CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

名鉄~名古屋臨海鉄道(2016年12月) その6

f:id:chibatrain:20170122114647j:plain

 東港駅を昼前に出発し、名古屋南貨物駅方面に石灰石輸送列車を撮影しました。

石灰石輸送列車を牽引するのは、ND552形の重連で、先頭の機関車は休日国鉄DL色で塗装されていました。

写真では分かりにくいのですが、この撮影した場所には、有名な踏切(白水踏切)があります。

この踏切は遮断機がなく、代わりに踏切と連動した信号機が交差する道路の車両を止めます。

列車が通過するときは、まず踏切の手前で列車は一旦停止し、先頭の機関車のデッキに乗っていた作業員が降りて、踏切にあるスイッチを押します。

そうすると、警報機が鳴って信号が変る仕組みです。

警報機の音は昔ながらの電鐘なので、見ていて非常に面白いです。