読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】箱根登山鉄道 モハ2形

5-1:鉄コレ_関東南ローカル私鉄

f:id:chibatrain:20170121130210j:plain

箱根登山鉄道モハ2形は、小田急が新宿-小田原間を開業させた1927年に、チキ2形として3両が導入されました。
電装品と台車はスイス製の輸入品で、車体は日本車輛製造による木造車体で、番号はチキ8-10となりました。
1935年には保管されていた電装品と台車を使用してチキ111・チキ112が増備されましたが、車体は川崎車輛製の半鋼製車体となり、チキ8-チキ10とは異なる形となっていました。
1050年の複電圧化改造と同時期に称号変更も行われ、チキ8-10は木造車体の鋼体化工事も実施され、モハ108-110となり、増備車のチキ111・チキ112はモハ111・112となりました。
1985年から1990年にかけて、当初から使用されてきた台車が交換されましたが、駆動方式も当初の吊り掛け駆動から中空軸平行カルダン駆動に変更されましたが、モハ111・モハ112は車体の老朽化が進んだことから1991年に廃車となりました。
鉄道コレクションでは、モハ108とモハ109の2両が事業者限定品として製品化され、そのうちモハ108は金太郎塗装となっています。

f:id:chibatrain:20170121130211j:plain

↑ モハ108

f:id:chibatrain:20170121130212j:plain

↑ モハ109

f:id:chibatrain:20170121130213j:plain

↑ モハ109の前面は通常の塗装です。