CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

0-2:新規記事未整理分

【鉄コレ】 101系

国鉄101系は、1957年に登場した通勤型電車で、登場時は90系という形式でしたが、1059年の形式称号改正に伴い101系となりました。国鉄電車とした初の中空軸平行カルダン駆動方式を採用するなど、「新性能電車」のはりりとなった形式です。 全…

東京メトロ 7000系② 副都心線対応

↑ 7000系の副都心線対応工事は2007年より実施されました。 東京メトロ副都心線は2007年6月に開業しましたが、同線ではATO装置によるワンマン運転が導入される他、各駅にはドアホームが設置されることから、2007年度から、これに対応する…

遠州鉄道 30形

↑ 同鉄道で最後の吊り掛け駆動車となった30形、モハ25-クハ85編成 遠州鉄道30形は、旧型車の代替えを目的として、1958年から1980年までの間に30両が導入されました。全車とも2扉のロングシートで、前面デザインが最終増備車を除いて2枚…

キハ30-62 いすみ鉄道保存車

↑ 久留里線で引退後、すぐにいすみ鉄道に引き取られたキハ30-62。 キハ30-62は、元JR東日本の車両で、現役時代は幕張車両センター木更津派出所に所属し久留里線で運用されていました。2012年12月にキハE130系に置き換えられ引退となり…

【鉄コレ】 105系 桜井線・和歌山線(冷房改造車)

奈良・和歌山線用の105系は、1984年の電化開業時に登場しましたが、当時は国鉄改革により設備投資が抑制されていたことからローカル地区向けの車両が新製できず、203系の導入で常磐線から捻出された103系1000番台車などを転用・改造して導…

京成電鉄 3300形 リバイバル塗装/ファイヤーオレンジ (2013年3月引退)

↑ リバイバル塗装の第3弾として登場したファイヤーオレンジ編成。 バイバル塗装第3弾のファイヤーオレンジは、2009年の秋に登場しましたが、なかなか出会う機会がなく、翌年の4月にやっと撮影することができました。千葉線~ちはら線で運用されている…

京成電鉄 3300形 リバイバル塗装/赤電 (2013年3月引退)

↑ リバイバル塗装第2弾として、3324編成が「赤電」塗装となりました。 3356編成の青電塗装に続き、3324編成が「赤電」塗装として8月に宗吾工場を出場し、2009年8月から2013年3月まで運用されていました。 写真は、2009年9月1…

静岡鉄道 A3000形

↑ 老朽化した1000形の置き換え用として登場したA3000形。 A3000形は、老朽化した1000系の置き換え用として導入された車両で、形式の前に「新たな活性化」などの意味を込めた「A」が加えられました。 車体はJ-TREC製の最新技術「s…

京成電鉄 3300形 リバイバル塗装/青電(2013年2月引退)

↑ 青電塗装となった、3300形3356編成。 「京成電鉄創立100周年」イベントの一環として、3300形の3356編成は2009年6月以降、かつての標準色(車体が緑の濃淡の、いわゆる青電色)に塗装変更され、2013年2月に廃車になるまでこの…

京成電鉄 3300形(2015年2月引退)

↑ 全車4両編成化後もしばらくは千葉線などで運用を続けていました。 3300形は1968年から1972年までに54両が製造されました。いわゆる「赤電」と呼ばれたグループでは最終の形式になります。当初は、全電動車の4両編成として製造されました。…

上毛電気鉄道 デハ104

↑ 現在大胡駅で静態保存されているデハ104。イベント開催時に公開されます。 1928年の路線開業時には、川崎車両製としてデハ101~104とデハニ51・52の系6両が製造され、導入されました。1952年~1956年の間に実施された更新工事で…

【鉄コレ】 京浜急行電鉄 230形

京浜急行電鉄の230形が、1930年に湘南電気鉄道の開業時にデハ1形として25両が製造されたのがその始まりで、相互乗り入れ先である京浜電気鉄道も含めて、その系列(湘南電気鉄道デ26形、京浜電気鉄道デ71形、デ83形、デ101形)計55両が…

【鉄コレ】 キハユニ15-6

鉄道コレクション第22弾では、キハユニ152の他に、キハユニ156も同時に製品化されました。 このキハユニ156は、同じキハ09からの改造車ながら種車の違いからキハユニ15-2と異なり、前面は湘南窓ですがウィンドウヘッダがなく、上段固定式の…

C11-207 会津若松駅へ(2017年7月)

↑ 鬼怒川線での運用開始のアピールのため、会津若松入りを果たしたC11-207号機 2017年7月8日、東武鉄道鬼怒川線で8月10日より運用を開始するC11-207号機が、会津若松駅に展示され、その姿を披露していました。 途中、13時35分ぐ…

【鉄コレ】 大井川鉄道 クハ512/モハ312

大井川鉄道のクハ512/モハ312は、ともに元西武鉄道の351系で、西武鉄道から大井川鉄道へ1977年に譲渡された4両のうちの2両です。 (クハ512は、元クモハ364、モハ312は元クモハ366で、1956年に西武所沢工場で製造されました…

【鉄コレ】 富士急行 7000系

7000系は、17m級の旧型国電で、1982年11月まで富士急で活躍していましたが、その後小田急2200形(富士急行5700形)の転入により、廃車となりました。このうち、モハ7032は、旧モハ32系のクモハ14型(14009)で、もう1両…

【鉄コレ】 キハユニ16-10

キハユニ16(キハユニ44100)は、1956年から1957年にかけて電気式試作車だったキハ44100の改造により10両が導入されました。 当時、客車列車の気動車化が進み、客車列車に郵便車や荷物車を連結して輸送していた郵便小荷物輸送を気動車…

【鉄コレ】 キハユニ15-2

キハユニ15はキハユニ16(登場時はキハユニ44100)に続き、1956年に登場、既存車の改造により19両が増備されました。 3扉車からの改造となったため、各扉を荷物室用扉・郵便室用扉・客室用扉と割り振り、荷物室と郵便室の分室化が図られ、キ…