CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

31-13:銚子電鉄(2018年)

銚子電鉄 その7

昨年、テレビ等で話題になった本銚子駅の駅舎です。 1923年の本銚子駅開業に建てられた駅舎で、過去に何回か修復も行われましたか、特に銚子電鉄の経営危機が続く2000年代以降は資金難のため建て替えや修復は行われず、老朽化や腐食などが目立ってい…

銚子電鉄 その6

写真は、3000系(元京王5100系)による上り列車が外川駅に到着するところです。 銚子電鉄の列車ダイヤは2013年11月改正で大幅に減便され、従来は1時間に2往復だった列車本数は、日中時間帯は1時間に1本程度となり、非常に不便になってしま…

銚子電鉄 その5

銚子電鉄のデハ801です。 2010年9月に引退した後も、解体されずに残置され、その後外川駅構内で静態保存されています。 銚子電鉄のホームページでは「休車」扱いと紹介されていますので、まだ車籍はあるのかも知れません。 野外の保存ということもあ…

銚子電鉄 その4

銚子電鉄の外川駅にも、久々に訪問しました。 入口が少し舗装されるなど、以前より整備され綺麗になった感じがしました。 外川駅は、銚子電鉄が経営再建為に始めた駅名愛称ネーミングライツ販売で、「ありがとう」の愛称が付けられました。 外川駅の命名権を…

銚子電鉄 その3

今回、時間もなかったので、仲ノ町駅には入りませんでしたが、駅の外から覗くとその隙間からデキ3が顔を出していました。 デキ3は、2016年10月に千葉県に貸し出され、市川市にある千葉県立現代産業科学館で開催された特別展で1ヶ月半ほど展示されて…

銚子電鉄 その2

仲ノ町駅の外から構内車庫を撮影した様子です。 かつて2両存在したデハ1000形のうち、銀座線色だったデハ1001は2016年2月末に引退し、その後松戸市の博物館に移され静態保存されていますが、丸ノ内線色のデハ1002は、2015年1月の引退…

銚子電鉄 その1

今年の1月、用事があって千葉の匝瑳市に自家用車で出かけたのですが、多少時間に余裕があったので、足を伸ばし銚子電鉄を訪問しました。 写真は、自分が銚子電鉄を訪れたときに必ず立ち寄る、仲ノ町駅の構内です。 本社があるといっても小さな駅で、駅舎は…