読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

E233系 1000番台 京浜東北線

2-2:JR東日本_一般形電車/首都圏

f:id:chibatrain:20170108113826j:plain

↑ 京浜東北線へのE233系投入は、2007年12月に開始されました。

E233系1000番台は、京浜東北線根岸線で運用されていた209系の置き換え用として、2007年9月からから2010年1月までの間に10両編成83本、計830両が製造され、全車浦和電車区に配置されました。
編成は6M4Tの10両固定編成のみで、空気圧縮機や予備用パンタグラフの搭載位置が0番台車から変更されました。
その他、209系同様の超音波ホーム検知装置を先頭車前端両側に装備し、保安装置をD-ATCに変更、6号車のサハE233形1000番台の床下に非常用ハシゴを設置するなど、安全性の向上が図られています。
基本番台で設置された、ドアスイッチを含めた半自動機能は省略され(「3/4閉機能」は搭載)、前面帯などのデザインも若干変更されました。
車内の各ドア上部の液晶ディスプレイが若干大きくなり、座席の色も変更されました。
なお、209系0番台では6号車に連結していた6扉車については、京浜東北線のピーク時の混雑率が年々緩和されていること、拡幅車体による定員増加、常時着席へのニーズなどを考慮し、E233系1000番台では採用されませんでした。
2015年度から、大井町駅へのドアホーム設置検討及び山手線田町~田端間のドアホーム連動に対応するために、TASC及びドアホーム支持装置の取り付けが実施されています。

f:id:chibatrain:20170108113827j:plain

↑ 現在、京浜東北線根岸線の列車はすべてE233系1000番台に統一されています。

f:id:chibatrain:20170108113828j:plain

↑ 新子安駅に到着するE233系1000番台。

f:id:chibatrain:20170108113829j:plain

↑ 209系0番台にはあった6扉車は連結されていません。