CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

12-7:JR東日本_一般形電車_ローカル

JR東日本/一般形電車(ローカル地区)

JR東日本の地方都市やローカル地区で活躍する近郊型・一般型車両のうち、実際に撮った形式を整理してこちらに掲載します。 まずは仙台地区と新潟地区ですが、仙台地区では従来運用してきた719系が老朽化のため淘汰され、2016年から2017年にかけ…

E129系

↑ キハE129系は、新潟地区の地域輸送用として2014年に登場しました。 キハE129系は、老朽化した115系の置き換えと第3セクター「えちごトキめき鉄道へ譲渡したE127系の補充用として、2014年に登場しました。 車体は20m級片側3扉…

701系 基本番台

↑ 701系は東北地方の客車列車などの置き換え用として導入されました。 701系は、東北地区の老朽化した客車列車等の置き換え、及びローカル地区輸送の効率化などを目的として、1993年に登場、以後増備が続けられ、総計268両が製造されました。 …

701系 100番台

↑ 701系100番台は、現在4編成のうち2編成が仙台地区で運用中です。 701系100番台は、基本番台の増備車で、1994年から1996年にかけて13両(2連×5編成・3連×1編成)が土崎工場で製造されました。 後部標識灯が基本番台に比べて2…

701系 1000番台/1500番台(仙台地区)

↑ 仙台地区で運用される701系1000番台・1500番台。 701系1000番台は、盛岡地区の客車列車と仙台地区の715系置き換え用として1994年から1996年にかけて94両が製造されました。 輸送量の大きい仙台地区での運用を考慮して4両…

701系1000番台/青森地区

↑ 八戸-青森間で運用されていた、701系1000番台。 701系1000番台のうち、盛岡地区・青森地区の客車列車置き換え用としては、2両編成31本が当時の盛岡客車区と青森運転所に配置され、ED75やEF81の牽引する50系客車などを置き換え…

E721系 0番台・1000番台

↑ 仙台地区を中心に活躍するE721系 E721系0番台車は、JR東日本仙台地区のローカル輸送で運用されていた、455系・417系・717系などの老朽化した鋼製車の置き換用として、2007年に登場しました。 E721系としては既に先行して1次…

EV-E301系 ACCUM

↑ 2017年3月のダイヤ改正以降、烏山線系統は全てEV-E301系により運用されています。 EV-E301系は非電化区間の環境負荷低減のために実用化された営業用蓄電池駆動電車です。 基本的には屋根上に集電装置(パンタグラフ)を持つVVVFイ…