CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

14-3:民間私鉄一般気動車

民間私鉄一般形気動車

民間私鉄の気動車をこちらに掲載します。 関東の私鉄が中心となります。 旧サイトで掲載していた記事も順次移行予定です。 山形交通 会津鉄道 ひたちなか海浜鉄道 鹿島臨海鉄道 鹿島鉄道 キハ601 キハ532 キハ432 関東鉄道 小湊鉄道 キハ5800 …

山形鉄道 YR-880形

↑ 現在山形鉄道は、YR-880形1形式のみで運用されています。 山形鉄道のYR-880形は、新潟鉄工所製の軽快気動車(NDC)で、1988年の開業時に6両が導入され、1990年に2両が増備されました。18m級車体の両運転台車で、エンジンはD…

会津鉄道 AT500形・550形

↑ 2011年2月に塗装変更が行われたAT501。 会津鉄道開業時の在来車両老朽化の置き換え用として2004年3月に登場したのが、AT500形、及びAT550形です。両車は基本的に同一ですが、トイレなしがAT500形・トイレ付きがAT550形…

会津鉄道 AT600形・650形

↑ AIZUマウントエクスプレス号の運用で電化区間に乗り入れるAT600/650形。 AT600形・AT650形は、2005年にAT600形が1両、AT650形が2両の計3両が導入されました。従来車の置き換え用としての増備ですが、将来の野岩鉄…

会津鉄道 AT700形・750形

↑ 2010年5月から営業運転を開始したAT700/750。 AT700形・AT750形は、キハ8500の置き換え用として製造された車両で、AT600/650を基本に内装が変更されました。車体は普通鋼製で18m・2扉・両運転台で、AT750が車…

ひたちなか海浜鉄道 キハ37100

↑ キハ37100形は2010年からアニマルトレイン塗装となっています。 キハ37100形は、キハ3710形と同じく茨城交通時代に自社発注された車両で、2002年に1両のみが登場しました。 基本的にはキハ3710形と同一ですが、ブレーキの二重…

鹿島臨海鉄道 6000形

↑ 1985年に登場した6000形は老朽化が進み、今後は8000形に順次置き換えとなる予定です。 6000形は、大洗鹿島線の開業に合わせて、1985年に登場しました。当初は6両が導入されましたが、その後も輸送力増強や2000形の置き換えを目的…

関東鉄道 キハ0形

↑ キハ0形は、キハ310形の増備車として1982年に登場しました。 キハ0形は、キハ310形の増備車として登場した車両で、1982年から1984年にかけて2両編成4本(8両)が導入されました。 国鉄キハ20系気動車の床下機器を流用し、新製さ…

関東鉄道 キハ2100形

↑ キハ2100形は、同鉄道31年振りの完全新製車として1993年に登場しました。 キハ2100形は、常総筑波鉄道時代の1963年に導入したキハ900形以来、31年振りの完全新製車として、1993年に登場、1996年までに12両が導入されまし…