CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄道コレクション】 南関東ローカル私鉄

f:id:chibatrain:20170219134538j:plain

 管理者の所有するトミーテック鉄道コレクション」のうち、関東地方(南)のローカル私鉄の車両について整理して順次掲載します。 

 

銚子電鉄

銚子駅外川駅間を結ぶ6.4kmの私鉄で、開業は1913年(銚子-犬吠間)と古く、昔から小型の電車などが活躍してきました。

何度も経営危機を迎えていますが、「濡れ煎餅」の販売や、各方面からの支援などによって現在も運営が続いています。

・デハ1000/桃太郎電鉄

 

総武流山電鉄

 馬橋駅流山駅間を結ぶ5.7kmの路線で、軽便鉄道として1916年に開業、1924年に軌間が762mmから現在の1067mmに改軌されました。

1994年以降は全車が西武鉄道からの譲渡車で統一され、編成毎に異なる愛称と異なる塗装が施されています。

 

小湊鉄道

f:id:chibatrain:20171119205452j:plain

 五井駅-上総中野間の39.1kmを結ぶ非電化・単線の路線を運営しています。

車両は定期列車にはキハ200形気動車が使用され、需要に合わせて1両~4両編成で運用されています。

蒸気機関車をイメージした小型ディーゼル機関車と客車による「里山ロッコ」が2015年から運行され、話題となっています。

 

いすみ鉄道

f:id:chibatrain:20171204212245j:plain

国鉄特定地方交通線であった木原線(大原-上総中野間)26.8kmを引き継ぎ、第3セクター方式で1988年に開業した私鉄。

国鉄のキハ52+キハ28が運行されていることで有名です。

 

秩父鉄道

秩父本線(羽生駅三峰口駅)71.7kmと三ヶ尻線武川駅熊谷貨物ターミナル間)7.6kmを持つ会社で、セメント鉱石などの貨物輸送も行われています。

三ヶ尻線は貨物輸送専用で旅客営業は行われていません。

 

箱根登山鉄道

 小田原駅強羅駅間15.0kmの路線を運営しています。

同鉄道の軌道は標準軌の1,435mmですが、小田原-箱根湯本間は小田急線車両乗り入れのため、かつては狭軌1,067mmとの三線軌条となっていました。

現在同区間は1,067mmのみに改められた為、箱根登山鉄道所有の車両は小田原駅まで乗り入れることができません。

(検車庫の隣接する入生田駅-箱根湯本間は、現在も三線軌条となっています。