CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

3-1-15:会津若松へ(2017年)

会津若松へ(2017年7月)その10

会津若松駅構内には、ゆるキャラのあかべぇがいました。 会津若松のSL絡みのイベントではよく見かけます。 ネットでいろいろ調べましたが、「極上の会津プロジェクト協議会」というところに所属しているようです。 会津地方に伝わる郷土玩具の「赤べこ」玩…

会津若松へ(2017年7月)その9

会津若松駅に到着した、719系。 フルーティア仕様の700番台と一般車(あかべ仕様)の併結部分を撮った写真です。 フルーティアが残る為に719系を全廃にできず、一般車も数本残りました。 719系は、車歴から考えるとまだまた使えそうな気もします…

会津若松へ(2017年7月)その8

会津若松駅ならではのツーショットです。 会津鉄道の赤い車両は、会津伝統工芸の漆器をイメージした深みのある赤塗装を施したAT700/AT750で、会津鉄道開業30周年を迎えた記念のヘッドマークをつけています。 これと並んだのが、今さら説明不要…

会津若松へ(2017年7月)その7

磐越西線電化区間(郡山-喜多方間)のローカル輸送で運用されるE721系です。 E721系は、2007年に運用を開始した、JR東日本の交流用の一般形電車で、仙台地区を中心に運用されていました。 従来は2両編成のみが在籍していましたが、2016…

会津若松へ(2017年7月)その6

特急リバティで会津田島まで来た後は、会津鉄道の2両編成の普通列車に乗り換え、約1時間程度で会津若松に到着しました。 会津若松駅では、ちょうとC57180の牽引する「SLばんえつ物語号」が到着したところで、出張中のC11207との並びが実現し…

会津若松へ(2017年7月)その5

会津田島の構内の片隅に、普段ここでは見かけない、DE10が停車していました。 今月から鬼怒川線で復活するのでC11207のお守役として、JR東日本から東武鉄道に譲渡された1099号機で、SL列車ではC11207の反対側に連結され、列車の運行…

会津若松へ(2017年7月)その4

会津田島駅に留置されている、AT103です。 会津鉄道が開業した1986年に導入された車両の中で、唯一最近まで運用されていた車両です。 元は他のAT100/150形と同様、セミクロスシートの車両でしたが、2000年にお座敷気動車に改造され、…

会津若松へ(2017年7月)その3

特急リバティに乗車し、浅草駅を9時に出発、終点の会津田島駅に12時半前に到着しました。 以前このルートを利用したときは6050系による快速列車でしたが、特急になってもあまり所要時間は短縮されていないように思います。(詳しくチェックしてません…

会津若松へ(2017年7月)その2

浅草駅見かけた、日光詣スペーシアです。 ホーム屋根上からの差し込んだ光が金色のボンネットに反射して、その手前ホームと隣の車両側面を金色に照らしています。 駅のホームでこのよう神秘的な場面に遭遇したのは初めてですね。 日光詣スペーシアは、201…

会津若松へ(2017年7月)その1

ここは朝の浅草駅の特急列車が入線するホームです。 7月上旬に所用で会津若松の実家に帰省したのですが、今回は特急リバティを利用しました。 写真は、その入線を待っているところです。 ところで、東武伊勢崎線の玄関口である浅草駅は、3面4線のホームを…