読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

TOP画面

旧ブログより、2012年に上毛電気鉄道を訪問したときのレポートをまとめ直して、本ブログに再掲載しました。 【活動記録】上毛電気鉄道(2012年4月) ※なお、写真は当日、現地の方に許可を得て撮影したものです。 ---------------------------------…

Column:鉄コレを集めたきっかけ。

↑ 鉄コレを集めるきっかけとなった銚子電鉄のデハ2両。 このブログでも多数投稿させて頂いていますが、鉄道コレクションは、2005年からトミーテックが発売しているディスプレイモデルの鉄道模型です。 自分が初めて鉄道コレクションを購入したのは、銚…

【活動記録】 上毛電気鉄道(2012年4月)その3

★旧ブログの過去の記事から、2012年4月30日に上毛電気鉄道を訪問したときの記事をまとめました。 「上毛電気鉄道(2012年4月)その2」の続き。 中央前橋駅で、列車が折り返し出発までの少し時間を使って、運転手さんがデッキブラシで運転席の窓…

【活動記録】 上毛電気鉄道(2012年4月)その2

★旧ブログの過去の記事から、2012年4月30日に上毛電気鉄道を訪問したときの記事をまとめました。 「上毛電気鉄道(2012年4月)その1」の続き。 大胡駅で1時間程度過ごした後、前橋中央行きの列車が来たので、これに乗り込み先に進むことにしま…

【活動記録】 上毛電気鉄道(2012年4月)その1

★旧ブログの過去の記事から、2012年4月30日に上毛電気鉄道を訪問したときの記事をまとめました。 2012年4月30日、群馬の上毛電気鉄道に遠征してきました。上毛電気鉄道は2回目の訪問になります。前回はただ前橋と桐生の間を乗り通しただけし…

東京メトロ

東京メトロ(正式名:東京地下鉄株式会社)は、2004年4月1日に東京地下鉄株式会社法に基づいて、かつての帝都高速交通営団の事業を継承した特殊会社で、9路線11系統/195.1km地下鉄路線を展開しています。路線のうち、銀座線と丸の内線は標…

東武鉄道 北関東 その9

東武鉄道佐野線の終着点、葛生駅の構内の様子です。 1面1線のホームと留置線3線を有していて、このうちホームから一番遠い留置線は非電化です。 この留置線とホームを利用して、特急「りょうもう」用の車両と終電で運用された普通列車が一晩留置され夜を…

【鉄コレ】 富山地方鉄道 14750形

14750形は、1948年に製造された、運輸省規格形の車両で、4両が製造されました。18m級2扉車で、吊り掛け駆動方式、登場時はモハ1500形2両とクハ1050形2両でMT編成となっていましたが、1951年にクハ2両が電装化されました。1…

東武鉄道 北関東 その8

写真は館林駅に停車中の850系です。 分かりにくいのですが、前面運転席の上部分にパンタグラフが設置されているのが見えます。 800系・850系は、既存の8000系8両編成の修繕工事の際、サハ2両を抜き、残った6両を3両編成2本に改造し、ワン…

東武鉄道 北関東 その7

東武佐野線、佐野駅に停車中の850系3編成による下り列車です。 佐野線は、館林駅と葛生駅を結ぶ22.1Km、全線単線のローカル線で、特急「りょうもう」号が朝の下り1本、夜の上り1本で設定され、浅草と葛生を結んでいますが、それ以外の列車は全て…

【鉄コレ】 富山地方鉄道 14710形

14710形は、元は名鉄3800系で、1967年から1969年にかけて14両が名古屋鉄道から富山地方鉄道に移籍しました。自社カルダン駆動車にさほど劣らぬ出力・自動加速制御装器と自動空気ブレーキを備え、当時の同鉄道他の車両より高性能であった…

東武鉄道 北関東 その6

東武の群馬北関東地域(館林以北)のローカル地域は、他形式車両も使用されていますが、基本的には、ほぼ8000系の独壇場です。 (別途記載しますが、800系・850系も8000系の仲間です。) これらの車両は、全て南栗橋車両管区館林出張所の所属…

