅停車で運用されていたのが9000系、その先で乗り換え急行列車も9000系。 今回の西武訪問の目的は9000系でしたので、ラッキーでした。 しかしながら、9000系にずっと乗っていた…

西武鉄道9000系を撮ろう その1

西武鉄道の電車の中で、現在絶滅危惧種となっているのが、9000系です。 20000系と瓜二つの車両ですが、足回りや走行機器は旧101系の廃車派生品を使用して製造されました。 しかしながら、流石に抵抗制御のまま使い続けるという訳にはいかず、途…

メトロはこねと小田急撮影 その10

小田原駅の隣に足柄駅があり、この構内にミニ車両基地があるので、立ち寄りました。 正確には留置線扱いで、かつては本当に車庫だったそうです。 10両編成のEXEやMSEで運転される箱根特急では、箱根登山鉄道へは基本編成の6両でしか乗り入れできな…

メトロはこねと小田急撮影 その9

小田急30000系の更新車です。 デビューから20年を経過し実施されたのは単なる車両更新ではなく、従来のイメージを一新するリニューアルで、愛称も従来の「EXE」から「EXEα」となりました。 車体の外装は従来のパールブロンズ系からシルバー系の…

メトロはこねと小田急撮影 その8

小田急の最新鋭ロマンスカー70000形GSEですす。 早速小田原で見かけました。 箱根特急7000形の置き換え用として2編成が導入されました。 小田急のフラグシップであるVSEの人気は非常に高く、この車両を使用した列車は、デビュー後13年を経…

西武鉄道 9000系

↑ 西武鉄道9000系は旧101系の走行機器を流用して製造されました。 西武鉄道9000系は、1993年から1998年にかけて10両編成8本が西武所沢車両工場で製造されました。 車体は当時量産されていた新2000系とほぼ同じ20m級4扉の普通…

【鉄コレ】 日立電鉄 モハ2230

モハ2230は、元は南武鉄道のモハ108で、モハ100形グループの2次車として1928年に製造されました。 南武鉄道では、1949年3月に廃車になり、その後、クハ21として秩父鉄道に入線しました。 しかし、木造車の交代化進行に合わせ、クハ2…

【鉄コレ】 42系大糸線

鉄コレから発売された42型(42系)大糸線2両セットでは、クモハ43800+クハ68017の2両が製品化されています。 うちクモハ43800は、鉄道省が1933年から京阪神地区投入した20m級2扉クロスシート車両のモハ42型に属しますが、8…

C57‐180 SLばんえつ物語号 (2010年8月)

↑ まずは、実家近くの撮影ポイントで待機です。 2010年夏バージョンの「SLばんえつ物語」号で、8月に実家に帰省した際に撮りました。 今回は、下り列車を狙い、喜多方以西でも撮影ポイントを探し、山都~萩野間の非電化区間でも撮影してみました。 ↑ …

上毛電気鉄道 700形 ②

↑ 前面がサンライトイエローの714F。 ★714F(サンライトイエロー) 714F編成は、京王時代のクハ3700・3750形が種車で、クハ3750形を電装化、分散式冷房装置を搭載しており、制御装置は京王6000系の廃車発生品を再利用しています…

メトロはこねと小田急撮影 その7

箱根登山鉄道線の直通用に使用される1000形です。 箱根登山鉄道の小田原-箱根湯本間は、かつては三線軌条線が敷設され、線路幅の異なる小田急・箱根登山鉄道両方の車両が運用されていましたが、2006年以降は箱根湯本と箱根登山鉄道の車庫のある入生…

メトロはこねと小田急撮影 その6

小田原駅構内で見かけた4000形ですす。 日車式ブロック工法で作られた3000形と異なり、4000系は、直通先を走るJRのE233系2000番台をベースに設計された車両。 但し、運用は千代田線直通列車以外でも幅広く汎用的に運用されているよう…

【鉄コレ】 鹿島鉄道 キハ430系

キハ430系は、元加越能鉄道加越線のキハ120形で1957年に2両が東急車両で製造されました。 湘南形前面の16m級2扉の小型気動車で、東武鉄道熊谷線キハ2000形とほぼ同型車ですが、車内は同形式と異なりオールロングシートで、側窓回りにも相…

C57‐180 会津若松駅構内/転車台 (2009年8月) 

↑ 給水中のC57-180号機。この後転車台に乗ります。 C57-180号機の会津若松構内・転車台の様子は、一度2009年5月に見学しましたが、その迫力に魅了されてしまったので、3ヶ月後の8月にもう一度見てきました。 現在は見学が許可されてお…

【鉄コレ】  113系2000番台(紀勢本線)

写真の追加・更新を行いました。 113系2000番台車ですが、2002年にMM‘ユニットが先頭車化改造と車体更新を受け、同年11月に紀勢本線御坊-紀伊田辺間のワンマン運転用として投入されました。 先頭部分は山陽本線・伯備線用115系改造車と同…

メトロはこねと小田急撮影 その5

小田原駅で見かけた、3000形です。 2001年になってから導入が開始された車両ですが、この車両から小田急の通勤車両に対するコンセプトが全く変わってしまい、5000形や9000形・1000形などそれまでの車両が持っていた個性はなくなりました…

メトロはこねと小田急撮影 その4

小田急8000形です。 自分がまだ学生で小田急沿線の大学に通学していた頃、ちょうどその頃8000形がデビューしました。 当時、国鉄201系のデビューをきっかけとして、前面の運転席周りをブラックに塗装したデザインが流行りましたが、8000形も…