読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

TOP画面

鉄道コレクション、伊豆箱根鉄道1300系と栗原電鉄M15を購入しました。 Column:鉄道コレクション/伊豆箱根鉄道と栗原電鉄 - CHIBA TRAIN NET ↑ こちらをクリック メニュー 車両図鑑 鉄道模型(鉄道コレクション) 鉄道活動記録他

秩父鉄道 デキ500形 ②

↑ 茶色のデキ505号機です。 1980年3月に増備されたデキ505号機は、それまでの増備車と比較してライトケースと避雷装置が変更されています。2010年に茶塗装に変更され、以来この塗装で運用を続けています。 ↑ 505号機は1980年に登場、…

京王電鉄 9000系

↑ 9000系は6000系の置き換え用として2001年に登場しました。 9000系は、2001年に登場した京王線の最新形式で、2009年までに264両が製造されました。老朽化した6000系の代替えを目的とされたため、都営新宿線への乗り入れも考…

Column:鉄道コレクション/伊豆箱根鉄道と栗原電鉄

5月に購入した新製品の鉄道コレクションです。 伊豆箱根鉄道1300系のイエローパラダイストレインと、栗原電鉄のM15です。 まずは伊豆箱根鉄道の1300系。 実車で西武時代のリバイバル塗装が出たので、早速製品化されました。 西武101系の3両…

中央快速線 その6

中野駅で仲良く並ぶ、2列車です。 手前は中央快速のE233系、奥の車両は、メトロ05系ワイドドアの更新車です。 中野駅は、中央快速線、中央総武緩行線の他に、東京メトロ東西線の起点でもあります。 JR・東京メトロとも、折り返し運転もあることから…

【鉄コレ】 富山地方鉄道 10020形

10020形は、1961年と1964年に製造されたMMユニット方式の車両で、車体は日本車両標準タイプとなっています。デビュー当初はMcTMMcの3両固定編成でしたが、のちに中間車(サハ220)を抜いて2両編成となりました。現在は、第3編成…

中央快速線 その5

E351系に続いて、これも今後の動きが気になるE257系です。 先月JRからの正式なプレスリリースではありませんが、185系の老朽化に伴い、中央快速線のE257系を東海道の踊り子用に転用するとの報道が先月ありた。 今後も修善寺行きは残るとの…

中央快速線 その4

中野駅を通過するE351系です。 高速バスと競合する中央本線でのスピードアップを目論み、コストをかけて導入された意欲的な車両でした。 何処かの専門家の方がE351系は欠陥車だとか言っていたこともあり、あまり評価の良くない車両ですが、自分はそ…

【鉄コレ】 新潟交通 クハ47+モハ16

新潟交通クハ47は、同社区分のクハ45形に属し、同形はクハ45~50の計6両が存在しました。これらは、1967年から1970年の間に、小田急デハ1400形・クハ1450形の車体と手持ちの台車を組み合わせて製造されたもので、モハ10などと連…

中央快速線 その3

中野駅から新宿駅に向けて出発した189系を見送った後は、折り返し、下り「ホリデー快速富士山」号を撮る為、駅に到着する下り列車を撮りながら、しばらく中野駅のホームで待機です。 写真は、毎度お馴染みE233系です。 E233系が中央快速線で走り…

中央快速線 その2

中野駅構内で待機する、189系あずさ色編成です。 あずさ色といっても、こちらは2代目こちらは「新あずさ色(新長野色)」です。 この色は、長野オリンピックのイメージアップに合わせて1992年以降登場した塗装で、グレードアップされたいない183…

【鉄コレ】  101系南武線

国鉄からJR東日本に継承された時点では、101系は210両で、その時点では中央・総武緩行線・南武線・鶴見線で運用されていましたが、その後淘汰が急速に進み、1992年以降は南武支線(浜川崎-尻手間)の2両編成3本(6両)を残すのみとなってい…

