読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

DD53

1-1:ディーゼル機関車_国鉄・JR型

f:id:chibatrain:20170109204243j:plain

↑ DD531号機は、ロータリーヘッドを装着した形で、碓氷峠鉄道文化むらに静態保存されています。

DD53は、豪雪線区の除雪用強力ディーゼル機関車として開発され、1964年から1966年にかけて3両が汽車製造で製造されました。
機関部はDD51と共通で、定格出力1100psの機関DML61Z‐Rと、液体変則機DW2A‐Rを2基ずつ搭載し、下回りもDD51同様で軸配置はB‐2‐Bとなりました。
車体は、凸型のDD51とは大きく異なり箱型となり、客車暖房用の蒸気発生装置(SG)が搭載されませんでした。
冬季に先頭部に結合する除雪装置(ロータリーヘッド)には、前方よりかき寄せ翼・かき寄せ車・羽根車・及び投雪案内が取り付けられ、上部に運転室・下部にフランジャが設けられています。
DD53‐1号機は、1964年に落成後北海道へ渡り苗穂機関区に配属、間もなく旭川機関区に配属されましたが、降雪量が予想したほどではなかったこともあり、宗谷本線塩狩峠でのC55・C57牽引の旅客列車や、9600牽引の貨物列車の補機としての活躍などが目立ちました。
その後、1976年に新庄機関区に移動となり奥羽本線等で活躍していましたが、1987年の国鉄民営化の際に、JRに引き継がれることなく登録抹消されました。
現在は、1999年に開設された碓氷峠鉄道文化むらに収容され、静態保存されています。

f:id:chibatrain:20170109204244j:plain

↑ 機関部や足回りはDD51をベースにしながらも、車体はDD51とは異なり、箱型となりました。

f:id:chibatrain:20170109204245j:plain

↑ 先頭部の形状。

f:id:chibatrain:20170109204246j:plain

 ↑ ロータリーヘッドの側面です。