国鉄/急行型・近郊形電車

国鉄/急行型・近郊形電車の写真は、房総地区で運用されていた晩年の113系のものが中心で、それ以外の形式は少ないのですが、順次整理してこちらに掲載します。 ・113系(房総ローカル地区) 管理者が旧サイトを開設した当初(2004年)はすでに横…

113系 概要

113系は、111系をベースに開発された直流用近郊型電車で、1963年に登場しました。両開き片側3ドアの近郊型電車としては、1960年に常磐専用として開発された401系、及びその姉妹車である421系が最初ですが、その直流専用型として196…

113系 房総ローカル線/(2011年引退)

↑ 晩年は房総地区のローカル列車用として2011年まで運用されていました 千葉・房総地区で活躍した113系は、主に1000番台・1500番台車と呼ばれる、東京地下駅乗り入れ用として増備されたグループでしたが、晩年には、東海道本線等からの転入し…

113系 快速 「白い砂」

↑ 朝の下り列車を土気で撮影。 快速「白い砂」のリバイバル運転は、2010年7月17日~8月8日までの土曜・休日に外房線経由で両国~館山(8月7日・8日は両国~勝浦)間で運転されました。幕張車両センターの113系6連が使用され、編成前後には以…

113系 湘南色リバイバル①

↑ マリ117編成+マリ62編成の湘南色による10両編成。2010年8月に撮影。 首都圏では最後まで残った房総ローカル地区の113系ですが、2009年の夏ごろから一部の編成が湘南色で運用されていました。湘南色になったのは、マリ117編成の4両…

113系 湘南色リバイバル②

↑ 茂原駅で折り返し運用のため停車しているところを撮影。 ↑ トイレを含む先頭車クハ111の後方部分。 ↑ パンタグラフは昔ながらのひし形です。 ↑ 手差しサボ受けが残っていました。 ↑ 湘南色どうしの併結です。 ↑ クハ113の・・・車番をメモし忘れまし…

【鉄道コレクション】 南関東ローカル私鉄

管理者の所有するトミーテック「鉄道コレクション」のうち、関東地方(南)のローカル私鉄の車両について整理して順次掲載します。 ・銚子電鉄 銚子駅-外川駅間を結ぶ6.4kmの私鉄で、開業は1913年(銚子-犬吠間)と古く、昔から小型の電車などが…

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ1001 鉄子塗装

デハ1002号機は、2007年11月から12月にかけて実施されていた全般検査で塗装変更が行われました。塗装変更は「鉄子の旅」のコミック版(特別版)発売記念のイベントの一環で、このコミックの原作者のデザインにより、車体上部・前照灯カバーがオ…

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ1002 丸ノ内線塗装

デハ1002は、2011年11月に、かつて使用されていた営団地下鉄丸ノ内線の塗装(赤色をベースに白のラインの入った色)に変更されました。同車両は、営団地下鉄時代は丸の内線の方南町支線で運用されていたそうで、今回このときの塗装に戻った形とな…

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ1001 銀座線塗装

デハ1001は、2012年に山吹色の銀座線カラーに塗装変更され、8月のイベントで初公開されました。この塗装は一般向けに募ったアンケートで最も多かった意見を採用したもので、現在も引き続きこの塗装で運用されていますが、老朽化により2016年3…

【鉄コレ】 銚子電鉄2000形

銚子電鉄2000形は、銚子電鉄と同じ600Vの鉄道線で運行され、京王3000系譲渡車による置き換えとなった伊予鉄道の800形電車2両4本をデハ2000形・デハ2500形として譲り受けたものです。銚子電鉄では、この車両の導入で既存の旧型車の…

JR東日本/一般形電車(首都圏)

↑ 2006年に登場したE233系は、JRグループで同一形式の最多配置車両数となりました。 【概要] 1987年の国鉄民営化後、首都圏では205系などの国鉄時代に設計された車両が引き続き増備されてきました。 1993年、209系が次世代の通勤形…

