CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

1-4-1:国鉄一般型ディーゼルカー

キハ40系

キハ40系は、キハ17・キハ20・格下げ使用されていたキハ55などの一般型気動車を置き換えるために1977年に登場し、1982年までにキハ40系グループとして888両が製造されました。車体は1975年に登場したキハ66・67に準じた幅広車…

キハ30-62 いすみ鉄道保存車

↑ 久留里線で引退後、すぐにいすみ鉄道に引き取られたキハ30-62。 キハ30-62は、元JR東日本の車両で、現役時代は幕張車両センター木更津派出所に所属し久留里線で運用されていました。2012年12月にキハE130系に置き換えられ引退となり…

国鉄一般型ディーゼルカー

国鉄型のディーゼルカーは、晩年東日本(首都圏近郊)や福島などで運用されていた車両を撮ったものを中心に掲載します。 キハ30系 キハ30は、晩年は久留里線で2012年まで活躍され、最後は旧国鉄色に戻され運用されていました。 その後、キハ20-6…

キハ30

↑ 久留里線で2012年12月まで活躍したキハ30。 キハ30は、国鉄型気動車の中では、最初で最後の通勤型車両となったキハ35系グループに属します。キハ35系は、都市近郊の人口増加に伴い、急速に増加した都市近郊「路線の輸送力確保も目的として、…

キハ30 久留里線 旧国鉄色 (リバイバルカラー)

↑ 2010年2月11日、「思い出トレイン」として旧国鉄色×2両で運転された列車を撮影しました。 久留里線用として木更津に配置されていたキハ30の3両は、2009年8月以降、順次久留里色から旧国鉄色(リバイバルカラー)に戻され、最後まで活躍し…

キハ35 902 (保存車両)

↑ 碓氷峠鉄道文化むらで保存されるキハ35‐901。 キハ35-900番台車は、国鉄初のオールステンレス車として登場し、当時ステンレス車製造の先駆者となっていた東急車両の製造により、1963年に10両が増備されました。これは、通勤型であるキハ…

キハ30 久留里線(旧久留里線塗装)

↑ 上総亀山駅で出発を待つキハ30。 キハ30は、久留里線では1960年から2012年12月まで使用され、他の路線での廃車・撤退が進む中、晩年では62・98・100の3両が幕張車両センター木更津派出に在籍し、活躍していました。この3両は、車体…