CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【活動記録】 上毛電気鉄道(2012年4月)その1

★旧ブログの過去の記事から、2012年4月30日に上毛電気鉄道を訪問したときの記事をまとめました。

f:id:chibatrain:20170317210611j:plain

 2012年4月30日、群馬の上毛電気鉄道に遠征してきました。
上毛電気鉄道は2回目の訪問になります。
前回はただ前橋と桐生の間を乗り通しただけしたので、今回は1日かけて駅や施設などもじっくり見てきました。
今回は浅草から東武特急で赤城に行き、そこから上毛電気鉄道に入りました。
上毛電気鉄道を訪問するのは、東京からだとこのルートが一番安く最適です。
写真は現在の主力、700形の714F(サンライトイエロー)です。

f:id:chibatrain:20170317210612j:plain

 赤城駅構内にある保線小屋。

ローカル線の古い駅などを訪問したときにたまに似たような施設を見かけます。

Nゲージレイアウトでも是非置いておきたいストラクチャーです。

f:id:chibatrain:20170317210613j:plain

 上毛電気鉄道の700形ですが、元京王3000系といった方が馴染みがあります。
現在、同鉄道の列車はすべて700形で運用されていますが、各車両前面の色は全て異なるため、見ていて飽きないですね。
「次はどの色が来るのかな?」みたいな感じです。
最初に乗車したのは717F編成(ミントグリーン:薄緑色)で、とりあえず赤城駅から大胡駅に向かいました。

f:id:chibatrain:20170317210614j:plain

 大胡駅では北側(改札口側)のホーム脇に大きな車両の模型が飾ってありました。
茶色い電車は、デハ100形でしょうか?
デハ101ともう1両。
また、駅にはイルミネーションの沢山飾ってありました。夜の色どりが見てみたかったです。

f:id:chibatrain:20170317210615j:plain

 駅舎ホーム側面には写真のような大きな看板もありました。
大胡駅ではこの訪れる一週間ほど前にイベントが行われていて、その関連なのか、デハ101の体験乗車を歓迎する幕もあります。
本当はこのイベントにも参加したかったのですが、残念ながら仕事で行けませんでした。

f:id:chibatrain:20170317210620j:plain

車庫の方に許可を頂き、大胡駅構内を車庫側から西桐生方面を撮影した写真です。

車庫のある大胡駅は、上毛電気鉄道の運用上の中心で、1面2線の島式ホームを有しています。

車庫側の他に、構内南側にも、列車を留置できる側線があります。

f:id:chibatrain:20170317210618j:plain

大胡駅を西桐生側の踏み切りから駅構内を撮った写真です。
ちょっと写真では小さくなってしまっていますが、真ん中に島式ホームがあり、右側が駅舎、左側の側線には715F編成(桃色)が休んでいます。

f:id:chibatrain:20170317210616j:plain

 大胡駅に隣接する、木造建築の列車区です。

f:id:chibatrain:20170317210621j:plain

木造建築の電車庫です。(この位置まで、撮影許可を頂きました。)

この電車庫は、木造板張りでトラスト構造を採用した建物で、柱間も広く構造的に非常に安定しているそうで、電車庫として最適だそうです。

国の登録有形文化財にも指定されています。

写真では、奥にデハ101の姿も見受けられます。

f:id:chibatrain:20170317210617j:plain

 大胡駅構内を丘の上(道路脇)から撮影した写真で、ホーム止まっているのは、716F編成(淡青色)です。
上記で紹介したデハ100形?の模型は、その手前に見えます。

f:id:chibatrain:20170317210619j:plain

 ちなみに、大胡駅の駅舎とは反対側の側線で休んでいたのは、715F(ジュエルピンク)編成でした。
この車両は、は中間車を種車として、各1両を電装解除し、オリジナルに近い運転台を新設したもので、前面の上部はFRPですが、下部分は普通鋼になっています。

f:id:chibatrain:20170317210622j:plain

 大胡駅ホームの待合室窓に貼ってあった、ヘッドマークとサボです。
デハ101用のものでしょうか?
次の機会では、是非イベントでここを訪れてデハ101の実車を撮りたいものです。

 

「上毛電気鉄道(2012年4月)その2」に続く。