読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東京メトロ 15000系

f:id:chibatrain:20170402081041j:plain

↑ 15000系は、05系初期車置き換え用として2010年より増備が開始されました。

15000系は、東西線の05系の初期車の置き換えを目的として2011年に登場しました。
東西線では朝ラッシュ時の混雑が激しく、そのために列車遅延も発生して大きな問題となっていたことから、05系で5本導入して以来約18年振りのワイドドア車として開発されました。
そのため、車体はアルミダブルスキンの20m4扉車ですが、側面のドア幅は乗務員室直後を含めて全て1.8mとなり(05系ワイドドア車は1.3m)、先頭車は中間車よりも52cm長くなっています。
先頭形状は05系13次車をベースに塗色と灯具形状が変更され、側面帯のデザインも変更された他、肩部にも帯が入りました。
室内はオールロングシートですが、ドア間は先頭車の乗務員室直後は5人掛け、それ以外は6人掛け、車端部は2人掛けとなり、バリアフリーの観点から床面高さは1,140mmとなりました。
走行機器類は基本的に10000系をベースとし、10両編成中のMT比率は5M5Tとされましたが、東西線では乗り入れ先を含めて高速性能を必要としなことから、歯車比と主電動機出力などを変更しています。
制御装置は三菱電機製のIPM方式の2レベルIGBT素子を使用したVVVFインバータ制御方式で、補助電源装置はIGBT素子の静止形インバータ(SIV)を採用、集電装置はシングルアームパンタグラフを編成で5基搭載し、台車は東西線用に改良の加えられたモノリンク式軸箱支持のボルスタレス台車を履いています。
15000系は、2011年度までに10両編成13本が製造され、05系1次車~4次車(第14編成以外)を置き換えました。

f:id:chibatrain:20170402081042j:plain

↑ JR総武緩行線に乗り入れる15000系。

f:id:chibatrain:20170402081043j:plain

↑ 東西線の朝ラッシュ時の混雑緩和のため、ワイドドアが採用されました。

f:id:chibatrain:20170402081044j:plain

↑ 走行装置などは10000系がベースとなっています。

f:id:chibatrain:20170402081045j:plain

↑ 前灯と尾灯は鍵穴のようなデザインになっています。

f:id:chibatrain:20170402081046j:plain

 ↑ 側面の様子。ワイドドアが特徴的です。