読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

E233系 8000番台 南武線

2-2:JR東日本_一般形電車/首都圏

f:id:chibatrain:20170304210059j:plain

↑ 南武線用に導入されたE233系8000番台。

233系8000番台は、南武線のE233系置き換え用として2014年10月に登場、35編成210両が中原電車区に増備され、同区の205系や209系を置き換えました。
0番台・5000番台の基本編成と同様に4M2Tの6両編成で、先頭車にCPを、TC車から2両目に予備パンタを、3両目のM’車にSIVを搭載する機器配置はほぼ同一ですが、併結用の電気連結器は装備していません。
詳細の仕様については、この前に導入された横浜線用6000番台との共通点が多く、客室、運転台などにもLED照明が全面的採用されました。
車内は他のE233系と同様のイメージですが、腰掛は暖色系で、オレンジ基調のランダム柄の背すりに茶色の座面となっています。
なお、8000番台の投入完了後も209系は1編成残りました(N53編成2200番台)が、この置き換え用の車両は0番台車の捻出車で行われ、青670編成が8000番台の仕様に合わせる改造が実施され、8500番台となりました。
8500番台車には半自動扉のスイッチが残された他、列車番号表示器の位置が8000番台車とは異なります。

f:id:chibatrain:20170304210100j:plain

↑ 南武線用の8000番台は、0番台・5000番台の基本編成に準じた6両編成です。

f:id:chibatrain:20170304210101j:plain

↑ 前面は、帯の色以外ほとんど他のE233系と変わりありません。

f:id:chibatrain:20170304210102j:plain

↑ 側面の乗務員室直後に張り付けられた、イメージロゴ。

f:id:chibatrain:20170304210103j:plain

↑ 側面帯にデザインされたイメージロゴ。

f:id:chibatrain:20170304210104j:plain

↑ 座席が暖色となった車内の様子。

f:id:chibatrain:20170304210105j:plain

↑ 座席の様子。