CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

02:新規記事未整理分

【鉄コレ】 クモヤ145-4

クモヤ145は、1980年に登場した直流電化区間用の牽引車で、101系の改造名義で主電動機や電動発電機・台車などを流用して製作されました。 その際、車体は新製され、クモヤ143とよく似た貫通型の高運転台・1,800mmの両開き扉が片側1か所…

関東鉄道 DD502

↑ かつて常総線で貨物列車などを牽引し活躍していたDD502です。 関東鉄道DD502は、常総筑波鉄道時代に自社発注で導入されたディーゼル機関車で、1956年に日本車輌製造で新製されました。 車体は凸型車体で、運転室が中心にない「セミセンター…

【鉄道車両基礎講座】 その16  直並列組み合わせ制御

↑ 国鉄183系・189系も抵抗制御車。直並列組み合わせ制御も併用していました。 前回は抵抗制御について説明しました。 抵抗制御では、架線から主電動機に至る電気回路に抵抗を入れて電圧を抑制していますが、これにより生じた余分な電力は熱となり捨て…

【鉄コレ】秋田内陸縦貫鉄道 AN8800形

秋田内陸縦貫鉄道のAN8800形は、暫定開業後から使用されていた国鉄からの借り入れ車キハ22形の置き換え用として1988年2月に登場し、全線開業を待たずに9両が製造されました。 NDRシリーズの車両で車体長は18.5m、基本仕様は同世代の若…

京浜急行電鉄 800形 ② リバイバル塗装

↑ 2016年にデビュー当時の塗装に戻された823編成 京浜急行電鉄800形の823編成は、デビュー当時のリバイバル塗装(窓周りが白い太帯)に変更され、2016年11月に京急ファインテックス久里浜工場を出場しました。 この塗装での運用は約32…

【鉄コレ】 山形鉄道 YR-880形

山形鉄道のYR-880形は、新潟鉄工所製の軽快気動車(NDC)で、1988年の開業時に6両が導入され、1990年に2両が増備されました。 18m級車体の両運転台車で、エンジンはDMF13HS(250ps)を搭載、冷房装置は機関直結式となって…

京浜急行電鉄 800形 ①

↑ 800形は、1978年に登場しました。 800形は、1978年に省エネルギーと経済性を追求し、普通列車用車両として登場しました。 車体は普通鋼製ですが、界磁チョッパ制御・電力回生ブレーキなど当時の最新技術が採用され、内装・外装のデザインも…

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ301/旧塗装

銚子電鉄のデハ301は、元は鶴見臨港鉄道~国鉄鶴見線で活躍していたモハ115で、1930年に製造されたものです。 1948年に鶴見線が昇圧され、働き場所を失うことになりますが、その後1951年に鉄道自動車で改造を受けて、銚子電鉄に入線しまし…

【鉄コレ】 津軽鉄道 キハ24000形

津軽鉄道キハ24000形は、1962年から1967年にかけて新潟鉄工所で4両(24021-24024)が製造されました。 基本設計が国鉄キハ20形・21形に準じたものとなっていますが、一段上昇窓となっているのが特徴で、津軽鉄道初の総括制御可…

千葉ニュータウン鉄道 9100形

↑ 千葉ニュータウン鉄道9100形は8両編成3本が在籍しています。 千葉ニュータウン鉄道9100形は、千葉ニュータウン中央~印西牧の原間の開業に合わせ、当時の都市整備公団が導入した車両で、1994年に8両編成×2本が登場し、2000年の印西牧…

【鉄コレ】 キハユニ15-2

キハユニ15はキハユニ16(登場時はキハユニ44100)に続き、1956年に登場、既存車の改造により19両が増備されました。 3扉車からの改造となったため、各扉を荷物室用扉・郵便室用扉・客室用扉と割り振り、荷物室と郵便室の分室化が図られ、キ…

東京都交通局 5300形

↑ 老朽化による5500形への置き換え・淘汰がすでに始まっている5300形 東京都交通局5300形は、老朽化した5000系の代替と北総開発鉄道(現:北総鉄道)開通に伴う輸送力増強用として、1991年に登場しました。 編成は8両固定で、制御機器…

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ501/旧塗装

デハ501は、元は近江鉄道で使用されたクハ23で、1948年に登場しました。 その後、同型のクハ25とともに上田交通(現:上田電鉄)に譲渡され、電装化されてモハ2321となりました。 当初は前面が非貫通でしたが、1962年に他の車両と編成を…

【鉄コレ】 同和鉱業小坂鉄道 キハ2100形

キハ2100形は、同和鉱業が小坂鉄道事業所向けに自社発注した車両で、1962年にから1967年にかけて日本車両で7両(キハ2101-キハ2107)が製造されました。同時期に製造された関東鉄道キハ800形とほぼ同様の形態を備えた車両ですが、…

