CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

4-1-1:鉄道車両基礎講座

【鉄道車両基礎講座】 その1 電車の定義とMT比

↑ 東京の鉄道はどこに行っても電車ばかりです。 現在、鉄道の車両の中心となるのは「電車」です。 東京都内を鉄道で移動した場合、JRを利用しても、私鉄を利用しても、地下鉄を利用しても、乗車する車両は「電車」ばかりです。 自分が子供の頃は、柏に住み…

【鉄道車両基礎講座】 その2 動力集中方式と動力分散方式

↑ 貨物列車は一部を除き、基本的に動力集中方式です。 動力集中方式と動力分散方式 前回の記事では、動力分散方式のことを少し説明しました。 鉄道車両を動かす動力の配置の方式については、この動力分散方式の他、「動力集中方式」というのがあります。 動…

【鉄道車両基礎講座】 その3 電車と気動車の違い

↑ 水郡線で運用されるキハE130系。日本の気動車はほとんどがディーゼル機関です。 前回は動力分散方式について説明し、旅客輸送においては現在の日本では動力分散方式がその主流となっていることを記述しました。 動力分散方式の車両を大きく分けると、…

【鉄道車両基礎講座】 その4 鉄道の電化と電気の流れ

↑ 郡山駅構内の様子。電化区間では電車に電気を供給するための架線が設置されています。 鉄道の電化 鉄道の電化とは、「鉄道の動力源を電気にすること」です。 電車は車両の外から電気を取り込むことが一般的ですが、電車や電気機関車を走らせる為には、その…

【鉄道車両基礎講座】 その5 架線電圧と車両の運用

↑ 直流電化の電圧は、JRや大手私鉄の多くは1500Vを採用しています。 電圧について 前回は豆電球と乾電池を使った実験を例として、電流や回路について説明しました。 豆電球の導線を乾電池のブラスとマイナスの極に付けると、電気が流れて豆電球の明か…

【鉄道車両基礎講座】 その6 電流の基礎知識

「鉄道車両基礎講座」というテーマでこの連載を進めていますが、今回の内容は、鉄道車両のテーマから外れ、少し馴染みにくいかも知れません。 前回までの説明の中で、「電流とは電気の流れる量のこと」と定義しましたが、「電流」や「電気」について、もう少…

【鉄道車両基礎講座】 その7 電圧の基礎知識

前回の基礎講座では、「電荷」や「電子」「電流」について説明しました。 「電圧」については、以前の記事の中で、「電圧とは、電気を押し出そうとする力」と記載しましたが、今回はもう少し深く掘り下げてみたいと思います。 位置エネルギーについて まずは…

【鉄道車両基礎講座】 その8 直流電化方式と交流電化方式

↑ 常磐線で運用されるE531系は直流電化・交流電化の双方に対応した交直流電車です。 「直流」と「交流」について 電気の流れ方には、「直流」と「交流」の2種類があります。 「直流」と「交流」とでは電流や電圧などで性質が異なり、電気機械はそれぞれ…

【鉄道車両基礎講座】 その9 交流電化と周波数について

↑ 2007年3月まで常磐線上野口で運用されていた交直流形電車の415系。 交流の周波数について 前回は直流と交流の違いと、それぞれの電気を採用した場合の電化方式や運用される車両(電車)について記載ました。 再度の説明になりますが、交流の定義は…

【鉄道車両基礎講座】 その10 交直流電車の形式統一と、その後の交直流・交流形電車

↑ 50Hz/60Hz対応となった485系の登場により、交直流電車の形式統一が可能になりました。 485系特急形電車の登場と交直流電車の形式統一化 交流電化区間の延伸とこれに伴う客車列車の電車化は、大幅な車内設備の改善やスピードアップを実現し、鉄道…