読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

EF210/100番台①

f:id:chibatrain:20170320202653j:plain

↑ EF210の改良型となる100番台車は、2000年3月に登場しました。

2000年3月以降、EF210の100番台車が登場しました。
従来機の改良型で、EF65形置き換えのために岡山機関区及び鶴見機関区に新製投入されましたが、2007年以降EF66形置き換え用として吹田機関区にも導入が開始されています。
量産型の基本番台車と比較して、出力は変わりありませんが、VVVFインバータの整流素子がIGBTに変更され、制御方式が従来車の1C2M方式から100番台では1C1M方式となりました。
また、補助電源用のSIV故障の際は、主回路用インバータの1台を定電圧周波数(CVCF)運転に切り替えて、これを補助電源とすることで、信頼性を向上させています。
外観上で変更された部分はあまりありませんが、側面の採光窓やルーバーの数・配置が変わり、「ECO-POWER 桃太郎」のロゴが側面に大きく描かれるようになりました。

f:id:chibatrain:20170320202654j:plain

 ↑ 蘇我駅に到着する、EF210-101号機牽引の貨物列車。

f:id:chibatrain:20170320202655j:plain

↑ 101~108号機までは、パンタグラフ従来と同じPS22D下枠交差型を搭載しています。

f:id:chibatrain:20170320202656j:plain

↑ 東海道本線で運用中のEF210-106号機