CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄道コレクション】 中部東海私鉄

f:id:chibatrain:20170422151502j:plain

管理者の所有する鉄道コレクションのうち、中部地方(東海地方)の私鉄車両について紹介します。

 

名古屋鉄道

f:id:chibatrain:20171230151545j:plain

名古屋鉄道は、愛知・岐阜県に営業路線を持つ大手私鉄で、総営業距離は444.2kmで、JRを除く民間私鉄としては第3位となっています。

他の大手私鉄よりも経営環境は厳しく、近年は車両形式の整理・統一化や利用率の低い路線では縮小や廃止が進められた結果、、かつては沢山した個性的な車両や路面電車ディーゼルカーなどが淘汰されつつあります。

 

伊豆急行

伊豆急行線は、伊東駅伊豆急下田駅間45.7kmを結ぶ全線電化・単線の観光路線で、1961年の開業以来東海道本線より国鉄・JRの優等列車も乗り入れています。

自社車両としては、開業時に登場した100系が2002年まで使用されていましたが、200系(JR東日本から譲渡された113系・115系)に置き換えられ引退となりました。(クモハ103の1両のみ残る)

現在は、2100系及び8000系(元東急8000系)が使用されています。

鉄道コレクションでは、100系が製品化されています。


 

伊豆箱根鉄道

伊豆箱根鉄道は、三島-修善寺間を結ぶ19.8kmの駿豆線と小田原-大雄山間を結ぶ9.6kmの大雄山線の2つの路線を所有しており、いずれもJR東海道本線と接続しています。両線とも沿線は高校・工場などもあって利用客も多いのですが、駿豆線では観光客の利用も多く、JRの特急も乗り入れています。


 

岳南鉄道

f:id:chibatrain:20180305145250j:plain

岳南鉄道(現:岳南電車)岳南線は、総長9.2mという小規模のローカル鉄道ですが、製紙工場などの沿線を走り2013年3月までは貨物輸送も本格的に行なわれていました。

かつては木造車の鋼体化車両や元小田急車など、様々な種類の旧型車が使用されていました。

 

静岡鉄道

f:id:chibatrain:20180715120011j:plain

静岡鉄道は、静岡市葵区新静岡清水区新清水駅を結ぶ11.0km路線(静岡清水線)を運営する鉄道です。

新清水線では、かつては自社工場で製造した車両や他からの譲渡車が運用されていましたが、1973年以降は全ての列車が1000形により運用されていました。

1000形の老朽化に伴い、今後はA3000形へ置き換えが順次実施されます。

 

天竜浜名湖鉄道

f:id:chibatrain:20180305140850j:plain

天竜浜名湖鉄道は、元国鉄特定地方交通線二俣線を引き継いで1987年に開業した第3セクターで、掛川新所原間を結ぶ67.6kmの非電化・単線の路線です。

鉄道コレクションでは、初期に導入されたTH1型が製品化されました。

 

大井川鉄道

大井川鉄道は、大井川本線井川線の2つの路線を持ち、このうち井川線は建築基準が極端に異なるため専用の車輛で運用されています。

SLも運転される大井川本線では、昔から他車からの譲渡車なども多く車種がバラエティに富んでいましたが、鉄コレでもいくつかが製品化されています。

殆どがレギュラーシリーズで製品化されたものです。


  • モハ1001/クハ2001
  • モハ3829/クハ2829
  • クハ861
  • 6010系

 

遠州鉄道

新浜松駅と新鹿島駅を結ぶ17.8kmの路線を運営していますが、かつてはその他に、遠州浜松と遠鉄浜松を結ぶ奥山線(軽便鉄道)や中ノ町線・笠井線(軌道線)など保有していました。

  • 30系②
 

豊橋鉄道

豊橋鉄道渥美線は、新豊橋駅三河田原駅を結ぶ18.0kmの路線で、創業期は10m級の二軸単車なども運用されていました。

代々他社からの譲渡車が使用されてきましたが、現在は元東急7200系に統一され、全車両3両編成で運用されています。 

  • 1720系
  • 1730系
  • 1750系
  • 1900系
  • 1800系