読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

DD51-1試作機

1-1:ディーゼル機関車_国鉄・JR型

f:id:chibatrain:20170113145946j:plain

↑ DD51の1号機は、現在碓氷峠鉄道文化むらに保存されています。

DD51の1号機は、先行試作車の形で製造され、1962年に日立製作所水戸工場で落成しました。
エンジンは、ダイハツ製のDML61S(1000ps)が2機搭載されました。
外観上は、DD13形の後期型と同様、センターキャブは丸みを帯びた形状となり、前照灯は円形の装飾リム付きのシールドビーム式のものが取り付けられ、運転室屋根上もヒサシ状とはなっておらず、2号機以降の量産車とは印象が大きく異なります。
冷風機カバーやステップなどがステップなどの形状も量産車とは異なりました。
中間台車は軸重のみを分担するR101でブレーキは未設置、元空気溜め管は床下に取り付けられ、動力台車の砂箱は片側1軸に1か所のみ備えられました。
導入後、1号機は目標となるD51蒸気機関車並みの性能を目指すべく、奥羽本線で性能試験が実施されましたが、変速機の不調和などにより試験がうまくゆかず、10‰勾配で1000トンの性能を引き出すことができませんでした。
このため、2号機以降では「ノッチを8段から14段に細分化し、砂箱を増設する」「中間台車の枕バネ部にライナを挿入し、軸重が14トンから15トンにコントロールできる可変軸重型とする」「液体変速機の性能統一」などの改良が加えられました。
1号機は、当初は当時のディーゼル機関車電気機関車の標準色である茶色に白い帯・ゼブラ模様で塗装されましたが、後に2号機以降と同じオレンジ色基調の白帯の塗装に変更されました。
導入当初は秋田機関区(現:秋田車両センター)でしたが、2~4号が増備されると盛岡機関区に転属し、その後も東北地方で運用さえていましたが、晩年再び戻った秋田機関区で1986年に廃車となりました。
現在は、登場時の塗装に戻され、碓氷峠鉄道文化むらに静態保存されています。

f:id:chibatrain:20170113145947j:plain

↑ ヘッドライトの丸型が特徴です。