CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東京メトロ 6000系

f:id:chibatrain:20170212105133j:plain

↑ 老朽化に伴い、6000系は16000系への置き換えが進んでいます。

6000系は、「耐用年数40年以上、新技術の導入・保守の容易化・車両の軽量化」をコンセプトとして千代田線に導入された車両で、1968年から1990年までの間に、試作車・量産車を含めて36編成353両が製造されました。
車体は20m級4扉のアルミ合金車体が採用され、前面は運転台窓のフロントガラスを大型化し、上部に行先表示器や運行表示器を収め、貫通扉を車掌台側に寄せる、左右非対称のデザインとなりました。
正面の貫通扉は、非常用ステップを一体化にした前倒し式の非常用扉となりました。
制御方式としては、当時の最新技術である回生ブレーキ付き電機子チョッパ制御装置が採用されましたが、回路構成はメーカーによって異なりました。
ブレーキは電気指令式が初めて採用されましたが、運転台は国鉄車両に合わせた縦軸式2ハンドルとされました。
側面窓は、初期車では車両を軽くするための上段下降・下段上昇式として開口寸法を小さくし、戸袋窓を設置されませんでしたが、車内が暗く乗客からも不評だったことから、1981年に増備された第22編成以降は大型の1段下降式となりました。
冷房装置は、当初は搭載されていませんでしたが、上記の第22編成以降の増備車では冷房準備車となり、11988年以降は新製車から冷房装置を搭載、非冷房車の冷房化改造も順次行われました。
車両の更新工事については、1988年以降、車齢の高い3次車までの車両から開始され、B修工事とC修工事が順次順次行われましたが、2007年4月以降は16000系の増備が開始に伴い、更新工事は行われていません。
1990年以降、制御装置についてもGTO素子のチョッパ制御へ更新が開始されましたが、1995年からはIGBT-VVVFインバータ制御化が実施され、主電動機も交換されました。
運用は、千代田線(綾瀬-代々木上原)を中心にJR常磐線(各駅停車)、小田急小田原線多摩線での運用されています。
2010年以降、老朽化に伴う廃車が始まり、16000系への代替えが進んでおり、2017年度中には全車引退となる予定です。

f:id:chibatrain:20170212105146j:plain

↑ 多摩川鉄橋を通過中の6000系。

f:id:chibatrain:20170212105147j:plain

↑ JR常磐緩行線に乗り入れる6000系。我孫子駅付近で撮影。

f:id:chibatrain:20170212105148j:plain

↑ 金町駅松戸寄りホーム先端で撮影。

f:id:chibatrain:20170212105149j:plain

↑ 小田急に乗り入れ、経堂駅ホームから撮影。