CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

E233系 基本番台 中央快速線

↑ 快速運用で使用されるE233系。 233系が最初に投入されたのは中央快速線で、2006年12月から2008年3月にかけて投入され、それまで同線で活躍していた201系をすべて置き換えました。中央快速線用の10両固定編成(T編成)42本、6両…

E233系 1000番台 京浜東北線

↑ 京浜東北線へのE233系投入は、2007年12月に開始されました。 E233系1000番台は、京浜東北線・根岸線で運用されていた209系の置き換え用として、2007年9月からから2010年1月までの間に10両編成83本、計830両が製造さ…

E233系 2000番台 常磐緩行線

↑ 2000番台車は、地下鉄乗り入れ対応のためストレート車体・前面貫通形となっています。 E233系2000番台は、常磐緩行線の207系・207系900番台の老朽化に伴う置き換え用として、2009年5月に10両編成×1編成が営業運転を開始、翌…

E233系 3000番台 東海道本線・東北本線・高崎線他

↑ 2011年11月から翌年4月にかけて、田町車両センターに大量投入されたE233系3000番台。 E233系3000番台は同系列の近郊型として登場しました。基本編成が2階建てグリーン車2両を含む6M4Tの10両、付属編成が2M3Tの5両で、…

E233系 5000番台 京葉線

↑ 蘇我駅で停車中のE233系5000番台 E233系5000番台は、京葉線の201系・205系・209系500番台の置き換え用とし2010年から2011年にかけてて増備された車両です。客室車内は1000番台や2000番台などに準じ、ドアエン…

E233系 6000番台 横浜線

↑ 横浜線に導入されたE233系6000番台は、2014年2月に営業運転を開始しました。 233系6000番台は、横浜線用205系の置き換え用として2014年2月から同年8月までに8両編成28本(224両)が導入されました。他の路線に導入され…

E233系 7000番台 埼京線・川越線

↑ 埼京線・川越線用のE233系は、2013年6月末に営業運転を開始しました。 233系7000番台は、埼京線・川越線用205系の置き換え用として導入され、2013年6月30日より営業運転を開始しました。基本的には他路線にすでに導入されている…

E233系 8000番台 南武線

↑ 南武線用に導入されたE233系8000番台。 233系8000番台は、南武線のE233系置き換え用として2014年10月に登場、35編成210両が中原電車区に増備され、同区の205系や209系を置き換えました。0番台・5000番台の基本編…

E231系 概要

↑ E231系は最初に中央・総武緩行線に投入されました。 E231系は、これまでの209系通勤型電車、およびE217系近郊型電車に続き、首都圏の老朽化した通勤形車両(103系・201系・205系・301系)及び近郊型車両(113系・115系)…

E231系 900番台

↑ 現在も中央・総武緩行線で運用を続けるE231系900番台。 E233系900番台は、E231系の量産先行試作車で、10両編成1本が1998年10月に東急車輛製造とJR東日本新津車両製作所で分担して新製されました。 新製当初は209系950…

E231系 中央総武緩行線

↑ E231系500番台への置き換えが開始されたE231系0番台車 E231系は、量産先行車の運用を経て、2000年春より量産化が開始され、E209系500番台に代わり、総武緩行線に通勤仕様の基本番台が増備されました。総武/中央緩行線に投入さ…

E231系 常磐快速線

↑ 常磐線へのE231系の投入は、2002年から2003年にかけて行われました。 常磐線快速へのE231系投入は、老朽化した103系の置き換え用として2002年3月より2003年にかけて集中的に行われました。中央・総武緩行線同様に基本番台車が…

D51-187

↑ D51としては大宮工場製第1号となったD51-96号機。鉄道準記念物に指定されています。 D51-187号は、1938年に大宮工場で製造され、田端機関区に配属されました。 その後、姫路や浜田などでも活躍し、1971年に廃車となりましたが、…

栃木・群馬遠征 その34

上信電鉄250形デハ251です。 250形は、1981年間に導入された20m級3扉車で、前面貫通式の両運転台車です。 200形との併結運転が設計時から考慮され、歯車比や連結器の高さなどが200形と同じ設定となり、常用ブレーキも200形と同じ…

栃木・群馬遠征 その33

上信電鉄200形クハ303です。 1969年に製造された2次車のうちの1両で、以前はかなり派手な装飾を施した広告車になっていましたが、それも解除され、現在はクリームに緑の上信カラーとなっています。 誰かとパートナーを組まなければ運用できない…

栃木・群馬遠征 その32

吉井駅の構内です。 上信福島駅や下仁田駅なども同様ですが、これら駅の持つ昔ながらのローカルな雰囲気が気に入っています。 構内は1面2線の島式ホームを持ち、その北側に1本側線があり、列車交換も度々行われています。 南側にもホームらしきものがあり…

