読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

JR東日本/一般形電車(首都圏)

2-2:JR東日本_一般形電車/首都圏

f:id:chibatrain:20161231131446j:plain

↑ 2006年に登場したE233系は、JRグループで同一形式の最多配置車両数となりました。

【概要]

1987年の国鉄民営化後、首都圏では205系などの国鉄時代に設計された車両が引き続き増備されてきました。

1993年、209系が次世代の通勤形として京浜東北線への本格導入が開始されましたが、これがJR東日本として開発された、オリジナル形式の車両です。

この209系では、バリューエンジニアという新しい考え方に基づき、これまでの鉄道車両の製造・整備の方法が全面的に改められた、新しい設計思想が採用されました。

このため、JR東日本では、この209系以降の系列の車両を「新系列車両」として区別しています。

なお、「バリューエンジニア」とは、「製品や役務(サービス)などの価値(=製造・提供コストあたりの機能・性能・満足度など)を最大にしようとする体系的な手法です。

ちょっと難しい話ですが、この手法ではコストあたりの機能を高めるということになり、設計される車両も無駄な遊びや不必要な機能は全て剃り落とされることになります。

鉄道ファンとしては、209系以降の系列車両に対して、「なんか面白くない」と感じる点もあるかもしれませんが、それはこうした設計思想の影響かも知れません。

これ以降、首都圏ではE231系・E233系などの新系列車両が大量に増備され、現在はその主力となっています。

 

【各車両の現状と今後の動き】

首都圏では、新系列車両の第2世代とも言えるE231系・E233系などが運用の中心となっており、その後継となるE235系も試作編成が既に山手線に運用を開始しています。

 

 ・E235系

2015年11月に営業運転を開始。その日のうちに不具合により運用外れましたが、翌年3月には復帰しています。

2017年春頃から量産車が登場する予定。

 

・E233系

E231系をベースに、最銀技術の導入・乗客サービスの向上、及び主要機器の二重化による故障や障害対策を図った車両。

2006年12月より中央快速線用として登場、その後は京浜東北線常磐緩行線京葉線埼京線横浜線南武線の各路線に投入され、さらに近郊タイプとして東海道本線・宇都宮・高崎線にも導入されています。

 

・E231系

E231系は、209系・E217系の後継形として2000年に登場、列車情報管理装置(TIMS)の採用や通勤・近郊形の仕様共通化などで、通勤型と近郊型の性能による区別がなくなりました。

中央総武緩行線常磐快速線・山手線・東京メトロ東西線直通用及び東海道本線宇都宮線高崎線用として導入。

山手線の500番台については、E235系量産車の増備に伴い、今後は中央・総武緩行線へ転属する ものと思われます。

 

・E531系

E231系ベースの交直流形電車で、2005年以降常磐線向けに導入されました。

常磐線の上野口の中距離電車はすべてE531系に統一された他、常磐線・小山線のローカル運用での使用されています。

噂ですが、東北本線でも黒磯駅構内での完全直流化が実施された以降、同地区のローカル運用でも使用される可能性もあります。

 

・209系

次世代の車両として1993年に京浜東北線向けに導入された車両で、その後幅広車体となった500番台も登場しました。

 京浜東北線南武線・川越・八高線総武緩行線京葉線などに導入されました。

京浜東北線の車両の一部は、現在房総ローカル線用として転用されています。

 

・E217系

209系ベースの近郊形電車で、総武。横須賀線用で使用されていた113系の置き換え用として1994年に登場し、1999年までに同快速線の車両はすべて本形式で統一されました。

今後、E235系による置き換えの噂もありますが、具体的な計画は発表されていません。

 

・E501系

209系ベースの交直流形電車で、1995年に常磐線上野口に導入されました。

基本(10両)編成4本、付属編成(5両)編成4本のみが増備され、導入後は最大15両編成で上野-土浦間などで使用運用されていましたが、2007年3月のダイヤ改正以降は常磐線(水戸地区)や小山線のローカル運用で使用されています。

 

・E331系

連接車として設計され、実際に営業運転で使用された、JR(国鉄)初の通勤形電車で、量産先行車として2006年に1編成が製造されました。

京葉車両センターに配属され、長期試験の後、営業運転では週末など限定的に運用されていましたが、量産化されることはなく廃車となり、2014年に解体されてしまいました。

 

f:id:chibatrain:20161231131447j:plain ↑ 中央・総武緩行線で運用される、E231系の基本番台車です。

 

f:id:chibatrain:20161231131448j:plain

↑ 1993年に京浜東北線に導入された209系は、現在は房総ローカル線用に転用されています。