CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

TOP画面

西武池袋線に乗り入れる東急5050系4000番台です。 最近では直通運転が入り乱れ、車両を見ただけではどこの私鉄のどの路線か分かりません。 副都心経由での直通運転が開始されてしばらく経ちますが、西武池袋線で見かける東急の車両には、まだ違和感…

関東鉄道~常磐線~流鉄 その1

10月の半ばぐらいに、関東鉄道常総線から常磐線、流鉄付近で活動しました。 今回からしばらくそのネタが続きます。 関東鉄道常総線の車両は、数年前に一度水海道のイベントに行ったことがある程度で、本格的に撮るのは今回が初めてですが、小遣いを支出を…

丸の内線~北綾瀬線 その9

北綾瀬駅から綾瀬駅とは反対側、綾瀬車両基地方面を撮った写真です。 綾瀬車両基地は、検車区と工場を併せ持つ、東京メトロで一番大きな車両基地です。 車両留置能力は273両ですが、余力があって、未使用の留置線などを含めると10両編成41本(410…

丸の内線~北綾瀬線 その8

写真は、北綾瀬駅のホーム延伸工事の行われている区間を通過する05系です。 北綾瀬駅ホームの延伸工事は、10両編成対応の為に行われているもので、既存の位置に対して、綾瀬駅方面に135m伸ばそうとするものです。 訪問したときは、まだ、ホーム上の…

丸の内線~北綾瀬線 その7

写真は、本線(常磐緩行線)と千代田線(北綾瀬線)が分岐するところです。 もともと、綾瀬車両基地への引込線は旅客の需要があり、開業当初から駅を設置する予定されていたそうです。 実際には、沿線住民からの強い要請があり、1979年に開業しました。 …

【鉄コレ】 113系3800番台 山陰本線

113系3800番台は、山陰本線福知山-城崎間と福知山線篠山口以北のローカル列車を短編成化する為に、2001年3月に登場しました。 3両編成の800番台からクハ111形を外し、クモハ112形とユニットを組むモハ113形が先頭車改造されました…

49671

↑ 真岡駅構内に設けられた「SLキューロク館」に保存されている「49671」。 49671は、1920年に川崎造船所兵庫工場で製造され、黒松内機関区に新製配置されました。 現役時代は、岩見沢・函館・五稜郭・北見・滝川など北海道内で活躍を続け、…

関東鉄道 キハ0形

↑ キハ0形は、キハ310形の増備車として1982年に登場しました。 キハ0形は、キハ310形の増備車として登場した車両で、1982年から1984年にかけて2両編成4本(8両)が導入されました。 国鉄キハ20系気動車の床下機器を流用し、新製さ…

D51-745

↑ 準鉄道記念物に指定されている、D51-745です。 D51-745号は、1943年に日本車両名古屋工場で製造され、宇都宮機関区に新製配置されました。 当初は東北本線や日光線や信越本線などで運用されていましたが、1960年に高崎第一機関区に…

【鉄コレ】 名古屋鉄道 5200系

名古屋鉄道の5200系は、名鉄としては初めてカルダン駆動方式が採用された5000系の改良型で、1957年に登場しました。 中間車も存在した5000系に対して、5200系は先頭車のみの2両編成とされ、6本計12両が製造されました。 電装品や台…

丸の内線~北綾瀬線 その6

北綾瀬線には中間駅はなく、綾瀬駅-北綾瀬駅間を3両編成の旅客列車と、車両基地に出入りする回送列車が行き交う路線です。 全区間高架線で複線ですが、北綾瀬駅も綾瀬駅の停車ホームも1面1線ですので、05系を編成毎かっこ良く撮れる撮影スポットがあり…

丸の内線~北綾瀬線 その5

丸の内線でしばらく02系を撮ったあとは、北綾瀬線に行きました。 北綾瀬線は、正式には千代田線の一部で、綾瀬から北綾瀬へ伸びる車庫線のうち2.1kmを旅客線の扱いとしたものです。 現在ここで使用されるのは05系による3両編成です。 この車両は、か…

丸の内線~北綾瀬線 その4

写真がイマイチ分かりにくいのですが、丸の内線02系の集電装置の付近を撮ったものです。 第三軌条集電方式の場合、 軌道と並行して電気供給用のレールが敷かれ、列車はそのレール(第三軌条)から電気を取り込んで動きます。 台車の外には、集電靴(コレク…

丸の内線~北綾瀬線 その3

丸の内線02系の側面です。 赤帯の中のデザイン(サンウエーブ)は、丸の内線の先代車両で採用されていたもので、02系ではデビューした際は引き継がれなかったのですが、2010年以降の大規模な更新工事(B修工事)実際の際に再び採用されるようになり…

丸の内線~北綾瀬線 その2

東京メトロ丸の内線ですが、運用車両が、1990年代前半に現在運用されている02系に統一された以降、特に見た目の目立った変化が少なく、話題もあまりなく地味な存在ですが、実際は他の東京メトロの路線同様、常に新しい技術が導入され変化し続けていま…

