読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東京メトロ 13000系

f:id:chibatrain:20170504203338j:plain

↑ 13000系は03系の置き換え用として登場しました。

東京メトロ13000系は、日比谷線で運用される03系の置き換え用として2017年3月21日より運用を開始しました。

日比谷線については、将来のドアホームの導入に向け、東武鉄道との相互直通車両をk従来の18m級車両8両編成から20m級(4扉車)7両編成に車両更新することとし、使用車両も両者共通の設計により、操作性や事故対応力の向上を図ることとなっています。

車体はオールアルミニウム合金の無塗装で、ダブルスキン構体の採用や車体四隅の隅柱強化によって車体強度の向上が図られています。

車体の識別帯は日比谷線カラーのシルバーを基本としながらも淡い青色と紺色によりアクセントを加え、車端部などに配置される優先席やフリースペースの設備がある場所を明確に表示する工夫がされています。

車内は床面を紺色とした落ち着いた雰囲気とし、荷棚・脇仕切・貫通戸にガラスを採用するなど、開放的な車内空間として快適性の向上を図っています。

またフリースペースの設置や荷棚や吊り手の高さを一部低くするなど、バリアフリー化も進められています。

主電動機は永久磁石同期電動機(PMSM)で、制御方式はIGBTを使用したVVVFインバータ制御、ブレーキはATC連動電気指令式電空併用ブレーキ(回生付き)となりました。

台車は、1000系で導入した片軸操舵方式を基本構造とした操舵台車を狭軌路線では初めて採用し、曲線通過時の振動や騒音低減による乗り心地向上を図りました。

13000系は、2020年までに44編成が増備され、既存の03系をすべて置き換える予定となっています。

f:id:chibatrain:20170504203412j:plain

↑ 03系と異なり、20m級4扉車による7両編成となっています。

f:id:chibatrain:20170504203413j:plain

 ↑ 前面デザインは03系のイメージを残しつつ、新しい斬新なもの。

 

f:id:chibatrain:20170504203414j:plain

 ↑ 運転席側面の様子。

f:id:chibatrain:20170504203415j:plain

 ↑ 優先席やフリースペースの設備がある場所を明確に表示する工夫がされています。