CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

1-1-4:ディーゼル機関車_民間私鉄

ディーゼル機関車(民間私鉄他)

↑ 京葉臨海鉄道のKD601。 京葉臨海鉄道 蘇我駅を起点として、千葉~市原~袖ヶ浦の湾岸に広がる京葉臨海工業地域に沿って来北袖までの19.9kmの臨海本線と、市原分岐点-京葉市原駅1.6km、北袖分岐点-京葉久保田駅(2.3km)の路線を保…

京葉臨海鉄道 KD55-101

↑ 現在は廃車となっているKD55-101号機。 京葉臨海鉄道のKD55-101号機は、1974年にDD13タイプの55tセンターキャブ機で、10号機として製造されました。1991年にJR貨物大宮車両所でエンジンの更新工事が実施され、従来のD…

京葉臨海鉄道 KD55-102

↑ 自社発注車となったKD55-102 KD55-102号機は、DD13タイプの増備車として1992年に新潟鉄工所で新製されました。従来形車(エンジン更新車)の続番となりましたが、製造工程を簡略化するための直線的なデザインや、ひさし付きの角型…

京葉臨海鉄道 KD55-103

↑ 元国鉄DD13形のKD55-103号機。 京葉臨海鉄道のKD55-103号機は、元国鉄のDD13-346号機で、1967年に日本車両で製造されました。同鉄道には、国鉄貨物輸送の縮小により余剰となった関係で1985年頃に転入し、KD55-1…

京葉臨海鉄道 KD55-201

↑ 1995年に新潟鉄工所で製造されたKD55-201号機。 京葉臨海鉄道のKD55-201号機は、1995年に新潟鉄工所で新製されました。102号機の設計をベースとしながらも、運転室に冷房装置が設けられたことから、番号が200番台となりまし…

京葉臨海鉄道 KD601

↑ KD60形は、KD55形の後継形として登場しました。 京葉臨海鉄道のKD60形は、KD55形の後継形として登場した60tセンターキャブの機関車です。国鉄DD13形ディーゼル機関車をベースとしながらもエンジンは船舶用としても使用される、高回…

京葉臨海鉄道 KD602

↑ 京葉久保田駅を出発するKD602牽引のコンテナ列車。 京葉臨海鉄道のKD602号機は、1号機が登場した翌年の2002年に増備されましたが、1号機と異なり、ボンネット側面に通風口が設けられた他、運転室昇降用ステップの手すりの形状が変更され、…

京葉臨海鉄道 KD604

↑ KD60-4号機は2008年に登場しました。 京葉臨海鉄道のKD60-4号機は、2008年に増備されましたが、運転室昇降用ステップの位置が運転室寄りに変更となり、手すり形状やランボード上の機器配置が変更されています。 ↑ イベントでは、京葉…