国鉄/特急形電車

管理者の撮った、国鉄型特急電車を中心に掲載します。 内容を整理しながら旧サイトから記事の以降も順次行っていきます。 183系/189系 183系はすでに形式消滅し、189系が長野総合車両センターに6両編成1本、豊田車両センターに6両編成3本が…

183系0番台/2005年12月引退

↑ 特急あやめで運用される183系。 西千葉駅構内から撮影。 183系0番台車は、1972年にデビュー、1974年までの間に172両が製造、幕張区に集中投入され、以降最近まで房総特急の中核として活躍してきました。183系は、走行距離が200kmを…

183系1000番台・189系

↑ 房総特急「わかしお」で運用されていた183系1000番台。 183系1000番台 183系1000番台は、上越線エル特急「とき」で運用されていた181系の置き換え用として、1974年に登場しました。 0番台の登場以降、老朽化する181系の置…

183系1000番台・189系 田町車H81編成(2010年9月)

↑ 日光駅に到着する田町区のH81編成。 2010年9月に、183系/189系の田町車両センターのH81編成を、日光線の終着駅で撮影する機会がありました。 田町車両センターには、廃車となった14系客車や165・167系の代わりに波動用として1…

189系 M51編成(C5) マリフェス(2016年11月)

↑ 非貫通の前面の特急「あずさ」のサボは非常に懐かしいです。 2016年11月に幕張車両センターでイベント(マリフェス)が開催されましたが、その際に、豊田車両センターの189系(M51編成)が展示されました。 編成札は、かつて幕張に在籍したC…

京王電鉄 8000系

↑ 6000系以来のフルモデルチェンジ車として、1992年に登場した8000系。 8000系は、6000系以来20年ぶりのフルモデルチェンジ車として登場、1992年から1999年までの間に244両が製造されました。車体は7000系同様軽量ステ…

キハ30 久留里線 旧国鉄色 (リバイバルカラー)

↑ 2010年2月11日、「思い出トレイン」として旧国鉄色×2両で運転された列車を撮影しました。 久留里線用として木更津に配置されていたキハ30の3両は、2009年8月以降、順次久留里色から旧国鉄色(リバイバルカラー)に戻され、最後まで活躍し…

秩父鉄道 デキ500形 ①

↑ デキ500形は、在籍4形式の中では一番新しい形式です。 秩父鉄道デキ500形は、1973年に登場した日立製作所製の直流用電気機関車で、1980年までに7両が製造されました。実質的にはデキ300形の増備車で、仕様も基本的には同一ですが、空気…

中央快速線 その1

今年のGWも、休みはあっても小遣いに余裕が無いため遠くに遠征に行けず、地元や都内での鉄活躍となりました。 最近、更に少なくなった国鉄形特急電車ですが、485系や583系は絶滅(ジョイフルトレイン改造車などはまだ元気ですが)し、183系もいつ…

【鉄コレ】  新潟交通 2200形

新潟交通の2220形は、元小田急電鉄2200形で1985年に2229-2230の1編成2両が移籍・導入されました。塗装は小田急時代のままで使用され、番号もデハがモハに変更された以外はそのままでした。2両固定編成(MM’ユニット)だったので、…

3月は地元でプチ活動 その8

こちらは、千葉都市モノレールから活躍している1000形です。 但し、開業当初に導入された一次車は既に廃車となっています。 開業以来、利用者の低迷と初期投資に起因する膨大な償却資産や借入金財務により、ずっと厳しい経営を続けてきた千葉都市モノレ…

3月は地元でプチ活動 その7

千葉みなと駅京葉線ホームから撮った、千葉都市モノレールのアーバンフライヤーです。 老朽化した1000形の一次車の置き換え用として導入されましたが、廃車された1000形が2両編成8本であったのに対して、運用の見直しによる必要車両数の減少もあっ…

【鉄道コレクション】 南関東ローカル私鉄

管理者の所有するトミーテック「鉄道コレクション」のうち、関東地方(南)のローカル私鉄の車両について整理して順次掲載します。 ・銚子電鉄 銚子駅-外川駅間を結ぶ6.4kmの私鉄で、開業は1913年(銚子-犬吠間)と古く、昔から小型の電車などが…

