CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

02:新規記事未整理分

【鉄コレ】 42系身延線 クモハユニ44/クハ68

鉄コレから発売された国鉄42系身延線セットAでは、クモハユニ44800+クハ68019の2両が製品化されています。 クモハユニ44800は、1934年にモハユニ44のトップナンバーとして製造され、横須賀線で使用されました。 その後、1956…

【鉄コレ】 弘南鉄道 6000系

弘南鉄道の6000系は、もと東急6000系で、7000系と同時期の1988年から1989年にかけて東急から弘南鉄道に譲渡されました。 製造は1961年で、東京急行電鉄としては5200系に続くセミステンレス車体が採用され、オールM車・MM’ユ…

HB-E210系

↑ HB-E210系は、2015年に「仙台東北ライン」に導入されたハイブリッド車両です。 HB-E210系は2015年5月に営業運転を開始した「仙台東北ライン」で運用されている車両で、直流区間の仙石線と交流区間の東北本線を直通することから、環…

205系3100番台 仙石線

↑ 東北地方ながら直流電化となる石巻線では。2002年以降205系が運用されています。 仙石線用の205系は、老朽化した103系を置き換える為に2002年から2004年にかけて、2M2Tの4両編成19本(76両)が導入されました。 全車、山手…

【鉄コレ】 121系

121系は1987年の予讃本線高松-坂出間・多度津ー観音寺間・土讃本線多度津―琴平間の電化開業に合わせ、2両編成19本(38両)が製造されました。 車体は205系や207系900番台に準じた軽量ステンレス車体で、側面は片側3扉の配置とされ、…

E331系

↑ 連接構造やDDMの検証のために1編成のみが製造されたE331系。 E233系は、E993系で開発された連接構造や直接駆動電動機(DDM)のメンテナンス性や量産時の課題を検証するために製造された量産先行車で、2006年に1編成のみ製造されま…

【鉄コレ】 213系 

213系0番台車は、岡山電車区の115系老朽化車両置き換え用として国鉄末期に3両編成8本が製造されました。 車体は211系同様のステンレス製軽量車体で、前面も211系に準じたデザインとFRP構造ですが、側面は117系100番台同様に全長20…

E501系

↑ いわき駅で停車中のE501系基本10両編成。 E501系は、常磐線の取手以北・土浦までの混雑緩和を目的として、209系をベースに開発、投入されました。 そのため、車体デザインや室内なども209系に準じたものとなりましたが、直流型の209系…

【鉄コレ】 クモユニ147-1

クモユニ147は、1983年に飯田線の新性能化に伴い導入された郵便・荷物合造車で、101系電車から5両が改造されました。 車体はクモハ143形に準じていますが、足回りは145系のシステムに勾配抑速ブレーキを追加したもので、台車や主制御器、主…

2019年 新年ご挨拶

新年 明けましておめでとうございます。 本年も、当ブログをマイペースで運営いたしますので、引き続きよろしくお願いいたします。 写真は、先日常磐線勝田駅で撮った安中貨物列車です。 真っ赤な機関車に赤茶色の専用貨車は非常に似合います。 2019年元…

【鉄道車両基礎講座】 その15  抵抗制御

↑ 現在も西武鉄道に残る101系が抵抗制御方式です。(写真は263編成) 前回までは、近年まで電気車(電車や電気機関車)の主電動機として標準的に使用されてきた直流電動機について、説明しました。 今回からは、その直流電動機の速度制御などについて…

【鉄コレ】 一畑電気鉄道 3000系

3000系は1962年に帝国車両で製造された、元南海鉄道のズームカー・21000系です。 一畑電鉄では、1996年12月にモーター付き8両を譲り受けてワンマン化改造を施し、翌年2月から2両編成4本が営業運転を開始しています。 編成は、デハ3…

E653系 国鉄特急色

↑ たまたま訪問中の勝田駅で、試運転中のE653系特急色と遭遇 新潟車両センターのE653系U108編成(いなほカラー)が秋田総合車両センターで検査及び塗装変更を行い、国鉄特急色となり出場しました。 2018年11月に転属先の勝田電車区まで羽…

【鉄コレ】 クモユニ143-1

クモユニ143は、身延線の新性能化用として、1981年に4両が新製され沼津機関区に配置されました。 1985年に3月に身延線の郵便・荷物輸送が廃止になると、クモユニ143は全車長岡運転所に転属し、同区の旧型車両を置き換えました。 その後、1…

【活動記録】高碕遠征(2017年8月)その2

★当ブログの過去の記事を再編集し、2017年8月に高碕地区を訪問したときの記事をまとめました。 「高碕遠征(2017年8月)その1」からの続きです。 午前中、高崎〜前橋間で211系などを撮った後、高崎から上信電鉄に乗りました。 上信電鉄には、…

