読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

ディーゼル機関車(国鉄・JR)

1-1:ディーゼル機関車_国鉄・JR型

f:id:chibatrain:20170113162715j:plain

↑ 高崎車両センター所属のDD51。イベント列車や工事用などで使用されています。

国鉄型:DD51とDE10】

国鉄からJRに引き継がれたディーゼル機関車のうち、現在も活躍する主な形式といえば、 DD16などのレアな形式もありますが、ここではDD51とDE10を中心に記載します。

・DD51

  JR貨物所有としては、関西本線名古屋〜四日市地区での運用が最後の砦。

それ以外では、JR東日本JR西日本にイベントや工事列車等用として残るのみです。

関西本線のDD51については、DF200に置き換えられる予定で、昨年北海道から名古屋に転入したDF200が関西本線で試験走行を行なっています。

但し、具体的な置き換え時期などはまた分かっていません。 

 

・高崎地区

・中京地区

 

・DE10

かつては全国の至るところで見かけることができましたが、DE10の得意とする亜幹線や地方ローカル線などを走る貨物列車の大幅な削減・廃止に加え、最近ではHD300の増備により入換機の淘汰が進んいることから、現在急速にその数を減らしています。

JR貨物の平成28年度事業計画の中では、「非電化区間・構内入替用DE10形式の老朽置換となる新形式ディーゼル機関車の開発」の記載があり、具体的な導入事業などは分かりませんが、この新型機関車に置き換えられるのもそう遠くはないはずです。
・DE10①
・DE10②
・のんびり久留里(2009)
・DL内房線100周年
鶴見線/扇町駅構内
鶴見線/安善駅構内

 

【JR世代:DF200とHD300】

JR発足以降、貨物列車などの減少による既存車両の淘汰などもあり、ディーゼル機関車の新製投入は、長らく北海道地区向けのDF200の集中的に行なってきました。

DF200の北海道地区への導入は既に2013年度に完了しており、今後ら関西本線名古屋地区への導入が焦点となります。

一方、コンテナターミナルなどでの入れ替え用については、2012年からコンテナターミナルなどへHD300形の新製配置が開始され、今後も続くものとおもわれます。

・DF200形

2016年7月に五稜郭機関区の123号機が川崎重工業で改造を受け、223号機に改番された上で愛知機関区に転属しています。

その後、関西本線で各種性能試験が実施されていますが、以降は目立った動きはなく、今後の展開が注目されます。 

・HD300形

 2016年度は4両増備となっていますが、今後も輸送密度の高いコンテナターミナルなどへ増備が続くものと思われますが、車両コストが高く、貨物牽引時の最高速度が45km/hであることから本線走行には使えず、導入はある程度限定されたところになりそうです。


【その他の機関車】

・DE11

 

f:id:chibatrain:20170113162716j:plain