読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

113系 概要

2-1:国鉄/急行型・近郊形電車

f:id:chibatrain:20170122211841j:plain

113系は、111系をベースに開発された直流用近郊型電車で、1963年に登場しました。
両開き片側3ドアの近郊型電車としては、1960年に常磐専用として開発された401系、及びその姉妹車である421系が最初ですが、その直流専用型として1962年に登場したのが111系でした。
111系の主電動機は、401系・421系同様に1時間定格出力100kWのMT46A形直巻電動機を搭載していますが、前後して1時間定格出力120kWmの強力型モーターMT54形が開発されたため、その後はこの強化された主電動機が用いられるようになりました。
こうして、111系のパワーアップ形として1963年に登場したのが113系で、1982年までの間に約2,900両が製造され全国各地の平坦で温暖な地域の路線で活躍しました。
同時期に登場した寒冷地・急勾配路線用として平行して製造された115系に対して、113系は平坦地用であるため抑速ブレーキやノッチ戻し制御などが装備されていません。
113系はJR以降後もJR東日本JR東海JR西日本の各社に引き継がれ継続して使用されていましたが、うちJR東日本JR東海ではすでに全車引退となり、現在がJR西日本とJR四国(JR西日本からの譲渡車)が残っています。
JR東日本では、千葉地区のローカル輸送用として最後まで活躍していましたが、2011年に運用を終了しています。

f:id:chibatrain:20170122211842j:plain

↑ 蘇我駅に停車中の113系。