CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

京成電鉄グループ

f:id:chibatrain:20170101144159j:plain

京成電鉄は、京成上野-京成成田空港の本線を軸に、東京都から千葉県にかけて7線区(152.3km)を所有する大手私鉄です。

船橋・千葉・佐倉・成田などの地元地域のローカル輸送・千葉方面から東京圏内への通勤通学輸送に加え、成田国際空港へのアクセス輸送が鉄道事業の大きな柱で、都営浅草線・京浜急行線、北総鉄道千葉ニュータウン鉄道との直通運転により、本線・押上線成田空港線成田スカイアクセス線)にはこれら各会社の多種多様な車両が運用されています。

なお、成田空港線成田スカイアクセス線)は京成高砂と成田空港を結ぶ路線ですが、スカイライナーなどを運転する京成電鉄第二種鉄道事業者で、北総鉄道千葉ニュータウン鉄道成田高速鉄道アクセス成田空港高速鉄道の4社から線路や駅などの施設を借りて旅客輸送を行う「上下分離方式」を採用しています。

新京成電鉄は、千葉県の松戸と京成津田沼を結ぶ26.5kmの路線を運営し、京成津田沼から京成千葉線への直通運転を行っています。

この直通運転は、新京成電鉄側から京成電鉄側への片乗り入れで、京成電鉄の車両が新京成線に乗り入れすることはありません。

北総鉄道北総線は、京成高砂と印旛日本医大前の32.3kmの路線を運営していますが、このうち京成高砂-小室間は北総鉄道第一種鉄道事業者で、小室-印旛日本医大前の区間千葉ニュータウン鉄道の所有のため、北総鉄道第二種鉄道事業者となります。

また、この区間は上記のとおり京成電鉄第二種鉄道事業者として運用している区間でもあり、非常に複雑な運営形態となっています。

ところで、京成グループ各線の軌間は、全て1435mmの標準軌を採用しています。

元々は1372mm(馬車軌)だったのですが、京浜急行電鉄相互直通運転を行うため、京浜急行側に合わせる形で1959年に改軌が実施され、現在の軌間となりました。 

 

スカイライナー専用車

f:id:chibatrain:20170618115741j:plain

京成スカイライナーは、成田空港への新ルート「成田スカイアクセス線」の開業に合わせ、2010年に3代目AE車が登場、新しい京成電鉄の看板車両で、最高速度160km/hで日暮里-成田空港間を最短36分で運用しています。

AE100形は、2010年以降も旧スカイライナールートを踏襲した本線経由の有料特急「シティライナー」などで使用されていましたが、2016年2月に引退しました。

 

 一般形車両(グループ標準車体)

f:id:chibatrain:20170618122223j:plain

京成電鉄3000形は、2002年に老朽化した抵抗制御車を置き換える目的で導入した車両で、現在もなお増備が続けられています。

京成グループ標準車体」として位置づけられた車両で、新京成電鉄(N800形)、北総鉄道(7500形)、千葉ニュータウン鉄道(9200形)としても導入されています。

 

一般形車両(京成3700形)

京成3700形は1991年3月、成田空港ターミナル地下乗り入と北総開発鉄道(現:北総鉄道)2期線開通の際に登場した車両で、2016年4月1日現在で、計132両が在籍しています。

同型となる北総鉄道7300形は、1991年の第2期線開通に合わせ8両編成2本が増備され、その後京成電鉄からのリースも2本導入されています。

 

 一般形車両(その他)

2017年に京成3500形(未更新車)・千葉ニュータウン鉄道9000形が老朽化により引退となりました。

今後は、京成3400形・3500形(更新車)・3600形、新京成8000形などの淘汰が進むものと思われます。

 

一般形車両(引退車両)

f:id:chibatrain:20170827093326j:plain