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ301/旧塗装

銚子電鉄のデハ301は、元は鶴見臨港鉄道~国鉄鶴見線で活躍していたモハ115で、1930年に製造されたものです。1948年に鶴見線が昇圧され、働き場所を失うことになりますが、その後1951年に鉄道自動車で改造を受けて、銚子電鉄に入線しまし…

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ501/旧塗装

デハ501は、元は近江鉄道で使用されたクハ23で、1948年に登場しました。 その後、同型のクハ25とともに上田交通(現:上田電鉄)に譲渡され、電装化されてモハ2321となりました。 当初は前面が非貫通でしたが、1962年に他の車両と編成を…

【鉄コレ】  銚子電鉄 デハ801

デハ800型801号機は、輸送力増強を目的として1985年に伊予鉄道から購入された16m級車で、翌1986年2月から運用を開始しました。元は、伊予鉄道郡中線の開業に合わせて1056年に製造されたクハ400型406(制御車)で、1961年に…

【鉄コレ】  銚子電鉄 デハ1002

デハ1000型は、1994年に帝都高速度交通営団(現在東京メトロ)2000型を譲りうけた車両で、銚子電鉄初の全鋼製カルダン駆動車です。元の営団2000型は、1959年から1963年にかけて、銀座線で運行されていた戦前製の旧型車の代替用と輸…

3月は地元でプチ活動 その6

「かつらひな祭りイベント」に伴う臨時列車に使用され、外房線に乗り入れていた253系1000番台です。 後追いですか、千葉みなと駅で撮影しました。 元は成田エクスプス用の253系ですが、そのうち、2002年製造の車歴がそれほど古くない6両が、…

3月は地元でプチ活動 その5

以前、トップページでも使った写真ですが、お気に入りなので、もう一度投稿しました。 以前だと、この場所では201系や205系と113系が並んでいました。 千葉地区も国鉄型電車がいなくなってしまいましたね。 209系は、今後もしばらくは千葉ローカ…

【鉄道コレクション】 中部東海私鉄

管理者の所有する鉄道コレクションのうち、中部地方(東海地方)の私鉄車両について紹介します。 名古屋鉄道 名古屋鉄道は、愛知・岐阜県に営業路線を持つ大手私鉄で、総営業距離は444.2kmで、JRを除く民間私鉄としては第3位となっています。他の…

【鉄コレ】  名古屋鉄道6000系

6000系は、戦後の名鉄としては初となる本格的な通勤形電車として1976年に登場しました。自家用車の普及率の高い愛知県・岐阜県下を名古屋鉄道では、サービス向上を図るため一般車についても従来より2扉クロスシート車の導入を続けていましたが、特…

【鉄コレ】  伊豆急行100系①

伊豆急行100系は、1961年の伊豆急行線開業に合わせて導入された車両で、基本形式として1972年までに53両が製造され、2002年まで活躍していました。 伊豆急行線は、開業時から多くの列車が伊東線を経由して東海道本線と直通運転を行ったこと…

【鉄コレ】  伊豆急行100系②

伊豆急行100系は、第18弾で一度製品化されましたが、その後オープンパッケージでクモハ123-クハ157が製品化されました。 第18弾では1964年後以降に増備された高運転台が製品化されたのに対して、こちらでは初期型の低運転台の車両です。 …

JR東日本/一般形電車(首都圏)

↑ 2006年に登場したE233系は、JRグループで同一形式の最多配置車両数となりました。 1987年の国鉄民営化後、首都圏では205系などの国鉄時代に設計された車両が引き続き増備されてきました。 1993年、209系が次世代の通勤形として京…

【鉄コレ】  伊豆箱根鉄道 1300系

伊豆箱根鉄道1300系は、老朽化した1100系(元西武701系)の置き換え用として2008年に登場しました。元西武鉄道の新101系で、4両編成と2両編成を組み合わせて3両編成2本が組成されました。先頭車前面には排障器(スカート)が設置され…

