CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

つくばエクスプレス TX-1000系

f:id:chibatrain:20170101204951j:plain

↑ TX-1000系は、開業時に直流区間専用車両として導入されました。

TX-1000系は、つくばエクスプレス開業時に導入された車両で、2003年3月に先行試作車6両編成1本が登場、その後2004年3月から2005年1月にかけて量産車6両編13本(78両)が増備されました。
車体はTX-2000系と共通で、アルミダブルスキン構造の20m級4扉車で、横幅は他の私鉄や地下鉄よりも広い2,950mmとなっています。
側窓は大型の固定窓で、側面扉はホーム側のドアホームと連動、先頭部分は鋭角のラインとV字形のガラスをを配した特徴的なデザインとなりました。
座席はボックスシートも配置したTX-2000系とは異なり、TX-1000系では全座席ロングシートが採用されました。
制御方式はIGBT素子のVVVFインバータ制御で、主電動機はかご形三相誘導電動機、台車は高速走行を考慮したヨーダンパ付きのボルスタレス車を履き、ブレーキは回生併用電気指令式で、保安装置関係ではCS-ATCに加えて、ワンマン運転支援用にATO装置が搭載されました。
編成は3M3Tの6両編成ですが、将来が付随車を入れて8両編成化が計画されています。
現在は秋葉原-守谷間の普通列車を中心に、一部の区間快速列車でも運用されています。

f:id:chibatrain:20170101204952j:plain

↑ オールロングシートで、普通列車を中心に運用されています。

f:id:chibatrain:20170101204953j:plain

↑ 運転席側側面の様子。台車にヨーダンパが付いているのが見えます。

f:id:chibatrain:20170101204954j:plain

↑ 側面の様子。幅広車体に大きな固定窓が特徴的です。

f:id:chibatrain:20170101204955j:plain

↑ 屋根上は、直流専用のため、TX-2000系よりのすっきりしています。