CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

2018-03-17から1日間の記事一覧

【鉄道コレクション】 信州・甲州私鉄

管理者の所有するトミーテック「鉄道コレクション」のうち、中部(信州・甲州)地方の私鉄車両について整理して順次掲載します。 長野電鉄 長野駅-湯田中駅間(33.2km)を結ぶ路線(長野線)を持つ会社で、かつてはこのほかに河東線の一部(信州中野…

【鉄コレ】 長野電鉄 モハ1003

長野電鉄モハ1003は、1948年から製造された運輸省規格の 17m級2扉車で、翌1949年までに1001〜1006が製造されました。 1954年にモハ1001・モハ1003がクハ1050形になり、その分番号が詰められた為、モハ1005がモ…

【鉄コレ】 長野電鉄 10系新OSカー

長野電鉄10系は、半鋼製車の置き換えと長野-善光寺下間の地下鉄化に伴うA-A基準車の増備用として、1980年に2両編成1本のみが導入されました。 先代の0系(OSカー)から設計が変更された部分も多く、これと区別するために新OSカーとも呼ばれ…

【鉄コレ】 長野電鉄0系

長野電鉄0系は、ラッシュ時の混雑緩和を目的として、1966年に2両編成2本が導入されました。 車体は20m級で、客用扉は1300mm両開きを片側4扉となり、前面は日本で初めてFRPが採用されました。 塗装は、警戒色の意味も兼ねて赤2号のクリ…

【鉄コレ】 長野電鉄 2000系 A編成リンゴ色

長野電鉄2000系は、当時増加していた観光需要に対応する特急用車両として、1957年3月に登場しました。車体は、名古屋鉄道5000系を参考に設計され、モノコック構造の18m級タマゴ型2扉車、室内はセミクロスシート仕様で、クロスシート部分は…

【鉄コレ】 長野電鉄 2000系 A編成茶色

長野電鉄2000系のA編成は、リンゴ色が第5弾で一度モデル化されましたが、その後、茶色バージョンがオープンパッケージで発売されました。引退寸前の状態を製品化したため、第5弾では非冷房となっていましたが、こちらでは冷房化されています。マルー…

民間私鉄一般形気動車

民間私鉄の気動車をこちらに掲載します。 関東の私鉄が中心となります。 旧サイトで掲載していた記事も順次移行予定です。 山形交通 会津鉄道 ひたちなか海浜鉄道 鹿島臨海鉄道 鹿島鉄道 キハ601 キハ532 キハ432 関東鉄道 小湊鉄道 キハ5800 …

【鉄コレ】 長野電鉄 2000系 D編成リンゴ色

長野電鉄2000系のD編成です。晩年のリンゴ色に変更された以降の仕様で製品化されています。リンゴ色は、第5弾でA編成がモデル化されましたが、それとは異なり、こちらはスカートを履き、屋根の上にはクーラーも載せています。 ↑ モハ2007 ↑ サハ2…

【鉄コレ】 上田丸子電鉄 モハ4255

モハ4255は、かつて上田丸子電鉄(現:上田電鉄)の路線である、真田傍陽線(さなだそえひせん:1972年廃止)で使用されていた車両です。元は1930年に製造された鶴見臨海鉄道モハ110形で、このうちモハ114・115(元:国鉄モハ1500…

山形鉄道 YR-880形

↑ 現在山形鉄道は、YR-880形1形式のみで運用されています。 山形鉄道のYR-880形は、新潟鉄工所製の軽快気動車(NDC)で、1988年の開業時に6両が導入され、1990年に2両が増備されました。18m級車体の両運転台車で、エンジンはD…

【鉄コレ】 上田交通 モハ4257

モハ4257は、元はクハ250形251で、1955年に富士急行モハ501の旧車体に国鉄長野工場で捻出した台車を合わせて投入されました。クハ251は、1963年に750V・1500Vの複電圧車として電装化され、すでに存在した同社車両の続番で…

会津鉄道 AT500形・550形

↑ 2011年2月に塗装変更が行われたAT501。 会津鉄道開業時の在来車両老朽化の置き換え用として2004年3月に登場したのが、AT500形、及びAT550形です。両車は基本的に同一ですが、トイレなしがAT500形・トイレ付きがAT550形…

会津鉄道 AT600形・650形

↑ AIZUマウントエクスプレス号の運用で電化区間に乗り入れるAT600/650形。 AT600形・AT650形は、2005年にAT600形が1両、AT650形が2両の計3両が導入されました。従来車の置き換え用としての増備ですが、将来の野岩鉄…

【鉄コレ】 上田交通  モハ5250型

モハ5250形は、1928年に日本車輌製造で「ナデ200形」として201-203の3両が製造されました。 15m級の3扉両運転台の丸屋根半鋼製車で、床下には木造車同様に台枠中央の垂下を防ぐためのターンバックル付きのトラスバーが組まれ、屋根に…

