読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

名古屋鉄道 6000系

3-3:私鉄電車_名古屋鉄道

f:id:chibatrain:20170226132259j:plain

↑ 保有台数の多い6000系は名古屋鉄道各路線の至る所で見ることができます。

 6000系は、戦後の名鉄としては初となる本格的な通勤形電車として1976年に登場しました。

自家用車の普及率の高い愛知県・岐阜県下を名古屋鉄道では、サービス向上を図るため一般車についても従来より2扉クロスシート車の導入を続けていましたが、特に1973年のオイルショック以降の利用者の急増もあり、2扉クロスシート車でのラッシュ時の運用は限界に達し、混雑緩和対策が早急な課題となっていました。

そのような状況の中、1975年には東急から3扉ロングシート仕様の3700系を購入し3880系として運用を行ったところ、混雑緩和に大きく貢献し、ラッシュ時の3扉ロングシート車の収容力の高さを立証する結果となりました。

このような背景から、6000系では3扉車となりましたが、名鉄社内ではクロスシートに対するこだわりも残り、車端部はロングシート・扉間が集団離反式のクロスシートセミクロスシート車となり、乗降口の扉は幅1300mmの両開きとなりました。

車体断面や基本寸法は7700系に準じていますが、すべての戸袋窓と中間車掌台や簡易運転台部分以外の妻窓が廃止され、このことは本系列以降の新形式車両にも引き継がれていきました。

編成の電動車比率については、SR車登場以降の従来車では全車電動車方式となっていましたが、6000系ではコストダウンを図るため電動車と付随車を1組とする「MTユニット」方式が採用され、制御方式は直巻電動機を用いた抵抗制御となりました。

編成は、1976年の運用開始時点では4両編成のみでしたが、1978年以降は2両編成も増備されるようになりました。

座席については、上記のとおり当初はセミクロスシートでしたが、後期に製造されたグループ(後述の9次車・10次車)の一部を除き、1985年から1990年までの間にロングシートに変更されました。
また、1997年から2002年にかけて初期車両の一部で更新工事も実施されています。

4両編成車については、1984年に回生ブレーキ付GTO界磁チョッパ制御となった6500系が登場し、以降の増備車は6500系となりましたが、2両編成については閑散線区では回生ブレーキは有効でないなどの理由から6000系が引き続き増備」されました。(9次車・10次車)

このグループは、6000系ではあるものの車体はモデルチェンジした6500系に準じたものとなり、外観上は従来車とは異なっています。
6000系は、本線系列の他、瀬戸線三河線広見線新可児御嵩間)・蒲郡線など幅広く運用されています。

f:id:chibatrain:20170226132300j:plain

↑ デビューは1976年、名鉄の新製車としては戦後初の3扉車です。

 

f:id:chibatrain:20170226132301j:plain

↑ 三河線で運用される2両編成の6000系。

 

f:id:chibatrain:20170226132302j:plain

↑ 当初はセミクロスシートでしたが、現在は一部を除きロングシートに変更されています。

 

f:id:chibatrain:20170226132303j:plain

↑ ホームに停車中に撮った、側面の様子。

 

f:id:chibatrain:20170226132304j:plain

↑ ロングシート化が実施された車内。