CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

1-1-1:電気機関車_JR

電気機関車(JR世代)

1987年のJR貨物発足時は、JR貨物は多くの種類の電気機関車を国鉄から継承しましたが、当時は景気拡大の傾向にあり、コンテナを中心とした貨物需要は増大し、将来に向けた新しい機関車と増備が緊急課題となっていました。 そのため、従来の国鉄形であ…

EF210/概要

↑ JR貨物の平坦路線向けの直流形電気機関車として登場した、EF210。 EF210は、従来の標準機として運用されてきたEF65形が登場後30年以上を経過し、老朽化が進み置き換えが必要となってきたことから、後継機として開発された、JR貨物の平…

EF210/試作機

↑ 1996年に登場したEF210の試作機。2005年に量産化改造が実施されています。 EF210の試作機(901号機)は、1996年3月に新製され、新鶴見機関区に配属、各種試験が実施されたのち、1997年8月に岡山機関区に転属しました。量産…

EF210/基本番台

↑ EF210の量産機は、1998年に登場しました。 EF210の量産機は、試作機での試験・運用を踏まえ、1998年7月登場しました。EF210形ではGTO素子を用いたVVVFインバータでかご形三相誘導電動機をシステムが採用されました。駆動装…

EF210/100番台①

↑ EF210の改良型となる100番台車は、2000年3月に登場しました。 2000年3月以降、EF210の100番台車が登場しました。従来機の改良型で、EF65形置き換えのために岡山機関区及び鶴見機関区に新製投入されましたが、2007年以降…

EF210/100番台②

↑ EF210の改良型となる100番台車は、2000年3月に登場しました。 EF210-100番台機のうち、109号以降に製造されたものは、パンタグラフが従来のPS22型からシングルアーム式のFPS-4型に変更されました。現在も増備中でかなり…

EF210/100番台③

↑ 蘇我駅構内で見かけた、EF210-121号機です。 蘇我駅駅構内でEF210-121号機が単機でパンタグラフを上げたまま待機いたので、ホームから撮影しました。 ↑ 側面には、「JFR」と「桃太郎」の大きなロゴが入っています。 ↑ 側面の様子① ↑ …

EH200 ①

↑ EH200の量産車は2003年から増備が開始されました。 EH200形は、中央本線などで運用されるEF64の置き換え用として設計され、2001年の試作機の登場・各種性能試験を経て、2003年より量産化されました。 EF64が従来重連で牽引…

EH200 ②

↑ 上越線で下り高速貨物列車を牽引するEH200-3号機。 各地で活躍するEH200形を紹介します。 ↑ 新潟貨物駅を出発し、東京方面に向かって信越本線を走行する、EH200-13号機牽引の貨物列車。 ↑ 甲府駅を通過する、EH200-21号機牽引…

EH200 ③

↑ EH200形は根岸駅でも見かけることができます。 根岸駅構内で運用中のEH200-14号機を撮影しました。 (撮影日は、2015年9月4日です。) ↑ EF210牽引の貨物列車に連結され回送されてきたEH200、根岸駅構内を移動中の様子。 ↑ …