CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 秩父鉄道 1000系

f:id:chibatrain:20170205144849j:plain

秩父鉄道1000系は、元国鉄101系を1986年から1989年にかけて3両編成×12本の36両が譲渡されたもので、クモハ100+モハ101+クハ101の3連を三峰口からデハ1000+デハ1100+クハ1200とされました。
1994年からは冷房化工事も実施され、デハ1000とクハ1200に12000km/hの分散形クーラーが3台搭載され、冷房用の電源もクハ1200にSIVが搭載されましたが、SIVの容量や改造軽費の節減などのためか、中間車は非冷房のままとされています。
1999年からはワンマン運転に対応して、運転士用のドアスイッチと、自動・半自動扱いの切り替えスイッチが追加されています。
老朽化による廃車は2009年頃から始まり、後継の7000系・7500系・7800系などへの置き換えにより2014年までに全車引退となりました。
1000系のうち、1002号編成については2009年の秩父鉄道創立110周年を記念して、かつて100系で使用されていた小豆色+クリーム色のツートンカラー塗り替えられ、引退まで運用されていました。
鉄道コレクションでは、旧塗装やリバイバル塗装など各種が製品化されていますが、このうち1002号編成を所有しています。

f:id:chibatrain:20170205144850j:plain

↑ デハ1002

f:id:chibatrain:20170205144851j:plain

↑ デハ1102

f:id:chibatrain:20170205145352j:plain

 ↑ クハ1202

 

>[鉄道模型]トミーテック (N) 鉄道コレクション 秩父鉄道1000系 (1007編成) 旧塗装冷改車 3両セット 【税込】 [テツコレチチブ1000ケイ1007]【返品種別B】【RCP】

価格:2,721円
(2017/2/12 15:12時点)