CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東武鉄道 8000系 概要

f:id:chibatrain:20170422183044j:plain

↑ 本線(伊勢崎線)運用されていた8000系。写真では2R車(2両編成)が先頭に連結されていました。

8000系は、7800系の後継車として、1963年から20年にわたり712両が製造された、東武鉄道のかつての標準的車両です。
同一形式で712両という保有車両数は、国鉄とJRを除いた民間私鉄の中では最多両数で、当時は「民鉄の103系」などとも呼ばれたこともありました。
この車両が登場した当時、大手私鉄では経済性よりも加速性能を優先し、高性能車を全M車とする傾向にありましたが、東武鉄道では他車に比べて駅間距離が長いことから、8000系では滑らかな加速と車両の軽量化を目指して開発されました。
車体は全長20m、両開き4扉の普通鋼製で、運転台は自動車事故との衝突に備え高運転台とし、軽量化と車体強度を両立するために戸袋窓は廃止されました。
車内はオールロングシートですが、伊勢崎線日光線鬼怒川線などでの長距離運用を想定し、通勤車ながら座席は奥行きを深くしてクッションを柔らかくするなど、長距離客にも配慮した形となっています。
走行装置は56段の多段式のバーニア抵抗制御と、当時としては大出力の130kWの主電動機を組み合わせ、ブレーキは電磁直通空気ブレーキを採用(発電ブレーキは省略)、台車は空気ばね付きの標準ミンデン式台車を採用しました。
冷房装置は、1972年以降に導入された車両から新製時から標準装備となり、それまで非冷房として製造された初期車にも順次改造工事が実施され搭載されるようになりました。
屋根上には集約分散方式の冷房装置が4基搭載されましたが、これに伴い屋根上のスペースを稼ぐためにパンタグラフは従来よりも小型の下枠交差型のものが搭載されるようになりました。
編成は、当初は4両編成のみでしたが、その後2両、6両、8両編成が登場し、これらを組み合わせて、ローカル線での2両編成から東上線でも10両編成まで柔軟な運用を行っていました。
なお、2005年に既存車両の改造により3両編成も登場していますが、このグループは800系・850系と形式称号が変更されました。
1986年から2007年にかけて、経年劣化に伴う車両の修繕工事が順次実施されましたが、このうち最初(1986年)に施工した車両を除き、前面が形状を6050系に準じたデザインに変更されました。
塗装については、導入当初はロイヤルベージュとインターナショナルオレンジのツートンでしたが、1974年以降は新製車も含めてセイジクリーム1号となり、1985年以降はジャスミンホワイトを基調として側面などにロイヤルブルーとリフレッシュブルーを配した塗装に変更されました。
8000系は、登場後40年以上の長きに渡って廃車が発生しませんでしたが、2004年以降廃車始まり、現在その多くが淘汰されています。
現在8000系は、野田線伊勢崎線ローカル地区(佐野線・桐生線小泉線含む)、宇都宮線亀戸線大師線東上線(小川町-寄居)、越生線で運用されています。
このうち、野田線については10030系及び60000系への置き換えによる淘汰が進んでいて、近いうちに全車引退となる見通しです。

f:id:chibatrain:20170422183045j:plain

↑ 野田線で活躍する8000系。

f:id:chibatrain:20170422183046j:plain

↑ こちらも野田線で撮影したもの。