CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 秩父鉄道 7000系

f:id:chibatrain:20170205145819j:plain

秩父鉄道7000系は、元東京急行電鉄の8500系で、2009年3月より営業運転を開始しています。
全長20mの4ドア車で、座席はロングシートですが、秩父鉄道では、羽生寄りからM1c(制御電動車)-T(付随車)-M2c(制御電動車)の3両編成とされました。
なお、第2編成の先頭車は中間電動車からの改造で、おおむねオリジナル先頭車と同様の前面になっています。
客用扉にはドア開閉ボタンが設置され、バリアフリー対応として車椅子スペース・ドアチャイム・LED式車内案内表示器なども設置されました。
7000系は、界磁チョッパ制御方式・電気指令方式となりますが、これは秩父鉄道としては初の装備になりました。
鉄道コレクションでは、第1編成が製品化されています。

f:id:chibatrain:20170205145820j:plain

↑ デハ7001

f:id:chibatrain:20170205145821j:plain

↑ サハ7101

f:id:chibatrain:20170205145822j:plain

↑ デハ7201