読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

名古屋鉄道 5700系

f:id:chibatrain:20170226104239j:plain

 ↑ 朝の常滑線で運用されているところを撮影

5700系は、当時まだ在籍し高速・急行用などでも使用されていた、初期のSR車(5000系・5200系)の老朽化置き換え用、及び高速・急行列車のサービス向上を目的として、1986年に登場しました。
車体は2ドアの普通鋼製車体で、車内の座席はロングシートと転換クロスシートを配置したセミクロスシートとなりました。
前面は非貫通で「く」の字形のデザインとなり、通常の乗務員スペースを確保しながら、客室から前方への展望を良くするために車掌台側の窓が通常よりも大きくなっています。
ラッシュ時の混雑対策として、乗降用の側面扉は両開きとし、その幅は6500系などよりも広い1.4mとなりました。
戸袋部分の座席は混雑時にはロックされる補助座席となり、車端部分のロングシートも少なめに設置されたため、混雑時の立ちスペースは6500系並みの広さを確保しています。
1986年に4両編成3本(12両)、1987年に4両編成2本(8両)、1989年に増結用としてモ5650とサ5650が各2両づつ(4両)が増備されました。
制御装置は界磁チョッパ制御が採用されましたが、上記の増結用として増備されたモ5650形では界磁添加励時制御が採用され、回生ブレーキ装備となりました。
現在は支線のローカル運用を中心に、本線などの急行用としても運用されています。

 

f:id:chibatrain:20170226104301j:plain

 ↑ 5700系は、1986年に老朽車の置き換え用として登場しました。

 

f:id:chibatrain:20170226104309j:plain

↑ 前面は「く」の字型の大型窓で、客室からの前面視界が良くなっています。