読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

伊豆箱根鉄道 3000系①

f:id:chibatrain:20170326174546j:plain

↑ 3000系は、旧型車両の置き換え用として1979年に登場しました。

伊豆箱根鉄道3000系は、当時使用されていた非冷房で17m級旧型車両の置き換えを目的として、1979年から1997年までに3両編成6本(18本)製造されました。
そのうち1979年から1982年までの間に導入された4編成は普通鋼製車として製造されました。
車体は20m級3扉車で、車体塗装は従来の西武標準カラ-(赤とベージュの赤電カラ-)ではなく、伊豆の空と富士山の白雪をイメージしたカラ-とされました。
先頭車前面は正面周辺が窪んだ他私鉄ではない独自のデザインで、車体幅は2900mmに拡大し裾を絞り込み、戸袋窓と側面の幅を揃えたデザインとなりました。
座席配置は、基本的に通勤・通学と観光主体の路線であることを考慮してセミクロスシートが採用されましたが、第1編成のモハ3002は後に扉間転換クロスシートに改造されています。
駆動方式は同社として初めて中空軸平行カルダン駆動方式が採用され、制御方式は電動カム軸抵抗制御式多段型制御装置、制動装置は電空併用電気指令式電磁直通ブレーキを搭載しました。
集電装置ははモハ3000型に菱形パンタグラフを2基搭載し、台車は空気ばね台車、冷房装置は集中式のものを搭載しています。

f:id:chibatrain:20170326174547j:plain

↑ 赤電カラ-ではなく、伊豆の空と富士山の雪をイメージした、青と白の塗装。

f:id:chibatrain:20170326174548j:plain

↑ 駿豆線の主力として活躍中。

f:id:chibatrain:20170326174549j:plain

↑ 大場駅に停車中の3000系。

f:id:chibatrain:20170326174550j:plain ↑ 前面デザインは非常に個性的です。