【鉄コレ】 キハユニ16-10

キハユニ16(キハユニ44100)は、1956年から1957年にかけて電気式試作車だったキハ44100の改造により10両が導入されました。 当時、客車列車の気動車化が進み、客車列車に郵便車や荷物車を連結して輸送していた郵便小荷物輸送を気動車…

【鉄コレ】 羽後交通 キハ3

羽後交通キハ3は1957年に川崎車両で製造された横荘線用の液体式機動車です。 当時流行の前面がやや傾斜した2枚窓の湘南スタイルを持つ車両ですが、動力台車側には荷台を持っていたため、スタイルを崩しており、マニアの間では田舎湘南とも呼ばれていた…

205系600番台 宇都宮線

↑ 宇都宮線宇都宮以北で運用される205系600番台。 宇都宮線用205系600番台は、小山車両センターに4両編成12本が(48両)が配置され、そのうちE231系近郊タイプ等と同様の湘南色カラーの帯でラッピングされた8本(32両)が宇都宮線の…

【鉄コレ】 福島交通 7000系

福島交通7000系は、最近まで同鉄道飯坂線で活躍していた車両で、飯坂線の1500V昇圧の際に1991年に導入されました。 老朽化のため1000系に置き換えが進み、2019年春までに全車引退となります。 元東急の旧7000系で、制御装置は電動…

仙台臨海鉄道 SD55 103号機

↑ 仙台臨海鉄道のSD55103号機。震災後も生き残り、現在も運用されています。 仙台臨海鉄道SD55103号機は、1971年の同臨海鉄道開業に合わせて新製された、元DD551号機の改造機です。 同時期に新製されたDD55形の1・2号機の2両…

【鉄コレ】 弘南鉄道 3600系

弘南鉄道3600系は、元東急3600系で第二次世界大戦後の混乱期に戦災国電の払い下げを東京急行電鉄が受けて復旧した車両で、そのうちモハ3601+クハ3776が鉄道コレクションで製品化されました。 復旧の際、クハ3776は旧車の台枠のみを流用…

阿武隈急行 8100系

↑ 阿武隈急行8100系は、1988年の全線電化開業に合わせ導入されました。 阿武隈急行8100系は、1988年の全線電化開業に合わせて導入された車両で、日本車輌製造で2両編成9本(18両)増備されました。 阿武隈急行線は、JR東北本線への直…

【鉄コレ】 42系身延線 クモハユニ44/クハ68

鉄コレから発売された国鉄42系身延線セットAでは、クモハユニ44800+クハ68019の2両が製品化されています。 クモハユニ44800は、1934年にモハユニ44のトップナンバーとして製造され、横須賀線で使用されました。 その後、1956…

【鉄コレ】 弘南鉄道 6000系

弘南鉄道の6000系は、もと東急6000系で、7000系と同時期の1988年から1989年にかけて東急から弘南鉄道に譲渡されました。 製造は1961年で、東京急行電鉄としては5200系に続くセミステンレス車体が採用され、オールM車・MM’ユ…

HB-E210系

↑ HB-E210系は、2015年に「仙台東北ライン」に導入されたハイブリッド車両です。 HB-E210系は2015年5月に営業運転を開始した「仙台東北ライン」で運用されている車両で、直流区間の仙石線と交流区間の東北本線を直通することから、環…

205系3100番台 仙石線

↑ 東北地方ながら直流電化となる石巻線では。2002年以降205系が運用されています。 仙石線用の205系は、老朽化した103系を置き換える為に2002年から2004年にかけて、2M2Tの4両編成19本(76両)が導入されました。 全車、山手…

E653系 国鉄特急色

↑ たまたま訪問中の勝田駅で、試運転中のE653系特急色と遭遇 新潟車両センターのE653系U108編成(いなほカラー)が秋田総合車両センターで検査及び塗装変更を行い、国鉄特急色となり出場しました。 2018年11月に転属先の勝田電車区まで羽…

【鉄コレ】 51系福塩線 クモハ51/クハ68

鉄コレから発売された国鉄51系福塩線セットAでは、クモハ51043+クハ68038の2両が製品化されています。 クモハ51043は、51系モハ51043として1、またクハ68038は51系クハ68008としてそれぞれ1937年に川崎車両で製…

E257系

↑ E257系は、中央本線の「あずさ」「かいじ」用として2001年に登場しました。 E257系は、「スーパーあずさ」用としてE351系が投入された以降も残り、老朽化が進んでいた中央本線「あずさ」「かいじ」用183系・189系の置き換え用として…

東武鉄道 20050型

↑ 20000系シリーズの5扉仕様車となった20500型 20050型は、20000型のマイナーチェンジ車として1992年に登場、8両編成8本(64両)が増備されました。 車体は20000型同様の18m級オールステンレス製軽量車体ですが、乗り…