CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

電気機関車(JR世代)

f:id:chibatrain:20170427160239j:plain

 1987年のJR貨物発足時は、JR貨物は多くの種類の電気機関車国鉄から継承しましたが、当時は景気拡大の傾向にあり、コンテナを中心とした貨物需要は増大し、将来に向けた新しい機関車と増備が緊急課題となっていました。

そのため、従来の国鉄形であるEF66・EF81の改良型を新製し、輸送力不足をひとまず補いながら、平行して新型機関車の開発進められました。

1990年に完成したEF200形試作機では、VVVFインバータ制御などの新技が術が盛り込まれ、従来機も含めた機関車としては最強の6000kWとなり、1600トン牽引も可能となり、交直流のEF500形も同時に試作されました。

しかしながら、EF200形は量産化が開始されたものの、変電所の構造上の問題から1600トン牽引は実現せず、EF200形の増備は21両で終了となってしまいました。

これに代わって1996年に登場したEF210形試作機では、より実用的に1300トン牽引を前提とした設計が行われました。

EF210は、1998年量産化が開始され、実質的なEF65・EF66などの後継機として増備が進み、JR貨物の標準的な機関車となりました。

その後、これをベースとし、直流勾配線区用のEH200、交直流型のEH500、EF210、新幹線と共有の海峡線向けのEH800形などが開発・導入され、現在の体系が構築されました。

 

EF210形

f:id:chibatrain:20170511213020j:plain

直流平坦路線ではEF65に代わりすっかり主役となってしまった機関車で、首都圏でも一番頻繁に見ることができます。

残念ながら、300番台はまだ撮影できていません。

 

EH200形

f:id:chibatrain:20170815104343j:plain

関東でも高崎線中央本線の他、根岸線などでも見かけます。

最近は増備が行われていませんが、現在も残る中央西線のEF64重連置き換えなどで増備が行われるのか、注目されるところです。

 

EF510形

f:id:chibatrain:20171025135008j:plain

北斗星カシオペアの廃止により、JR東日本に所属していた500番台はすべてJR貨物に譲渡され、関東では全く見ることができなくなってしました。

2015年に夏に新潟に遠征し、そのとき撮影した写真を中心に掲載します。

 

EH500形

東北本線常磐線などで活躍していますが、まだあまり写真が撮れていないので、今後も積極的に狙いたいと思っています。

  • EH500形①
  • EH500形②
  • EH500形③

 

※EH800はまだ見たことがありません。小遣いをためて、いつかは函館に遠征したいと思っています。