CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

3-0-1:活動記録_最新

西武鉄道 その4

西武鉄道101系です。 現在まだ残っている車両は、1979年以降に増備された新101系(N101系)とされるグループの一部で、かつては2両から8両まで多様な編成で運用されていましたが、現在はワンマン仕様の4両編成のみ。 車体の塗装は一部を除…

西武鉄道 その3

西武鉄道の9000系です。 走行機器などは101系などで廃車になった電装品を再利用し、新2000系と同じ仕様の車体を新製した車体更新車で、1993年から1999年までに10両編成8本が製造されましたが、その後2003年から2007年にかけて…

西武鉄道 その2

西武鉄道の2000系です。 436両が製造され、多摩川線・有楽町線・レオライナー山口線を除く、西武鉄道の全ての路線で見かける車両です。 この車両の後継となる新しい車両は多数導入されていますが、9000系も含めて、西武線内ではこの顔を一番見か…

西武鉄道 その1

鉄活動報告は、今回からしばらく西武線ネタが続きます。 今回は、有楽町線経由で池袋に入りました。 西武鉄道は、前年の秋に秩父鉄道を訪問する際に利用しましたが、西武電車を撮るのを目的に訪問するのは、3〜4年ぶりです。 前回訪問したときは、まだ30…

茨城南保存車両めぐり その9

鉄道サイトなので普段バスは取り上げないのですが、つくば市のさくら交通公園を訪問した際に見かけたバスを紹介します。 国鉄のハイウェイバス第1号となった名車で、型式は「日野RA900P1969年先」で、国鉄型式747形旅客自動車747-9901…

茨城南保存車両めぐり その8

小美玉市で鹿島鉄道の保存車を撮った後、千葉へ帰る途中につくば市の交通公園に立ち寄りました。 ここには、ナメクジタイプのD51-70号機が静態保存されています。 屋根付きということもあり、保存状態は良く、かつてJR東日本がD51の動態化を検討…

茨城南保存車両めぐり その7

筑西市の ザ・ヒロサワシティを訪問した後は小美玉市に移動、旧小川町内の病院の駐車場に静態保存されている、元鹿島鉄道のキハ432を見学してきました。 鹿島鉄道のキハ432は、元は加越能鉄道キハ126で、1957年に東急車輛製造で新製されました…

茨城南保存車両めぐり その6

元鹿島臨海鉄道の7000系です。 1992年に2両編成1本が導入され、快速「マリンライナーはまなす」として運用されるものの、運行開始後わずか6年で廃止となり、その後は年に数回運用される程度で、2010年以降は検査切れで神栖駅構内に留置され、…

茨城南保存車両めぐり その5

ザ・ヒロサワシティに静態保存されている、もう1台のキハ100形です。 こちらは。白とブルーのツートンカラーで塗装されています。 キハ100形は、両運転台のキハ300形に対してワンマン化改造の工事を施し改番された車両で、4両が導入されました。 …

茨城南保存車両めぐり その4

元関東鉄道のキハ101です。 数年前の水海道のイベントを訪問したときは元気に走っていたのですが、2017年1月8日に完全に引退となり、その翌週にキハ102と共にここに陸送されました。 関東鉄道は、1987年から1992年にかけて筑波鉄道や国…

茨城南保存車両めぐり その3

ザ・ヒロサワシティには、EF81の他に、北斗星で運用されていた24系25形客車のうち、オロハネ24、スシ505、オハ25、オハネフ25の4両も静態保存されています。 こうした車両の静態保存は、野外ということもあり状態を維持するのは難しく、過…

茨城南保存車両めぐり その2

ザ・ヒロサワシティに静態保存されている、EF81-138号機です。 138号機は、老朽化したEF15の置き換え用として1979年に増備されたグループの中の1台です。 それまで導入されたEF81とは異なり、前面窓上に一体型のヒサシが設置されて…

茨城南保存車両めぐり その1

茨城在住の会社の仲間から、筑西市にブルートレインを静態保存している場所があるとの情報を聞き、早速行ってきました。 場所は最寄駅から遠いので、今回は車での移動です。 場所は、ザ・ヒロサワシティという、ゴルフ場・農園・オフロードコースなどのある…