E235系 先行量産車

↑ E235系は、現在は先行量産車1編成のみが運用されています。 E235系は、E233系をベースに技術開発の成果を盛り込んだ次期通勤形電車の先行量産車で、2015年に製造されました。 6M5Tの11両編成ですが、10号車はサハ231形460…

E233系 概要

E233系は、E231系の後継型として2006年12月に登場した、JR東日本の通勤・一般用の標準型車両です。それまで運用されてきた通勤型の201系や203系・205系・209系や、近郊形の211系の置き換え用として、首都圏の主要路線に大量…

E233系 基本番台 中央快速線

↑ 快速運用で使用されるE233系。 233系が最初に投入されたのは中央快速線で、2006年12月から2008年3月にかけて投入され、それまで同線で活躍していた201系をすべて置き換えました。中央快速線用の10両固定編成(T編成)42本、6両…

E233系 1000番台 京浜東北線

↑ 京浜東北線へのE233系投入は、2007年12月に開始されました。 E233系1000番台は、京浜東北線・根岸線で運用されていた209系の置き換え用として、2007年9月からから2010年1月までの間に10両編成83本、計830両が製造さ…

E233系 2000番台 常磐緩行線

↑ 2000番台車は、地下鉄乗り入れ対応のためストレート車体・前面貫通形となっています。 E233系2000番台は、常磐緩行線の207系・207系900番台の老朽化に伴う置き換え用として、2009年5月に10両編成×1編成が営業運転を開始、翌…

E233系 3000番台 東海道本線・東北本線・高崎線他

↑ 2011年11月から翌年4月にかけて、田町車両センターに大量投入されたE233系3000番台。 E233系3000番台は同系列の近郊型として登場しました。基本編成が2階建てグリーン車2両を含む6M4Tの10両、付属編成が2M3Tの5両で、…

E233系 5000番台 京葉線

↑ 201系・205系などの置き換え用として京葉線に登場したE233系5000番台。 E233系5000番台は、京葉線の201系・205系・209系500番台の置き換え用とし2010年から2011年にかけてて増備された車両です。客室車内は10…

E233系 6000番台 横浜線

↑ 横浜線に導入されたE233系6000番台は、2014年2月に営業運転を開始しました。 233系6000番台は、横浜線用205系の置き換え用として2014年2月から同年8月までに8両編成28本(224両)が導入されました。他の路線に導入され…

E233系 7000番台 埼京線・川越線

↑ 埼京線・川越線用のE233系は、2013年6月末に営業運転を開始しました。 233系7000番台は、埼京線・川越線用205系の置き換え用として導入され、2013年6月30日より営業運転を開始しました。基本的には他路線にすでに導入されている…

E233系 8000番台 南武線

↑ 南武線用に導入されたE233系8000番台。 233系8000番台は、南武線のE233系置き換え用として2014年10月に登場、35編成210両が中原電車区に増備され、同区の205系や209系を置き換えました。0番台・5000番台の基本編…

私鉄電車/その他

【その他私鉄各社の概要と車両の動き】 1:つくばエクスプレスつくばエクスプレスは、秋葉原と茨城県のつくばを結ぶ58.3kmの路線で、最高速度130km/h(通常125km/h)の高速運転を行い、秋葉原-つくば間を最速45分で結んでいます。この…

つくばエクスプレス TX-1000系

↑ TX-1000系は、開業時に直流区間専用車両として導入されました。 TX-1000系は、つくばエクスプレス開業時に導入された車両で、2003年3月に先行試作車6両編成1本が登場、その後2004年3月から2005年1月にかけて量産車6両編1…

つくばエクスプレス TX-2000系

↑ TX-2000系はTX-1000系と同じく開業時より同路線の主力として運用されています。 TX-2000系は、TX-1000系同様、つくばエクスプレス開業時に導入された車両で、2003年3月に先行試作車6両編成1本が登場、その後2004年…