E235系 先行量産車

↑ E235系は、現在は先行量産車1編成のみが運用されています。 E235系は、E233系をベースに技術開発の成果を盛り込んだ次期通勤形電車の先行量産車で、2015年に製造されました。 6M5Tの11両編成ですが、10号車はサハ231形460…

E233系 概要

E233系は、E231系の後継型として2006年12月に登場した、JR東日本の通勤・一般用の標準型車両です。それまで運用されてきた通勤型の201系や203系・205系・209系や、近郊形の211系の置き換え用として、首都圏の主要路線に大量…

E233系 基本番台 中央快速線

↑ 快速運用で使用されるE233系。 233系が最初に投入されたのは中央快速線で、2006年12月から2008年3月にかけて投入され、それまで同線で活躍していた201系をすべて置き換えました。中央快速線用の10両固定編成(T編成)42本、6両…

E233系 1000番台 京浜東北線

↑ 京浜東北線へのE233系投入は、2007年12月に開始されました。 E233系1000番台は、京浜東北線・根岸線で運用されていた209系の置き換え用として、2007年9月からから2010年1月までの間に10両編成83本、計830両が製造さ…

E233系 2000番台 常磐緩行線

↑ 2000番台車は、地下鉄乗り入れ対応のためストレート車体・前面貫通形となっています。 E233系2000番台は、常磐緩行線の207系・207系900番台の老朽化に伴う置き換え用として、2009年5月に10両編成×1編成が営業運転を開始、翌…

E233系 3000番台 東海道本線・東北本線・高崎線他

↑ 2011年11月から翌年4月にかけて、田町車両センターに大量投入されたE233系3000番台。 E233系3000番台は同系列の近郊型として登場しました。基本編成が2階建てグリーン車2両を含む6M4Tの10両、付属編成が2M3Tの5両で、…

E233系 6000番台 横浜線

↑ 横浜線に導入されたE233系6000番台は、2014年2月に営業運転を開始しました。 233系6000番台は、横浜線用205系の置き換え用として2014年2月から同年8月までに8両編成28本(224両)が導入されました。他の路線に導入され…

E233系 5000番台 京葉線

↑ 201系・205系などの置き換え用として京葉線に登場したE233系5000番台。 E233系5000番台は、京葉線の201系・205系・209系500番台の置き換え用とし2010年から2011年にかけてて増備された車両です。客室車内は10…

E233系 7000番台 埼京線・川越線

↑ 埼京線・川越線用のE233系は、2013年6月末に営業運転を開始しました。 233系7000番台は、埼京線・川越線用205系の置き換え用として導入され、2013年6月30日より営業運転を開始しました。基本的には他路線にすでに導入されている…

E233系 8000番台 南武線

↑ 南武線用に導入されたE233系8000番台。 233系8000番台は、南武線のE233系置き換え用として2014年10月に登場、35編成210両が中原電車区に増備され、同区の205系や209系を置き換えました。0番台・5000番台の基本編…

E231系 概要

↑ E231系は最初に中央・総武緩行線に投入されました。 E231系は、これまでの209系通勤型電車、およびE217系近郊型電車に続き、首都圏の老朽化した通勤形車両(103系・201系・205系・301系)及び近郊型車両(113系・115系)…

京王電鉄 7000系

↑ 京王線系統初のステンレスカーとして登場した7000系。 7000系は、京王線系統用としては初のステンレスカーとして、1984年に登場、1996年までに190両が製造されました。6000系のマイナーチェンジ版で、車体寸法は基本的に6000系…

電気機関車(民間私鉄他)

秩父鉄道 秩父市にある武甲山などから産出される良質な石灰石の貨物輸送が盛んに行われ、デキ100形・デキ300形・デキ500形などの電気機関車の牽引によって運行が行われています。(デキ200形は貨物運用に入らず。) 主となるのは、秩父太平洋セ…