CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

キハ35 902 (保存車両)

f:id:chibatrain:20170320141047j:plain

↑ 碓氷峠鉄道文化むらで保存されるキハ35‐901。

キハ35-900番台車は、国鉄初のオールステンレス車として登場し、当時ステンレス車製造の先駆者となっていた東急車両の製造により、1963年に10両が増備されました。
これは、通勤型であるキハ30系では、ラッシュ時の定員以上の乗車時の重量増加に対して180psのDMH17では出力不足であり、当時問題となっていたが、キハ30では台枠の構造などの関係から大出力機関への換装が難しかったことから、車両の軽量化による走行性能の向上を図ることを目的として、試作的にステンレス車が導入されたものです。
キハ35型900番代車は、台枠から車体鋼体すべてをステンレスとしたのが最大の特徴で、外板は強度を保つためにコルゲート付きとなり、外吊り扉装置カバーは車体いっぱいに延長され、溶接の関係から前面と妻面の側板は30mm飛び出しています。
オールステンレスの車体は、当初無塗装とされ、腐食に強いことから房総西線(現:内房線)や房総東線(現:外房線)の受け持ち区であった千葉気動区に配置されました。
試作車ステンレスのキハ35形900番代車は、0番代車よりも約3トンの軽量化を実現しましたが、この軽量化がパワーウェイトレシオを左右するほどの効果を生み出すほどではなく、コストも割高となることからその後の量産化には至りませんでした。
登場後、しばらくは千葉地区で運用された900番代車ですが、久留里線と木原線(現:いすみ鉄道)を除く千葉地区の電化完了により、1974年に10両全車が高崎第一機関区に転属、八高線や足尾線(現:わたらせ渓谷鉄道)で運用されるようになりますが、このとき無塗装だったステンレスボディは首都圏色に塗装されました。
その後、1987年に6両が廃車され、4両が茅ヶ崎運転所に転属となり相模線で運用されましたが、うち3両が1990年に廃止、残る1両も1991年の相模線電化により休車となり、1995年に廃車となりました。
高崎第一機関区で廃止になった6両のうち、キハ35-901は解体されずに保管されていましたが、現在は碓氷峠鉄道文化むらに移され、静態保存されています。

f:id:chibatrain:20170320141048j:plain

↑ 側面のコルゲート、車体いっぱいに延長された外吊り装置が特徴的です。