CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

30-1:活動記録_最新

関東鉄道~真岡鐵道 その4

単線区間、下館方面から上り列車が水海道駅に到着するところです。 この折り返しの上り列車が、これから乗車する列車です。 車両は、関東鉄道では最新鋭となるキハ5010形のキハ5012です。 キハ5010形は、単線区間用の両運転台車キハ5000形の…

関東鉄道~真岡鐵道 その3

取手から乗車した列車は水海道駅止まり。 ここから乗り継ぎで下館に向かいます。 常総線は、基本的には取手駅-水海道駅間の複線区間と水海道駅以北の単線区間で系統分離される形で運用されていますが、複線区間と単線区間を跨ぐ列車も多く運転されていて、…

関東鉄道~真岡鐵道 その2

休日の朝ということもあり、車内の乗客は少なく、ロングシートの座席も半分ぐらいが埋まる程度でした。 2両編成列一番先頭、運転席の後ろを陣取りました。 小田急ロマンスカーでなくても、進行方向前面の展望は、それなりに楽しめます。 関東鉄道の取手-水…

関東鉄道~真岡鐵道 その1

毎年恒例だった夏の18切符遠征は、今年は仕事の調整がつかず行けませんでした。 そこで、日帰りですがまだ自分が行っていない関東近郊のローカル線に行こうと思い、真岡鐵道へ。 行きは、取手から関東鉄道で下館まで向かうことにしました。 今回、取手から…

東武20050系を撮ろう その22

20050系のこのような写真をとりたかったので、この日はとりあえず満足でした。 平日の仕事の多忙さに加え、歳を重ねて体力的に無理が効かなくなってきたこともあり、最近では撮り鉄活動も月に1〜2回程度になっています。 イベントもスケジュールが仕…

東武20050系を撮ろう その21

そろそろ疲れてきたので、帰ろうと思い、上りホームに移動したところ、幸いなことに下り列車で20050系がやってきたので、その走行写真を撮ることができました。 自分が電車を撮るときば、あまり事前の情報収集をせず。結構行き当たりばったりで写真を撮…

東武20050系を撮ろう その20

カメラを持って待機していた下りホーム側に20050系21856Fが到着したところです。 この編成は、1993年に製造なのでもう25年が経過していますので、今回新車に置き換えなるのは順当な時期かもしれません。 20050系は、上りホーム側には…

東武20050系を撮ろう その19

写真は、20050系5扉車がホームに停車中の写真です。 あくまで見た目ですが、車体側面のほぼ半分の面積が空いているような印象で、冬場はこのような状態だと車内もかなり寒そうですね。 ところで、気になる5扉車の3扉化改造と宇都宮線等への転用です…

東武20050系を撮ろう その18

しばらく某駅の下りホームで上り列車撮っていましたが、下り列車でも20050系が来たので、乗車しました。 写真は、5扉車の車内から撮ったものですが、小さな座席と両側の扉の間面の広さがとても印象的です。 日比谷線の場合は、線内の駅の構造の関係か…

東武20050系を撮ろう その17

20050系の5扉車側面の一部を撮った写真です。 当然ですが、それぞれの乗降用扉の間 は狭く、その間に無理やり配置したような側面窓も、多扉車ならではの独特のデザインとなっています。 5扉車については、改造するにもコストがかかるので、そのまま転…

東武20050系を撮ろう その16

ホームでしばらく待ち、ようやくやってきた20050系。 写真は21854Fの前面部分を撮った写真です。 前面は20000系や20070系と同じようなデザインですが、20050系の場合は5扉車であることを記したマークがオフセットに配置された貫…

東武20050系を撮ろう その15

ところで、今回の撮影の本命は5扉車の20050系で、この車両が来るまでずっと対面のホームでカメラを構え待っていました。 写真は3扉車の20000系21804Fです。 20050系ではありませんが、この車両ももうじき日比谷線直通運用から撤退す…

東武20050系を撮ろう その14

東急8500系の青帯車、8637編成です。 青帯のレアーな編成ですが、東武線や田園都市線などで撮り鉄活動をするときは、結構多く見かけるような気がします。 この編成は1986年に登場し、当初は他の車両同様前面が赤帯のみの塗装でした。 その後翌年…

東武20050系を撮ろう その13

東武線に乗り入れる東急5000系です。 後継となる新型車両2020系のデビューにより、田園都市線と直通先である半蔵門線・東武線では、8500系・5000系の3世代の形式を見ることができるようになりました。 今後は、2020系の増備と8500…

東武20050系を撮ろう その12

東急2020系の横顔を撮影したものです。 東急としては一世代前の標準車両となる5000系は、JR東日本のE231系とは構体設計の共通化が図られていたのに対して、この2020系ではE235系と基本設計や主要機器を共通化していて、製造コストの削…

