CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

山手線内 その5

f:id:chibatrain:20170219103017j:plain

山手線と並行して走る、京浜東北線のE233系です。

E233系の投入線区としては2番目ですが、先代の209系は「重量半分・価格半分・寿命半分」のコンセプトで作られた為か、やはり晩年は機器の劣化による車両トラブルの多発していたようです。

また、搭載されている電気系機器の生産縮小・終了が相次ぎ、保守を行うのが難しくなったことから、僅か15年程度での置き換えとなったようです。

E233系では、車両トラブル発生などへの対策として、MT比率の見直し(動力を増やす)や電機機器・走行機器などの冗長化が行われ為、編成単位での重量が増えて消費電力量も10%程度増加しました。

エコだけでなく、安全面の対策を強化した形となっていて、JR東日本の車両に対する考え方・コンセプトの変化を感じます。