CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東武鉄道 500系 リバティ

f:id:chibatrain:20170504162906j:plain

↑ 500系は「リバティ」の愛称で運行を開始しました。

東武鉄道500系「リバディ」は、「さまざまな運行形態で運用可能な速達性と快適性を持った特急列車」をコンセプトとして、2017年4月21日のダイヤ改正より運行を開始しました。

編成は3両固定とし、基本運用は3両、または2編成を連結した6両編成で、併結時は編成間を通り抜けられるように貫通構造としています。

車体は軽量なアルミダブルスキン構造を採用し、カラーリングが「シャンパンベージュ」を基調とし、側面はフォレストグリーンと東武グループのロゴカラーである「フューチャーブルー」でデザインされました。

床面高さは、100系より60mm低い1125mmと低床化され、先頭形状は前面部から屋根部まで続く流線形となりました。

主電動機は永久磁石同期電動機(PMSM)を採用、VVVF制御装置は、IGBT2レベル方式電圧形PWMインバータ方式。

構成は3両編成中2両にVVVF制御装置を搭載し、片系に不具合が生じた場合は他系の出力を上げ、運用に支障をきたさないよう性能設定とされ、主回路室システムは冗長性を考慮された(バックアップ2重系)の設計とされています。

ブレーキシステムは従来車同様の回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキを採用、集電装置はシングルアーム式をM車に1基本づつ搭載、台車はモノリンク軸箱支持方式ボルスタレス空気ばね台車で、全車両にヨーダンパとフルアクティブ(空圧式)動揺防止制御装置が搭載されました。

車両情報制御装置は、各社で実績のある装置をベースに、東武鉄道の仕様を追加した「T-TICS(Tobu- Train Infomation Integrated Control System)」となっています。

500系は、2017年度に3両編成8本(24両)が導入され、伊勢崎・日光・鬼怒川・野田線で運用されるほか、野岩鉄道会津鉄道にも乗り入れを行っています。

f:id:chibatrain:20170504162907j:plain

 ↑ 3両固定編成で、通常は3両または2編成併結の6両で運用されます。

f:id:chibatrain:20170504162908j:plain

 ↑ 同社26年ぶりの新型特急車両は、最新鋭の各種装置が搭載されています。