会津鉄道 AT700形・750形

↑ 2010年5月から営業運転を開始したAT700/750。 AT700形・AT750形は、キハ8500の置き換え用として製造された車両で、AT600/650を基本に内装が変更されました。車体は普通鋼製で18m・2扉・両運転台で、AT750が車…

【鉄コレ】 上田電鉄7200系

上田交通(現:上田電鉄)7200系です。 元東急7200系で、1993年に2両編成5本が導入されました。 冷房化は東急時代に実施済みで、上田入りの際に暖房能力強化と車番変更がおこなわれました。 1997年にはワンマン化改造が実施され、2005…

【鉄コレ】 富士急行 モ1形 モ1   

モ1形は、富士急行の前身である富士山麓電気鉄道が1929年に開業(現在の大月線)した際に日本車輛製造で新造された車両で、モ1-5の5両が登場しました。 全長15m級、前面非貫通の両運転台・電動車で、当初はパンタグラフが2基装備されていました…

ひたちなか海浜鉄道 キハ37100

↑ キハ37100形は2010年からアニマルトレイン塗装となっています。 キハ37100形は、キハ3710形と同じく茨城交通時代に自社発注された車両で、2002年に1両のみが登場しました。 基本的にはキハ3710形と同一ですが、ブレーキの二重…

【鉄コレ】 富士急行 7000系

7000系は、17m級の旧型国電で、1982年11月まで富士急で活躍していましたが、その後小田急2200形(富士急行5700形)の転入により、廃車となりました。 このうち、モハ7032は、旧モハ32系のクモハ14型(14009)で、もう1両…

鹿島臨海鉄道 6000形

↑ 1985年に登場した6000形は老朽化が進み、今後は8000形に順次置き換えとなる予定です。 6000形は、大洗鹿島線の開業に合わせて、1985年に登場しました。当初は6両が導入されましたが、その後も輸送力増強や2000形の置き換えを目的…

【鉄コレ】 富士急行 3100系

富士急3100系は、1956年(昭和31年)に新製された同社の新性能電車で、日本初の狭軌用WNカルダン駆動車です。なお名前の3100系は、昭和31年に登場したことに由来するそうです。車体は、長さが19、350mm、幅が2,800mmとなり…

関東鉄道 キハ0形

↑ キハ0形は、キハ310形の増備車として1982年に登場しました。 キハ0形は、キハ310形の増備車として登場した車両で、1982年から1984年にかけて2両編成4本(8両)が導入されました。 国鉄キハ20系気動車の床下機器を流用し、新製さ…

関東鉄道 キハ2100形

↑ キハ2100形は、同鉄道31年振りの完全新製車として1993年に登場しました。 キハ2100形は、常総筑波鉄道時代の1963年に導入したキハ900形以来、31年振りの完全新製車として、1993年に登場、1996年までに12両が導入されまし…

【鉄コレ】 富士急行 5000系

富士急5000系は、1975年に3100形の事故廃車補充用として2両編成1本が日本車両で製造されました。 高運転台、両開き2扉の20m級車体で、2両固定編成、冷房装置は新造時から屋根上に分散式クーラーを4基搭載し、富士急初の冷房車となりまし…

【鉄コレ】 富士急行 5700系

富士急5700形は元は小田急の2200系グループ(2200形・2220形・2300形・2320形)で、富士急行線には1982年から1984年にかけて入線しました。 富士急に入線した際、小田急時代のATSと列車無線の撤去、スノープローの取り付…

【鉄コレ】 富士急行 5700系(2枚窓)

富士急5700系は、1954年から1959年にかけて小田急から譲渡され増備された車両ですが、うち1編成(5707F編成)のみは元2200形であったため、他の車両と異なり、前面が2枚窓の非貫通形となっていました。(他の車両は3枚窓の貫通形) …

【鉄コレ】 富士急行 1000系

富士急1000系は、元京王帝都電鉄5000系で、1993年に登場しました。種車は、基本的に1M方式の京王5100系カルダン駆動車ですが、最後の1編成(1208編成)は5000系の制御車を電装化しています。 座席は、京王時代のロングシートをそ…

【鉄コレ】 アルピコ交通 3000系

3000系は、元京王電鉄井の頭線用の3000系で、1999年から2000年にかけて2両編成4本(8両)が導入されました。 8両すべてが中間車からの改造車で、2両編成中1両は電動車の1M方式。 制御方式は界磁チョッパ制御ですが、変電所容量の都…

【鉄コレ】 松本電気鉄道 モハ103

松本電気鉄道のモハ103は、同社のモハ10形に属し、かつて上高地線で使用されていました。モハ10形は、相棒のクハ10形とともに、1958年から1964年にかけて、老朽化した木造車の車体更新により製作。このうち、モハ103は、1959年にデ…

【鉄コレ】 明知鉄道 アケチ1形

アケチ1形は、同鉄道が1995年に開業した際に導入された軽快気動車で、5両が導入されました。 バスの設計を取り入れた富士重工製のLE-Carシリーズ(レールバス)で、急勾配区間に対応するため2軸駆動式とされましたが、軽量化を図るために冷房装…