CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東武鉄道 北関東 その7

f:id:chibatrain:20170305102858j:plain

 東武佐野線佐野駅に停車中の850系3編成による下り列車です。

佐野線は、館林駅葛生駅を結ぶ22.1Km、全線単線のローカル線で、特急「りょうもう」号が朝の下り1本、夜の上り1本で設定され、浅草と葛生を結んでいますが、それ以外の列車は全てワンマンによる普通列車となっています。

この路線は、葛生で生産される石灰石を運ぶために葛生-越名間が馬車鉄道として1890年までに開業したのがその始まりで、長年にわたり石灰石輸送を中心に貨物輸送メインで運用されてきむした。

現在は旅客輸送のみで、日中は1時間に一本程度、普通列車が走っていますが、実際に乗車してみると、駅の構内に残る待避線後や貨物ホーム後、広い構内などから、当時貨物輸送が盛んだったことをうかがい知ることが出来ます。