つくばエクスプレス TX-2000系 増備車

↑ TX-2000系の増備車(1次・2次)では、前面と側面にスカーレットの帯が追加されました。 TX-2000系は開業時までに6両編成16本(96両)が導入され運用を開始しましたが、その後全線で利用客が増加し輸送力増強が必要となったことから、…

相模鉄道 7000系 

↑ アルミ車体の採用された7000系。 7000系は1975年に登場した通勤形車両で、1985年までに80両が導入されました。 (1986年以降に増備された第12次車以降の7000系については、新7000系として区別し、別途掲載予定。) 車体は…

相模鉄道 新7000系

↑ デザインが大幅に変更された新7000系。 7000系のうち、1986年以降に増備された編成(第12次車以降)は、デザインが大幅に変更されたため、従来の7000系と区別するために新7000系と呼ばれ、1989年までに計60両が増備されました…

東京メトロ 05系③ 更新車

↑ 2012年度から始まった05系の更新工事。第18編成は2014年に実施されました。 05系のうち、4次車以降のワイドドア車については継続使用するため更新工事が順次実施されています。この更新工事は、通常では24年目行われるB修工事と呼ばれる…

ディーゼルカー NDC

↑ 2012年以降いすみ鉄道に導入された新型気動車はすべてNDCによるものです。 最近、特に第三セクター系のローカル線(元国鉄・JRの特定地方交通線から転換された鉄道)などで導入される新型車両では、NDCを採用したものを多く見かけます。 【概…

JR東海 キハ11形 100番台

↑ JR東海の非電化ローカル線用として登場したキハ11。 キハ11形は、国鉄から継承したキハ30系・キハ58系などの置き換えと、ワンマン運転の拡大用として、JR東海が非電化地方交通線向けに増備したティーゼルカーで、1989年に登場しました。新…

山形鉄道 YR-880形

↑ 現在山形鉄道は、YR-880形1形式のみで運用されています。 山形鉄道のYR-880形は、新潟鉄工所製の軽快気動車(NDC)で、1988年の開業時に6両が導入され、1990年に2両が増備されました。18m級車体の両運転台車で、エンジンはD…

会津鉄道 AT500形・550形

↑ 2011年2月に塗装変更が行われたAT501。 会津鉄道開業時の在来車両老朽化の置き換え用として2004年3月に登場したのが、AT500形、及びAT550形です。両車は基本的に同一ですが、トイレなしがAT500形・トイレ付きがAT550形…

東京メトロ 05系②

↑ 1999年以降に増備された05系では、大幅な設計変更が実施されました。 05系は、5年のブランクを経て1999年から再び増備が再開された8次車以降では、全面的に設計変更が実施され、別形式とも思えるスタイルで登場しました。前面は、縦曲線を主…

東京メトロ 05系①

↑ 05系は、5000系の置き換え用として登場しました。 05系は、老朽化した5000系の代替用として1988年に登場した形式で、10連43編成(430両)が東西線に導入されました。最終的には、さらに40両が新製され、最後まで残っていた500…

東武鉄道 北関東 その5

逆光の条件のところを無理に撮った、へたっぴな写真で恐縮ですが、スカイツリートレインです。 スカイツリートレインは、栃木や群馬から東武鉄道を利用してスカイツリーを見に行こうというコンセプトの為か、午前中は上り列車、夕方は下り列車のような時間設…

【鉄コレ】 銚子電鉄 3000形

銚子電鉄3000形は、元伊予鉄道700系で2016年3月に営業運転を開始しました。 伊予鉄道700系は、1987年から1994年にかけて京王帝都電鉄から5000系が譲渡されたもので、伊予鉄道入線の際、台車の交換や軌間変更、駆動方式の変更(吊…

【鉄コレ】 流山電鉄 1300形 あかぎ

総武流山電鉄1300形は、元西武鉄道551系で1961年から1962年にかけて導入されました。このうち、晩年多摩川線で2両編成で運用されていた558編成(クハ1659+クモハ558)は、同鉄道で廃車となり1987年にそのまま総武流山電鉄に…