CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

2017-07-20から1日間の記事一覧

【鉄コレ】  42系身延線 クモハユニ44/クハ68

鉄コレから発売された国鉄42系身延線セットAでは、クモハユニ44800+クハ68019の2両が製品化されています。クモハユニ44800は、1934年にモハユニ44のトップナンバーとして製造され、横須賀線で使用されました。その後、1956年…

【鉄コレ】 51系・32系身延線 クモハ51/クハ47

鉄コレから発売された国鉄51系・32系身延線セットBでは、クモハ51818+クハ47055の2両が製品化されています。クモハ51818は、半流線の3扉セミクロスシート車のモハ51018として、1936年に汽車製造で新製され、中央線東京口で…

【鉄コレ】 51系福塩線 クモハ51/クハ68

鉄コレから発売された国鉄51系福塩線セットAでは、クモハ51043+クハ68038の2両が製品化されています。クモハ51043は、51系モハ51043として1、またクハ68038は51系クハ68008としてそれぞれ1937年に川崎車両で製…

【鉄コレ】 51・40系飯田線 クモハ54/クハユニ56

鉄コレから発売された国鉄51・40系飯田線セットAでは、クモハ54006+クハユニ56003の2両が製品化されています。うちクモハ54006は、51系グループに属し、当初はモハ54006として1940年に汽車会社で製造されました。モハ54…

【鉄コレ】 40系宇部・小野田線 クモハ41/クハ55

鉄コレから発売された国鉄40系宇部・小野田線セットAでは、クモハ41031+クハ55009の2両が製品化されています。クモハ41は、モハ41として1932年以降製造された、3扉ロングシート車です、運転台側前面の形状が初期車は平妻形、後期車…

【鉄コレ】 70系 中央本線/スカ色

国鉄70系型電車は、1951年以降製造された、中距離用(近郊型)電車で、前年に登場した80系に準じた設計でありながら、通勤・通学輸送に対応したセミクロスシート・3扉車として横須賀線や関西地区などで活躍した車両です。鉄道コレクションでは、ス…

【鉄コレ】 70系 新潟色

1962年に上越線の長岡-新潟間が電化されると、関西地区の70系が新潟地区に転属し、その後横須賀線などからも順次転属が進み、同地区のローカル輸送に使用されました。配属は長岡第二機関区(長岡運転所)で、上越・信越線などで活躍、外装は、豪雪地…

【鉄コレ】 52系 1次車スカ色

飯田線で活躍した、クモハ52+モハ48の4連、旧型電車の中でも異色の流線型車体で特に人気のあった車両ですが、元は、京阪神間の急行用として1936年に登場した、モハ52系グループです。 モハ52系グループのうち、初期車となる流線型の編成は、1…

中央総武緩行線 その4

E231系の6扉車です。 首都圏への6扉車本格導入は、確か205系時代の山手線が始まったと思いますが、埼京線・京浜東北線・中央総武緩行線の他、東急田園都市線や東京メトロ日比谷線(5扉車)などに広まりました。 しかしながら、京浜東北線と埼京線…