伊豆箱根鉄道 5000系②

↑ 大雄山駅を出発する第3編成、軽量ステンレス車体を採用しています。 伊豆箱根鉄道5000系は、第1編成は普通鋼製で新製されましたが、1986年に増備された第2編成以降はステンレス製軽量車体に変更されました。 車体のデザインは基本的には踏襲さ…

【活動記録】西武鉄道~秩父鉄道影森他(2016年11月) その2

★当ブログの過去の記事を再編集し、2016年11月に西武線から秩父鉄道影森他を訪問したときの記事をまとめました。 「 西武鉄道~秩父鉄道影森他(2016年11月) その2」からの続きです。 太平洋セメントの構内には空車返送の列車が到着すると、これまで…

【活動記録】西武鉄道~秩父鉄道影森他(2016年11月) その1

★当ブログの過去の記事を再編集し、2016年11月に西武線から秩父鉄道影森他を訪問したときの記事をまとめました。 2016年11月、平日に仕事の休みを取り、西武鉄道経由で秩父に行ってきました。当初は現地での機動性を考慮し車で行こうと考えてい…

59634

↑ 9600形は、D51などが登場するまで、貨物列車牽引機の中心として活躍しました。 9600形は、1913年~1926年の間に770両が製造されたテンダ式の機関車で、D50やD51が登場するまでは貨物列車用の標準的な機関車としされていました…

丸の内線~北綾瀬線 その1

この日は、東京メトロの地味な車両を撮ろうということで、まずは丸の内線で活動しました。 地下鉄なので撮影できるスポット(=地上に顔を出す場所)は限定されてくるのですが、それでも渋谷駅しか撮影場所のない銀座線よりは条件はいいですね。 自分の中で…

竜王駅構内 その10

竜王駅を通過するE351系です。 新型車両E353系の導入では、E351系の置き換えを優先に行われ、E351系は2018年3月のダイヤ改正で全車引退し、他線への転用は行われず全 廃となる模様です。 やはり、JR東日本はE351系を早く淘汰した…

竜王駅構内 その9

竜王駅を通過するE257系です。 中央東線の特急列車は、今後車両の動きが活発になります。 量産先行車による走行試験結果に目処がついたE353系の量産化が始まり、本年12月23日から営業運転が開始されることが正式に決まりました。 既存車の置き換…

竜王駅構内 その8

コンテナ車を前側に連結した石油輸送列車は、EH200に牽引され竜王駅の2番線に到着します。 そして、タキとコンテナ車(確かコキ5両だったと記憶していますが、間違っていたらスイマセン)が切り離され、コンテナ車のみを連結したままEH200は松本…

竜王駅構内 その7

首都圏方面から竜王駅に発着する貨物列車は1日2往復で、基本的には根岸駅との間の石油輸送列車ですが、そのうち1往復は梶が谷貨物ターミナルと竜王駅の間でコンテナ車を連結して走ります。 下り列車は昼ぐらいに竜王駅に到着。 コンテナ車もタキを切り離…

【鉄道コレクション】 関東大手私鉄他

東武鉄道 東武鉄道は、伊勢崎線・日光線・東上線を中心に東京・千葉・埼玉・群馬・栃木と北関東に営業路線を展開する関東最大の大手私鉄です。 鉄道コレクションでは、レギュラーシリーズや、事業者限定品でも過去の名車を中心に多くの形式が製品化されてお…

【鉄コレ】 東武鉄道 6000系

東武鉄道6000系は、日光線系統の快速・準急用として1964年に登場した車両で、1966年までに44両が製造されました。車体は8000系をベースとし軽量化に配慮した全鋼製20m級ですが、優等列車で使用されることを考慮して片開き2扉のセミク…

【鉄コレ】 東武鉄道 7300系

7300系は、第二次世界大戦後の混乱期に運輸省が各私鉄に割り当てた元国鉄63系です。 東武鉄道への導入は1947年に行われ、当初は40両が登場しましたが、1949年には更に名古屋鉄道から14両が譲受され、その後戦災復旧車である20m3扉車の…

【鉄コレ】 東武鉄道 8000系

1963年から約20年に渡り712両が製造され、私鉄の103系と言われた東武鉄道の8000系ですが、通勤需要の増大に伴う基本編成への増結用、及び支線用として2両編成車(2R車)も80本が製造されました。 8000系では経済性を考慮して電動車…

【鉄コレ】 東武鉄道 7800系

東武7800系は、運輸省から割り当てられた元国鉄63系の7300系をベースに、東武鉄道が独自に設計・発注した車両で、1953年から1961年にかけて164両が製造されました。 主に東武本線(伊勢崎線・日光線)や登場線で幅広く運用されました。…

【鉄コレ】 東武鉄道 7300系 旧塗装

7300系の旧塗装バージョン(ロイヤルベージュとインターナショナルオレンジのツートンカラー)は、2010年12月に事業者限定の形で製品化されました。 同月に東武鉄道南栗橋車両管区で実施された「東武ファンフェスタ」会場でも、3000セットが販…