【活動記録】高碕遠征(2017年8月)その1

★当ブログの過去の記事を再編集し、2017年8月に高碕地区を訪問したときの記事をまとめました。烏山線や宇都宮線を遠征した翌日、今度は高崎方面に出撃しました。 高崎駅に着くと、すぐにD51がホームに入ってきました。 今回は、これがお目当ではあり…

【鉄コレ】 一畑電気鉄道 2100系

一畑電気鉄道2100系は、京王帝都電鉄5000系を譲り受け、京王重機整備にて改造した車両で、1994年から1995年にかけて2連×4本の8両が導入されました。 編成はデハ2100+デハ2110形の2連で、車体は18m級3扉車の普通鋼製ですが…

E217系

↑ 横須賀・総武快速線用として活躍するE217系 E217系は、総武・横須賀線で使用されていた113系を置き換える目的で計画された車両で、1994年12月のダイヤ改正より投入、1999年11月までに基本編成51本、付属編成46本の計745両が…

【鉄コレ】 51系福塩線 クモハ51/クハ68

鉄コレから発売された国鉄51系福塩線セットAでは、クモハ51043+クハ68038の2両が製品化されています。 クモハ51043は、51系モハ51043として1、またクハ68038は51系クハ68008としてそれぞれ1937年に川崎車両で製…

【鉄コレ】 岡山臨港鉄道 キハ7002

岡山臨港鉄道キハ7002は、元は1955年に新潟鐵工所で製造された夕張鉄道キハ253で、全長20m級の総括可能な両運転台車です。 デビュー当時は両運転台車で、1962年に動力台車側の運転台が撤去され切妻形となり片運転台に改造されましたが、そ…

【特集】鉄道コレクション 第27弾

↑ 左から、東武5050系・西武401系・相鉄3010系です。 鉄道コレクション第27弾が発売されたので、早速購入しました。 今回のテーマは、日本の高度成長を支えた大手私鉄の車両シリーズということで、東武5050系・西武401系・相鉄3010…

【鉄コレ】 若桜鉄道 WT-3000形

若桜鉄道WT-3000形は1987年の同鉄道開業時に導入されたWT-2500形の更新・改造車で、3両が登場しました。 WT-2500形は、新潟鐵工所製のNDCシリーズで、4両が導入されました。 基本仕様は秋田内陸縦貫鉄道AN8800形と共通…

【鉄コレ】 一畑電気鉄道 デハニ52

一畑電気鉄道デハニ50型は、1928年から1929年にかけて4両(デハニ51-54)が製造された、同鉄道の自社発注車で日本車両製造で製造されました。 1927年に導入されたデハ1形をベースとしていますが、デハ1形とは異なり、客用扉は2ヵ所で…

真岡鐵道 C11-325 その3(2018年9月)

↑ 給水や点検整備を終え、上り列車の運用まで待機するC11-325号機。 SLもおか号は、下り列車が12:06に終点の茂木駅に到着し、折り返しの上り列車は14:26に同駅を出発します。 列車は2時間半ほど茂木駅に滞在しますが、その間に機関車は…

真岡鐵道 C11-325 その2(2018年9月)

↑ 茂木駅で機回し中のC11-325 真岡駅でSLもおか号を見送った後、後続の列車で追いかけましたが、終点の茂木駅に到着したときはすでにC11は列車と切り離され、転車台による方向転換を終えて整備中でした。 しばらく茂木駅で待機し、C11の機回…

真岡鐵道 C11-325 その1(2018年9月)

↑ SLもおか号の先頭に立つC11-325 2018年9月に真岡鐵道を訪問しました。 真岡鐵道は1988年にJR東日本の真岡線の運営を引き継いだ第三セクターのローカル鉄道で、1994年以降に運用を開始した「SLもおか号」で有名な路線です。 牽引…

【鉄コレ】 同和工業片上鉄道 キハ300

片上鉄道のキハ300形は、旧国鉄のガソリンカーキハ04系の払い下げ車で、1950年から1959年の間に合計4両が入線しました。 当初はガソリンエンジン(GMF-13)でしたが、その後ディーゼル化(DMF-13)され、社内のロングシート化やシ…

E257系

↑ E257系は、中央本線の「あずさ」「かいじ」用として2001年に登場しました。 E257系は、「スーパーあずさ」用としてE351系が投入された以降も残り、老朽化が進んでいた中央本線「あずさ」「かいじ」用183系・189系の置き換え用として…

D51-146

↑ 真岡キューロク館に保存中のD51-146。 D51-146号機は、1938年に日本車輌製造で新製され札幌局に配置、現役時代は追分・長万部・小樽・岩見沢など北海道各地で活躍し、1975年に引退となりました。 廃車後は静岡市内の城北公園に静態…

【鉄コレ】 105系 福塩線

105系は1981年に福塩線及び宇部・小野田線用の旧型電車置き換え用として登場した車両で、福塩線用に24両、宇部小野田線用に36両が新製配置されました。 車体の基本構造は103系に準じたものですが、先頭車の前面は踏切事故を考慮し強化され運用…