CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

Column:鉄コレを集めたきっかけ。

f:id:chibatrain:20170324164536j:plain

↑ 鉄コレを集めるきっかけとなった銚子電鉄のデハ2両。

このブログでも多数投稿させて頂いていますが、鉄道コレクションは、2005年からトミーテックが発売しているディスプレイモデルの鉄道模型です。

自分が初めて鉄道コレクションを購入したのは、銚子電鉄のデハ301とデハ501でした。

たまたま銚子電鉄を訪問した際に、犬吠駅で売っていたものを見つけて、衝動買いをしたのが、鉄コレを集めるきっかけとなりました。

確か、値段は400〜500円ぐらいだったと思いますが、その安さの割には製品の出来が良く、手頃なNゲージサイズだったことも気に入りました。

その後、第2弾を経て発売された第3弾では、小田急のデハ2200などを買いましたが、更に製品の仕上がりが良くなっているのに感動し、結局バラ売りしていた第3弾の車両を全部揃え(シークレットモデルは除く)、まだ、ネットで販売していた第2弾も箱で購入しました。

自分は鉄道の車両が好きなので、以前はNゲージを集めていましたが、所帯持ち・家や車のローンを抱えるサラリーマンにとって、鉄道模型は高価な「おもちゃ」であり、それほどお金もかけられず、なかなか車両を集めることができません。

お座敷運転でNゲージの車両を動かすのが年に1〜2回程度で、動かすよりも机に並べて鑑賞しているのがほとんどだったので、「動力も室内灯もいらないから、その分車両の値段が安くならないかなぁ」とか思っていました。

そんなこともあって、それ以降は鉄コレばかり集めるようになりました。

後で買い足した第1弾は一部揃っていませんが、第2弾以降は全て箱単位で揃え(シークレットを除く)、オーブンパッケージや事業者限定モデルも気に入ったものを買っています。

しかしながら、最近は鉄コレの値段もかなり高くなっている(10年前に比べて倍近く上がっている)ので、以前のように頻繁に買うことができません。

なるべく、特に気に入ったものだけを厳選して買うようにしています。