栃木・群馬遠征 その31

高崎から上信電鉄に乗り、11.7Km先にある吉井駅で下車しました。 自分が上信電鉄の列車を撮るときは、吉井駅か上州福島駅で下車することが多いです。(と言うほど訪問している訳ではありませんが。) 無人駅や駅員の時間配置、休日の無人化などが多くの…

栃木・群馬遠征 その30

上信電鉄のデキです。 今年7月にデキ1の屋根の上が炎上し、消化剤が巻かれるという情報がありました。 電鉄側から何も発表も特に聞いていないので、おそらくデキ1は無事でリカバリーもされていることと思います。(詳細は分かりません) 8月の中旬に高崎…

E653系 (2013年3月 常磐線「フレッシュひたち」運用 撤退)

↑ E653系は485系の置き換え用として、1997年に登場しました。 E653系は、当時まだ常磐線に残っていた485系の置き換え用として1997年に登場しました。 車体構造は、JR東日本在来線車両としては初のダブルスキン工法によるアルミ合金…

EF57-7

↑ EF57は、1940年から1977年まで旅客列車用機関車として活躍しました。 EF57は、EF56の出力強化型として導入1940年の登場した旅客用電気機関車で、15両が製造され、沼津機関区に配置されました。 基本設計はEF56がベースとな…

【鉄道コレクション】 北陸私鉄

管理者の所有するトミーテック「鉄道コレクション」のうち、北陸私鉄の車両について整理して順次掲載します。 ・新潟交通 現在はバス会社として新潟市を中心に路線バスなどを営む会社ですが、かつては燕市から白山前駅(新潟市内)に至る36.19kmの鉄…

【鉄コレ】 新潟交通 モワ51

新潟交通モワ51は、1933年の路線開業時(当時は新潟電鉄)に、軌道線・鉄道線直通用として製造された貨物列車用の車両で、旅客用のモハ11形・クハ31形などとともに登場しました。これは、貨物の輸送量が多く見込まれなかったため、電気機関車では…

【鉄コレ】 新潟交通 モハ11

新潟交通モハ11は、同社のモハ10形電車のグループに属します。モハ10形は、1960年代に車体の近代化のために在来車の機器を流用して製造された、「日車標準車体」のひとつで、1933年に前身である新潟電鉄が開業したときに新造されたモハ11形…

【鉄コレ】  新潟交通 モハ14

新潟交通モハ10形は、すでにモハ11が第6弾で製品化されていますが、今回は同じ新潟交通のかぼちゃ電車ラッピングのバスと合わせてオープンパッケージでモハ14が製品化されました。 モハ11よりも製品はより精密になり、モハ11ではなかった排障器が…

【鉄コレ】 新潟交通 クハ47+モハ16

新潟交通クハ47は、同社区分のクハ45形に属し、同形はクハ45~50の計6両が存在しました。これらは、1967年から1970年の間に、小田急デハ1400形・クハ1450形の車体と手持ちの台車を組み合わせて製造されたもので、モハ10などと連…

【鉄コレ】  新潟交通 2200形

新潟交通の2220形は、元小田急電鉄2200形で1985年に2229-2230の1編成2両が移籍・導入されました。塗装は小田急時代のままで使用され、番号もデハがモハに変更された以外はそのままでした。2両固定編成(MM’ユニット)だったので、…

【鉄コレ】  新潟交通 クハ37

新潟交通クハ37は、1944年新潟鉄工場所で製造された元国鉄機動車キハ41080で、1952年1月に新潟交通に譲渡され、電車化(Tc化)されクハ37となりました。Tc化の際、台車は機動車用のTR26から電車用のTR11に履きかえられました…

【鉄コレ】 越後交通 1400形

越後交通の1400形は元小田急の1400形で、1929年の江の島線開業と同時に製造されました。デビュー当時は、501形・201形を名乗っていましたが、1950年に小田急電鉄が東急から独立分離した際に改番され、1400形(小田急デハ1400…

【鉄コレ】 富山地方鉄道 10020形

10020形は、1961年と1964年に製造されたMMユニット方式の車両で、車体は日本車両標準タイプとなっています。デビュー当初はMcTMMcの3両固定編成でしたが、のちに中間車(サハ220)を抜いて2両編成となりました。現在は、第3編成…

【鉄コレ】 富山地方鉄道 14710形

14710形は、元は名鉄3800系で、1967年から1969年にかけて14両が名古屋鉄道から富山地方鉄道に移籍しました。自社カルダン駆動車にさほど劣らぬ出力・自動加速制御装器と自動空気ブレーキを備え、当時の同鉄道他の車両より高性能であった…