CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

京成電鉄 3400形

f:id:chibatrain:20170305205839j:plain

 ↑ 3400形はすべて8両編成です。

 3400系は、AE100形に置き換えられら、かつてのスカイライナーAE型の更新改造により誕生した通勤型電車です。
形式は、3300系と3500系の中間で欠番となっていた3400系とされ,AE車が8両編成組み換え時に廃車となった2両を除く、40両全車が、1993年から1995年にかけて改造されました。
機器類はほとんど再利用され、140kwのモーター・回生ブレーキ付きの界磁チョッパー制御・電気指令式電磁直通ブレーキなど、基本的な性能はAE車時代の内容を踏襲していますが、有料特急車に有効な定速運転機能は外されています。
一方、車体は3700系とほぼ同じスタイルのものが新造されましたが、3700系がステンレスボディであるのに対して、3400系用の車体は普通鋼となり、京成色であるグレー基調に赤と青の帯の入った塗装となりました。
また、全面がストレートに立ち上がっていること、冷房装置を1両に3台載せていることなども特徴となっています。
台車も、AE車時代のものを一部改造の上、再利用されていますが、3444と3445の2両は、AE100形とほぼ同じ構造の台車を履いています。(タネ車の2両が、先頭車から電動車に改造された際に履き変えた台車をそのまま再利用しています。)
編成は、6M2Tの8両の強力編成で、先頭車は電動車となっています。
登場後は、スカート逆台形のスカートが設置され、パンタグラフシングルアームに変更され、現在の姿になりました。
現在は、3700系とともに、都営浅草線や京浜急行電鉄線への乗り入れを含む、本線系を中心に運用されています。

f:id:chibatrain:20170305205840j:plain

 ↑ 機器類は旧AE車の廃車発生品が再利用されています。

f:id:chibatrain:20170305205841j:plain

 ↑ 京成本線で快速運用に就く3400形。

f:id:chibatrain:20170305205842j:plain

 ↑ 押上線で普通運用に使用される3400形。