東武20050系を撮ろう その11

今後、直通運転を行う東武線内で試運転中の2020系です。 東武線内での運用については、試運転は各ブログやSNSでも多数報告されていますが、営業運転開始の情報はまだありません。 大井町線向け6020系も含めて、東急の新型はまだ1〜2回見かけた…

東武20050系を撮ろう その10

東京メトロ08系です。 半蔵門線の延伸と東武線直通運転に伴い増備された車両で、10両編成6本のみが作られた少数派です。 運用区間も長いので、見かける機会はそれほど多くありません。 東西線用の05N系の設計がベースになっていて、外観的にも結構似…

東武20050系を撮ろう その9

こちらは、同じ東京メトロでも、半蔵様用の8000系です。 製造時期は1980年から1994年にかけて行なわれたので、時期的には一部05系と重なっていますが、こちらは6000系をベースにした車両です。 ボルスタレス台車は、この8000系で本格…

東武20050系を撮ろう その8

1988年に登場した03系は、1984年に銀座線用に導入された01系をベースに開発された車両で、03系とほぼ同時期に東西線用として登場した05系とも設計上の共通点も多いです。 当時、東西線に導入する新型車両(05系)の設計・開発が進む中、混…

東武20050系を撮ろう その7

こちらは、現在淘汰の進む東京メトロ03系です。 03系の廃車は2017年2月から開始されていて、それなりに淘汰も進んでいると思われますが、やはり総勢42編成の大勢力の置き換えは、時間がかかるようで、訪問時でも写真のような03系の並びは度々見…

東武20050系を撮ろう その6

東京メトロ13000系どうしの並びです。 こうした光景も珍しくなくなりました。 東京メトロは、毎年新しい技術と新型車両を大量に導入し、ホームドアの普及も急速に進んでいます。 現在では、この13000系の増備に加え、丸ノ内線用2000系の新製も…

東武20050系を撮ろう その5

東京メトロ13000系です。 昨年5月に訪問したときは、営業運転から確か1〜2ヶ月ぐらいしか経っておらず、見かける機会はほとんどありませんでした。 今回は、それから1年4ヶ月振りの訪問となりましたが、13000系の運用本数はかなり増えていて…

東武20050系を撮ろう その4

東武70000系は、直通先の東京メトロ13000系とは兄弟車といっても問題ないと思います。 車体や車内など、細かな点で13000系で異なる部分は多いのですが、基本的な部分は共通のようで、特に主電動で採用された永久磁石同期電動機(PMSM)や…

東武20050系を撮ろう その3

日比谷線直通用、東武の最新型となる70000系です。 前回撮影のために伊勢崎線を訪問したとき(2017年5月)は、まだ導入されておらす、その後移動で日比谷線を利用したときに何度か乗車しましたが、撮影するのは今回が初めてです。 2017年7月…

東武20050系を撮ろう その2

回送(試運転かな?)中の10000系11606F編成です。 先ほど見かけた11608F編成同様、この駅で折り返して、浅草駅方面に戻っていきました。 やはり、先ほどの11608F編成も単純な回送だったかもしれません。 10000系は10両編成が…

東武20050系を撮ろう その1

今回から東武ネタが続きます。 武伊勢崎線(スカイツリーライン)を訪問したのは9月上旬の平日で、この日の天候は雨でした。 今回の目的(ターゲット)は目下日比谷線直通運用からの撤退が進む20050系で、まだある程度の本数が運用されている今のうち…

西武鉄道9000系を撮ろう その12

西武2000系と30000系の並びです。 現在池袋線では他社乗り入れ車両も含めて様々な形式の車両が見られますが、その中でも主力となるのはこの2形式になるかと思います。 西武池袋線といえば、3ドアの黄色い湘南窓のイメージが強いのですが、199…

西武鉄道9000系を撮ろう その11

西武20000系と東急5050系4000番台の並びにです。 西武20000系は2000年に登場した車両で、日立製作所の「A-TRAIN」に準拠して設計された車両。 一方の写真の5050系を含む東急5000系シリーズは、2002年に田園都市線…

西武鉄道9000系を撮ろう その10

西武9000系と40000系の並びです。 40000系は、基本的には老朽化した2000系・9000系の置き換え用として導入された車両で、2019年までに10両編成8本が増備されます。 しかしながら、ご承知の通り、40000系は「S-TRAI…

西武鉄道9000系を撮ろう その9

西武10000系と6000系の並びです。 10000系のデビューは1993年、 一方の6000系のデビューは1992年で、同じ時期に導入・増備されました。 このうち、10000系は老朽化した初代レッドアローの置き換え用として導入されたのですが…